池袋で就労移行支援で知り合った友人と二人で飲み会!(頭痛あり)

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

この記事では、飲み会の内容と統合失調症とお酒の関係は大丈夫だったのかをお届けします。

※写真はイメージです。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • 池袋での飲み会について知りたい方
  • 統合失調症とお酒について影響はなかったのかを知りたい方
  • 「HCap」に興味のある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

友人との飲み会では7杯も飲み、楽しかったですが、終わった後に頭痛が起きました。

本日は、前半では池袋で開催した飲み会について、後半では統合失調症に影響はなかったのかをお伝えします。

スポンサーリンク

池袋で開催された飲み会について

まずは池袋で開催された飲み会についてお伝えします。

就労移行支援で知り合った友人と

池袋での飲み会は1年間通っている就労移行支援で知り合った友人と行ってきました。少し前に連絡先を交換していました。一緒に職場実習に行っていて、職場実習の現場でもたまにお話をしています。

仲の良い友人が就労移行支援でできるとは思ってもいなかったため嬉しいですね。まさか一緒に飲みに行けるような仲になるとは。

社会人になるとどうしても学生の時のように友人を作るのが難しくなります。学生の頃はノリで遊んだり、すぐに仲良くなったりできていました。社会人になると会社で知り合った人と仲良くする回数も学生の時に比べたら減っていたという印象ですね。友人は大切にしたいです。

友人の方から誘いがあった

池袋の飲み会は友人の方から電話が掛かってきて「飲みに行きませんか?」と誘われました。予定をチェックして空いていたのですぐに「行けます。」と答えました。

池袋には「いけふくろう」という待ち合わせスポットがあることもここで知りました。友人は昔から東京に住んでいる方で東京に詳しいです。私は最近、東京に住み始めたばかりなので知らないことが多いです。

「いけふくろう」で待ち合わせをすることになり、ネットで調べて無事にたどり着くことができました。待ち合わせ場所に約束の30分前に到着しましたが、友人も30分くらい前に着いたのでタイミングが良かったです。

飲み屋に到着!予算は4,000円

就労移行支援の職場実習の工賃は高くはないのでたまにしか飲み屋で飲むことはできませんが、その分楽しもうと思いました。予算は4,000円にしました。

「4,000円だったら飲み放題2時間とお互いに3品づつ注文するくらいだね」という会話をしました。こんな些細な会話が楽しく感じられました。もう4年ぶりくらいの飲み屋だったので楽しかったです。

お酒は7杯も注文

まずはお互いに生ビールを注文。飲み放題なので飲まないと損ですから7杯も飲みました。久しぶりの飲み屋ですから統合失調症のことは忘れて楽しみました。

飲んだのは生ビール3杯とチューハイが4杯だったと思います。友人も同じくらい飲んでいました。料理は生野菜、卵焼き、唐揚げ、オムそばなどなど二人で6品も注文すれば十分な量でした。

会話も弾み

友人とはまずは就労移行支援のことをお話ししました。職場実習にお互いに行けて良かったことや、工賃が安いことなど。そしてお酒は強いのかとか、普段の趣味家族のことなど生活の様子などもお話できました。「次の時はカラオケにも行きたいね」みたいなことも言ってました。

会話も弾み、まあ普通のありきたりな飲み会で、これが久しぶりだったので楽しくて仕方がなかったです。

マネヒコ
マネヒコ

久しぶりの飲み屋での飲み会ができて良かったですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。コロナの心配もありましたが、感染者もだいぶ減ってきていたので大丈夫でした。お客さんも満席ではなく3〜4割くらいしか席は埋まっていませんでした。

スポンサーリンク

お酒は統合失調症に影響はなかったのか?

お酒を7杯も飲んだわけですが、どんな感じだったのかをお伝えします。

統合失調症と診断されてから

私は統合失調症と診断されてから、お酒は控えめに生活をしてきました。特に入院を3年間もしてしまったため、そのあとはお酒はほとんど飲んでいませんでした。

7杯も飲んだのは20代や30代の前半の頃、働いていたときの飲み会以来かもしれません。昔の感覚を取り戻し、今回はたくさん飲みました。

飲み会中は楽しい感情が増えた

飲み会をしていたのは2時間ほどでしたが、飲み会中は病気のことは忘れて楽しかったです。特に統合失調症の症状が強くなったり、幻聴が聞こえてきたり、薬の副作用が強くなったりすることはなかったです。

お酒の効果もあり、ほろ酔い気分で、楽しい感情が増えました。

飲み会後はどうだったか?(頭痛あり)

飲み会が終わり、友人とお別れし、池袋から最寄りの駅まで移動しました。電車には普通に乗ることができて、車内でもスマホをいじって遊んでいました。

自宅に帰ってからは、お風呂に入ってゆっくり過ごしました。酔ってはいましたが作業中だったアプリ開発を少し進めました。

そして寝る時間になった頃に、少し頭痛が起きました。これは普通とは違った症状だったため、明らかなお酒の影響の頭痛だとわかりました。朝まで頭痛が残らないか不安を感じながら就寝。

朝起きると頭痛は治まっていてスッキリ7時間睡眠で目覚めることができました。7杯もお酒を飲んだため、頭痛が起きたのかもしれません。

今回の頭痛について

統合失調症だから頭痛が起きたとは考えにくいので、普通の人でも起きる、お酒の飲み過ぎによる頭痛だったのかなと思っています。さすがに久しぶりにお酒を7杯も飲んでしまったための副作用だったのかもしれません。

次回の飲み会では、飲むスピードをもう少しだけ落として、飲んで行こうかなと思っています。生ビールが久しぶりで旨すぎたため勢いでがぶ飲みをしてしまいました。

マネヒコ
マネヒコ

頭痛が起きたのは大変でしたね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。寝る時間までは頭痛はなかったのですが、就寝しようとしたら頭痛があることに気づきました。まあ痛みが弱かったことと、翌日に残らなかったことが不幸中の幸いでした。


職場定着率93%!統合失調症専門の就労移行支援【リドアーズ】


職場定着率90%!うつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】

今日のあとがき

本日は、先日行われた飲み会のことと、統合失調症とお酒について考えてみました。お酒は病気があるないに関わらず飲み過ぎは良くないですね。飲み会は参加しすぎると体を壊しかねないので、たまに参加するくらいにしようと思います。

以上、池袋で就労移行支援で知り合った友人と二人で飲み会!(頭痛あり)、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

障害
スポンサーリンク
edogonをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
edogon

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました