障害年金と生活保護を組み合わせれば一人暮らしも可能!家賃も補助されます

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

この記事では障害年金体験談の深掘りをしていきます。

※この写真はイメージです。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • 障害年金と生活保護を組み合わせると生活が楽になることについて知りたい方
  • 私の障害年金の収入について知りたい方
  • 「HCap」に興味のある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

障害年金だけで生活ができない方は生活保護を組み合わせると生活がしていけるでしょう。障害者の方は生活保護費に障害者加算もあり上乗せされて支給されるので楽な生活が送れます。

本日は、前半では障害年金と生活保護を組み合わせると生活が楽になることについて、後半では私の障害年金の収入についてお送りします。

以前、以下のようなツイートをしました。

「障害者の方で障害年金を受給中で一人暮らしをされる方は生活保護も視野に入れましょう。障害年金のみの収入で家賃まで支払うのはかなり厳しいと思うからです。生活保護なら家賃が補助されるのでいくらか生活が楽になるでしょう。」

このツイートについて深掘りをしていきます。

スポンサーリンク

障害年金と生活保護を組み合わせると生活が楽になることについて

さてまずは障害年金と生活保護を組み合わせると生活が楽になることについてみていきましょう。

障害年金のみで一人暮らしは大変

障害者の方で障害年金を受給しているけど一人暮らしをしたい方は金銭的に厳しいと思います。障害年金は少なければ65,000円くらいです。これで一人暮らしは難しいですよね。家賃でほとんど消えてしまいます。

特に東京都やその他の都市に住みたい場合は尚更大変でしょう。家賃が6万円くらい掛かったら、ほとんどの障害年金がなくなります。生活費が残りの5,000円では生活ができません。飢え死にするでしょう。

生活保護と組み合わせる

実家もなく頼れる家族もいない場合は生活保護を受給すると良いと思います。生活費と家賃が補助されるからです。東京都では53,000円ほどの家賃が補助されるため、それくらいのアパートやマンションに無料で住むことができます。

残った障害年金と生活保護の残りで普通の生活を送れば良いわけです。生活保護を受給するのをためらう必要はありません。日本国民の権利ですね。貰えるものは貰っておきましょう。障害者は障害者加算もあり普通よりも受給できる生活保護費がアップします。

マネヒコ
マネヒコ

障害年金には生活保護を組み合わせると良いんですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。頼れる家族がいない場合はぜひ活用をすることをおすすめします。生活保護を受給できれば贅沢はできませんが最低限の生活を送ることができます。

スポンサーリンク

私の障害年金の収入について

さてここからは後半戦で私の障害年金の収入についてみていきましょう。

月額10万円

私は月額10万円程度の障害年金を受給しています。10万円あればギリギリの生活を送ることができます。ただし家賃を払えるだけの収入ではないため東京都のグループホームに住んでいます。

グループホームも生活保護と同じく、家賃が補助されるため、自己負担が少なくて済んでいます。家賃の自己負担は11,000円です。障害年金の10万円から家賃の11,000円を支払い、残りの約90,000円で生活をしているというイメージです。

90,000円あれば

ギリギリではありますが生活が成り立っています。黒字になることもあれば赤字になることもあります。目標は食費を3万円以内に抑えることですがなかなか達成できていなかったりします。

2024年1月より心を入れ替え、節約を頑張っています。食費をなんとか3万円以内にできれば良いなと思っています。厳しい数値ですが食べる量を調整したりお酒を控えることでなんとか達成を目指します。

統合失調症と一人暮らし

統合失調症と診断されたら無理はせず家族と住むのが一番でしょう。ご飯も作ってもらえれば尚更良いと思います。家族がいない場合や、仲が良くない場合は一人暮らしをするしかないでしょう。

一人暮らしをする場合でも生活保護を受給し生活を立て直すことから始められると良いですね。私はグループホームに恵まれ、食事も世話人さんに作ってもらえています。大変助かりますね。

本日の行動プラン

さて本日の行動プランですが「生活保護を受給しましょう」です。生活保護を受給できれば一人暮らしも可能になってきます。無理をして働く必要もなく療養に専念できるのも良いところです。

マネヒコ
マネヒコ

障害年金を10万円受給されているんですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。月額10万円を受給しています。さすがに家賃までは支払えないためグループホームに住んでいます。食事を作ってもらえるのはありがたいですね。

今日のあとがき

本日は障害年金と生活保護についてみてきました。障害年金だけで生活ができない場合は生活保護も組み合わせると生活ができるでしょう。障害者の方は無理は禁物。療養をして体調の回復に努めましょう。

以上、障害年金と生活保護を組み合わせれば一人暮らしも可能!家賃も補助されます、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

深掘り
スポンサーリンク
edogonをフォローする
「HCap」公式YouTubeチャンネル
プロフィール
この記事を書いた人

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました