グループホームのミーティングの有無は見学の時に要チェック!

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

この記事では、グループホーム体験談の深掘りをしていきます。

※この写真はグループホームのお部屋の中のロフトです。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • グループホームのミーティングについて知りたい方
  • グループホームの通過型について知りたい方
  • 「HCap」に興味のある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

グループホームのミーティングの有無の確認は入居前に絶対にした方が良いです。ミーティングになんて参加したくない方はミーティングのないグループホームを選ぶ必要があります。

本日は、前半ではグループホームのミーティングについて、後半ではグループホームの通過型についてお伝えします。

スポンサーリンク

グループホームのミーティング

以前、以下のようなツイートをしました。

「私の住んでいるグループホームにはミーティングが週に5日あります。月、火、木、金、土ですね。グループホームによって変わってくるので、見学の時に聞くなど、よく調べておく方が良いですね。」

このツイートについて深掘りをしていきます。

ミーティングは週に5日

ミーティングを定期的に行うグループホームもあります。私の住んでいるグループホームは週に5日もミーティングがあり、他の利用者と交流できます。これが多いか少ないかは人それぞれです。

週に5日もミーティングがあるので他の利用者と仲良くなったり孤独感は感じづらくなります。体調が不良などの場合、ミーティングをお休みすることができます。ほとんど参加しない利用者もいらっしゃいます。

ほとんどミーティングがない

ミーティングをほとんど行わないグループホームもあります。ミーティングなんてめんどくさいと思う方はミーティングをほとんど行わないグループホームを選択すれば良いでしょう。

でもミーティングを行うグループホームでも参加をしなければいけないかと言われると無理に参加をする必要がないので、休めば良いだけです。

見学の時に要チェック

精神病院に入院をしている場合など、ケースワーカーが予約をしてくれてグループホームの見学ができる場面があります。その時にしっかりとミーティングの有無や頻度をチェックしましょう。

特に精神病院に入院中の方で早く退院をしたい時には、グループホームを選んでいる場合ではないことが多いです。一番進捗の早そうなグループホームを選んで、話を進めましょう。もしミーティングのあるグループホームだった場合は、ミーティングを欠席すれば良いだけですね。

東豪くん
東豪くん

週に5日もミーティングがあって大変ではないですか?

エドゴン
エドゴン

そんなに大変ではないです。ミーティング自体は楽しいので。あとは欠席をしたい時には自由に欠席ができるので楽ですね。

スポンサーリンク

グループホームの通過型は最長3年

以前、以下のようなツイートをしました。

「グループホームには通過型と滞在型があります。通過型は入居期間が決められていて2年とか3年に設定されています。滞在型は入居期間が定められていません。通過型は比較的、症状が軽い障害者が入居することになります。」

このツイートについて深掘りをしていきます。

グループホームの通過型と滞在型

グループホームの種類には通過型と滞在型があります。私が現在住んでいるグループホームは通過型のものになります。最長で3年間しか住むことができずに、3年が経ったら退去をしなければいけません。比較的症状が軽い人が入居することになります。

また滞在型は入居期間に制限はありません。比較的症状が重い人が入居することになります。体調が良くなったり障害が軽くなったら退去をして自立をすることになります。

通過型に住んでいたけど症状が思わしくない場合は退去後に滞在型のグループホームに住むことも可能で、実際に周りにそういう方がいらっしゃいます。

3年経ったら自立をする

私の場合ですが、通過型のグループホームに住み始めて1年半が経ちました。残りの期間は1年半なのでちょうど半分くらいですね。

3年経ったら一般のアパートに引越し家賃を支払いながら自立をする予定です。障害者雇用で働く予定はなく、起業をします。起業から得られる収入は現時点ではスズメの涙程度なのであてにはできません。

アパートに引越し後はしばらくは赤字になる可能性もあるでしょう。でも障害者雇用で得られるお金よりも、自由で気ままな時間を選択することにしました。

統合失調症と孤立について

統合失調症にかかってしまったら、周りの助けが重要になってきます。そこでグループホームを利用するという手があります。一般のアパートに住めば一人で生活をしていくことになりますが、グループホームなら同じ病気を抱えている仲間がたくさんいます。

まずは障害が軽くなるまでグループホームで生活をし、その後卒業をして一般のアパートで生活をするのが良い選択だと思います。

本日の行動プラン

本日の行動プランはグループホームに住むことです。障害が重いと感じられる方の場合はぜひ「グループホームに住みましょう」と伝えたいです。

ミーティングがあったりお料理会があったり、孤立を防ぐ取り組みも多いです。私はグループホームの退去後にこのようなイベントがなくなり孤立しないか心配しています。

東豪くん
東豪くん

グループホームには3年間しか住めないのですね。

エドゴン
エドゴン

通過型は最長で3年間しか住めません。家賃が無料なのは助かっています。グループホームの卒業後は一般のアパートに引越しをすることになります。

今日のあとがき

本日はグループホームの深掘りをしてみました。入居の前に見学がありますのでそこでミーティングの有無や通過型か滞在型かを聞くようにしましょう。

以上、グループホームのミーティングの有無は見学の時に要チェック!、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

深掘り
スポンサーリンク
edogonをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
edogon

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました