写真の初心者ですがSnapmartで販売してみて感じたこと(売れない)

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

この記事では、写真の初心者の私が写真を販売してみて感じたことをお届けします。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • 自分の撮った写真を見てもらいたい方
  • 写真を販売してみたい方
  • 「HCap」に興味のある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

始めたばかりで写真が売れるなんてありえません。少しづつレベルアップを。

本日は、前半では写真撮影の魅力を、後半ではSnapmartで実際に販売してみた感想をお届けします。

スポンサーリンク

写真撮影の魅力

写真の初心者ですが、写真撮影の魅力をお伝えします。

綺麗なものを撮りたい

まず何を写真に撮って残したいのかを考えたのですが、やっぱり綺麗なものでした。綺麗なものは残しておきたいですよね。

今日の東京は晴天だったので、空一面が青くてとても綺麗でした。まずそこで1枚。周りに通行人がいて少し恥ずかしい気持ちもありましたが1枚撮りました。就労移行支援の通勤途中でした。「通勤途中に何してるんだ!」と怒られそうですが・・・帰宅してさっそく、Snapmartで公開しました。

オリジナリティのあるものを撮りたい

やはり誰でも撮れるものではなくオリジナリティのあるものを撮りたいですよね。オリジナルなものはそれだけで価値があります。

写真の初心者の私が、ない知恵を絞り出した答えの一つが料理写真でした。自炊を頑張っていますが、作った料理を写真に残したいと思いました。そうすれば、自炊にも気合が入り、相乗効果が期待できますよね。「写真に撮って公開するんだからいい料理を作りたい」と思えるわけです。

ハイキングなどで自然を撮りたい

ハイキングが好きな私ですが、高尾山に行った時には写真をたくさん撮りました。東京にはまだ慣れていませんが、山も多いのでいろいろなところにハイキングに行きたいと思っています。自然って素敵ですよね。

自然を写真に撮って、不特定多数の方に見てもらえる環境があることがすごいことだと思っています。すごい世の中になりましたね。インスタグラムであったり、Snapmartであったり、どこでも良いと思います。

現在は新型コロナの影響でなかなかハイキングに行きたいとは思えないですが、収束したら別の山にハイキングに行きたいです。

マネヒコ
マネヒコ

写真撮影も楽しそうですね。

エドゴン
エドゴン

昔だったら写真を撮っても自分や周りにいる人だけにしか見せられなかったですが、現在では世界中の人に見てもらえるので写真撮影もより楽しめるようになったと思います。

スポンサーリンク

Snapmartで販売してみた感想

実際にSnapmartで販売をしてみました。

まだまだ力不足

写真の初心者なので当たり前ですが、綺麗な写真を撮ること自体ができていません。何事も最初から上手に実践できるわけがありません。コツコツと努力を積み重ね、徐々に上達していくものだと思っています。

写真はスマホで撮影をしていますが、スマホの性能が上がったためとても綺麗な写真が撮れます。しかし、角度であったり、手ブレであったり、シャッタータイミングであったりまだまだレベルが低いですね。

もちろん売れるはずがない

Snapmartでの販売数も20枚を超えたあたりですが、初心者の私の写真を購入してもらえるはずがありません。有料で購入したくなるような写真を撮らなければいけないので、レベルは高くなりますね。

それと数の問題。写真の枚数が20枚程度では少なすぎます。もっとたくさんの写真を販売する必要があります。また宣伝もできていないため、お客さんが私の写真に気づいていないことも関係してきます。

もっとレベルアップを

とにかく何か新しいことを始めると初心者からのスタートとなります。最初は下手くそで当たり前。毎日や週に3回など、自分で練習のタイミングを決めて、上達できるように繰り返していくしかありません。

その途中で挫折しそうになったり、飽きてしまったりする人も多いとは思いますが、ここで粘り強く続けられるかが重要ですね。

今回、写真を始めてみて、最初はスマホにあった写真を公開していきました。公開していくうち、ストックがなくなっていきました。次にアップする写真のネタがなくなりましたが、外出時に写真を撮ったり、新しい料理にチャレンジするなど、粘り強く続けています。

レベルアップしていくには諦めない根気が必要なんですね。写真は続けていこうと思います。

マネヒコ
マネヒコ

初心者からレベルアップするのは大変そうですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。たくさんの人が挫折していく中、もし根気よく続けられたら、それだけでやめていった人を抜き去ることができます。ウサギとカメではないですけど。カメのスピードでも十分です。ゆっくり前に進むことが大事なんですね。

今日のあとがき

本日は、新しく始めた写真について考えてみました。綺麗なものを撮るのは面白いですね。しかもそれをたくさんの人に見てもらえるチャンスがあるなんて、素晴らしい世の中になりました。頑張って見たいと思います。

以上、写真の初心者ですがSnapmartで販売してみて感じたこと(売れない)、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

レビュー
スポンサーリンク
edogonをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
edogon

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました