引っ越しで障害者手帳と自立支援医療の住所変更が必要!忘れずに手続きを

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

この記事では、障害者手帳体験談の深掘りをしていきます。

※この写真はイメージです。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • 引っ越しで障害者手帳と自立支援医療の住所変更もすることについて知りたい方
  • どこに引っ越したのかについて知りたい方
  • 「HCap」に興味のある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

統合失調症などの精神疾患を抱えている方は引っ越しは最小限にしましょう。障害者手帳と自立支援医療の住所変更の手続きをしなければいけないため負担が増えてしまいますね。

本日は、前半では引っ越しで障害者手帳と自立支援医療の住所変更もすることについて、後半ではどこに引っ越したのかについてお送りします。

以前、以下のようなツイートをしました。

「引っ越しをしたため障害者手帳と自立支援医療の住所変更もしないといけないですね。障害者手帳は更新中で新しいものが手元に来る前に住所変更手続きはできるようです。」

このツイートについて深掘りをしていきます。

スポンサーリンク

引っ越しで障害者手帳と自立支援医療の住所変更もすることについて

さてまずは引っ越しで障害者手帳と自立支援医療の住所変更もすることについてみていきましょう。

障害者手帳と自立支援医療の住所変更

引っ越しをしたら住所が変わります。つまりは障害者の方は障害者手帳と自立支援医療の住所変更もしなければいけません。健常者と比べて一手間多くなるんですね。住所変更は先延ばしせず早めに手続きを終わらせましょう。

障害者手帳も自立支援医療も住所変更には手数料は掛かりません。無料で住所変更できます。収入が少ない傾向にある障害者は少しの出費も抑えたいですから無料なのは助かりますね。

住所変更手続きは窓口で

障害者手帳と自立支援医療の住所変更ですが窓口で簡単にできます。用紙に記入すれば良いのですぐに手続きは終わります。何時間もかかるものではないため楽で良いですね。

引っ越しをすると手間な手続きが増えたり引っ越し費用もかかったり良いことはないので、なるべく急を要するものでなければできる限り引っ越しは控えた方が得策であると言えますね。

マネヒコ
マネヒコ

引っ越しは手続きが手間ですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。障害者の方は手続きの数も増えるのでより大変です。できる限り同じお部屋に長く住むのが良いでしょう。

スポンサーリンク

どこに引っ越したのかについて

さてここからは後半戦でどこに引っ越したのかについてみていきましょう。

どこに引っ越したのか?

精神病院に3年間入院をしていてようやく退院ができて、退院先が東京都の板橋区でした。板橋区のグループホームにしばらく住んでいましたね。しかしこのグループホームには最長で3年間しか住めなかったため、引っ越しをすることになりました。

引っ越し先も板橋区のグループホームでした。板橋区から板橋区への引っ越しでしたね。近場だったため引っ越しの費用も安く済んだので良かったです。しかし手続きが大変でした。

手続きは色々

住民票、運転免許証、障害者手帳、自立支援医療と色々な住所変更手続きが必要でしたね。結構大変でした。障害者の方が住所を変えるのは重労働です。お金も余りないので引っ越しは最小限にしましょう。

今回はグループホームに3年間しか住めなかったため仕方のない引っ越しでしたが何もなければできるだけ同じ場所に長く住むのが良いですね。引っ越しをしてばかりいると引っ越し貧乏になるでしょう。

統合失調症と引っ越し

統合失調症の方は引っ越しはなるべくせず療養をしましょう。何か問題があれば仕方がないですが、何もなければ引っ越しを控えた方が良いでしょう。隣人とトラブルになるなど問題はなるべく抱えないことです。

私の今住んでいる2軒目のグループホームは入居期限のないグループホームです。なるべく長く住みたいと思っていますね。いつまで住めるのかは分かりませんが、自立ができたり個人事業主の収入が増えたりしたら退去になるかもしれません。

本日の行動プラン

さて本日の行動プランですが「引っ越しは控えましょう」です。引っ越しをすると障害者手帳、自立支援医療の住所も変更しなければいけなくなるため手間が増えます。なるべく引っ越しをするのは避ける方が病気にも好影響があるでしょう。

マネヒコ
マネヒコ

引っ越しは控えた方が良いんですね。

エドゴン
エドゴン

特に精神疾患を抱えていらっしゃる方は引っ越しは少ない方が病気も安定すると思います。環境は無闇に変えない方が良いでしょう。

今日のあとがき

本日は引っ越しによる障害者手帳、自立支援医療の住所変更手続きについてみてきました。結構手間な作業なのでできることなら引っ越しは最小限にとどめるのが賢い方法です。障害者の方は引っ越しは控えましょう。

以上、引っ越しで障害者手帳と自立支援医療の住所変更が必要!忘れずに手続きを、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

深掘り
スポンサーリンク
edogonをフォローする
「HCap」公式YouTubeチャンネル
プロフィール
この記事を書いた人

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました