YouTubeを始めた理由、撮影用にマイク、スタンド、ライトを購入!

この記事は約5分で読めます。

この記事では、YouTube撮影用の機材を購入したことについてお届けします。

※こちらの写真がマイクとスタンドですね。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • YouTubeを始めようと思われている方
  • YouTubeを始めた理由を知りたい方
  • YouTube撮影用の機材について知りたい方
  • 「HCap」に興味のある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

YouTubeを撮影するにはマイク、スタンド、ライトが必須アイテムですね。私は家電量販店で3点セットを購入しました。撮影の幅が広がって買えて良かったです。

本日は、前半ではYouTubeを始めた理由を、後半ではYouTube撮影用の機材についてご紹介します。

YouTubeを始めた理由

まず前半ではYouTubeを始めた理由を考えたいと思います。

今流行っているから

単純にYouTubeを始めた理由の一つを挙げるとすれば、今流行っているからです。YouTubeは絶大な人気のあるコンテンツですよね。みんな利用されています。

人気があるのでたくさんの人に見ていただける機会やチャンスが転がっていると思ったわけです。どうせやるなら人気のない場所よりも人気のある場所の方がいいですよね。

そして撮影するからにはより多くの人に見てもらいたいとも思いました。

動画のネタがあるのか

動画を撮影するのはいいのですが、ネタがあるのかが一番重要なポイントになります。ネタがなければ動画を撮影することすらできないですからね。

おもしろ系は自分には向いていないと判断しました。他に何があるのだろう…ゲームの実況もそれほど熱中しているゲームもないしな…それなら…

私は偶然にもブログをやっていたため、ブログの内容をなんとか動画にできないかと考え、始めてみました。ブログの内容を少し引用して、朗読をするのではなく自分の言葉でお話をすることにしました。

ブログの内容は統合失調症に関することだったので、YouTubeの内容も統合失調症に関することで行こうと決めました。

顔出しはしたくない

やはり恥ずかしいのもありますので顔出しはしないことにしました。ではどうするか。帽子、伊達メガネ、マスクを着用しての撮影にしました。

これだけ変装すれば、誰なのかバレることはないでしょう。安心して撮影をしています。帽子や伊達メガネは100円均一のダイソーで100円で購入してきました。とても安いですね。

マネヒコ
マネヒコ

YouTubeは人気がありますよね。

エドゴン
エドゴン

さすがは天下のGoogle様ですよね。YouTubeはみんなが見ている超人気のコンテンツです。子供からお年寄りまで幅広い年齢層に人気があります。YouTubeを始めてみて結果なんて全然出ていませんが、とりあえずはこのまま続けてみようと思っています。

YouTube撮影用の機材について

ここからは後半戦で、YouTube撮影用の機材についてご紹介します。

マイクとスタンドを購入

まずはマイクとスタンドを購入しました。こちらがマイクとスタンドです。

家電量販店に行きマイクとスタンドのセットを発見!1種類しかなかったのですが、すぐに欲しかったのと、すぐに撮影で使いたいと思い、即決しました。ネットの価格と比較をするなど手間なことはしませんでした

このセットは7,980円もしました。少し高い出費でしたが勇気を振り絞って購入しました。今では購入しておいて良かったと思っています。

なぜマイクが必要だったのか

録音を今までiPhoneの本体で行なっていたのですが、撮影後に聞き返してみると音が悪かったんですね。少し納得がいかないといいますか。どうせ撮影をするなら音は良い方がいいですよね。

家電量販店で1種類しか商品がなかったですが、それを思い切って購入して実際に使ってみたら、音の悪さの問題は一気に解決しました。録音性能は格段に上がりました

なぜスタンドが必要だったのか(ライト付き)

やはりスマホを固定して撮影をしたかったです。スタンドのおかげでスマホを固定できるようになり少し遠くからのアングルで撮影ができるようになりました。

以前のドアップの撮影よりも動画が見やすくなったのではないでしょうか。あとはスタンドにはライトが付いています。暗い場所での撮影よりもライトをつけて少しでも動画は明るい方が良いですよね。

ホワイトボードをアクセントに

次にYouTube撮影用にホワイトボードを購入しました。少しでも文字が動画に含まれていた方が良いかなと思いました。以前は撮影中にホワイトボードに文字を書いていましたが時間が勿体無いので、最近では撮影前に書き終えています。こちらがホワイトボードです。

ニトリで1,754円で購入してきました。こちらは安い!壁にピンを刺さないと固定できなかったのですが、グループホームの世話人さんには言わずに無許可で取り付けました。壁に小さな穴があきましたが、おそらく大丈夫でしょう。

YouTube撮影用の機材も購入しましたので、これからも撮影を続けていきたいと思っています。

統合失調症とYouTube撮影

私は統合失調症を患っていますが、YouTubeの撮影はできています。撮影前は少し緊張をしますが、問題なく撮影は可能です。撮影が上手かどうかは別のお話です。

統合失調症の症状が重い方の場合は無理はしない方が良いですが、撮影でもしてみようかなと思われる方はぜひこの機会にYouTubeを始めてみられるのもいいのかなと思っています。

マネヒコ
マネヒコ

マイクとスタンドはかなり高かったんですね。

エドゴン
エドゴン

お財布には痛い出費でした。YouTubeの撮影が格段にしやすくなったので、マイクとスタンドは最低限の必須アイテムですね。

今日のあとがき

本日はYouTubeを始めた理由と撮影用の機材についてみてきました。今流行りのYouTubeにはチャンスがたくさん転がっているように思われます。ぜひ活用されてみてくださいね。

以上、YouTubeを始めた理由、撮影用にマイク、スタンド、ライトを購入!、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

レビュー
スポンサーリンク
edogonをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
edogon

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました