新居の近くの歯医者にて 歯石取り、歯のクリーニングをしてきたことについて

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

この記事では、私が歯医者で歯石取りをしてきたことについてみていきましょう。

※この写真はイメージです。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • 新居の近くの歯医者について知りたい方
  • 歯石取りは痛かったのかについて知りたい方
  • 「HCap」に興味のある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

歯石取りを4ヶ月に1回のペースで行っています。歯はできるだけ清潔に保ちたいですね。老後に歯がないと不便だと思います。

本日は、前半では新居の近くの歯医者について、後半では歯石取りは痛かったのかについてお届けします。

スポンサーリンク

新居の近くの歯医者について

さてまずは新居の近くの歯医者についてみていきましょう。

引っ越しをした

以前住んでいたグループホームが退去期限を迎えて引っ越しをしました。引っ越し先もグループホームになりました。

住み心地は良いですね。グループホームと言っても一人暮らしができているので。

歯医者を変えた

引っ越しのため、引っ越し先の近くにある歯医者にチェンジしました。特に虫歯があるわけではなく歯石取りに行っています。

歯はしっかりケアして、老後に歯は残したいですよね。

徒歩3分ほど

新居の近くの歯医者は徒歩で3分ほどのところにあります。さすがに東京は近くになんでもあって便利ですね。雨の日でも歩いて通えます。

普段は自転車で1分ほどで通っていますね。

マネヒコ
マネヒコ

引っ越ししたんですね。

エドゴン
エドゴン

3年の退去期限を迎えて引っ越ししました。引っ越しは少し手間でしたね。新居での生活にもようやく慣れてきました。歯医者も見つけられて良かったです。

スポンサーリンク

歯石取りは痛かったのかについて

さてここからは後半戦で歯石取りは痛かったのかについてみていきましょう。

結論は痛かった

結論をお伝えすると痛かったです。歯茎を削られているみたいで痛みがありました。我慢はできるレベルでしたね。

歯医者は痛みとの戦いという面があります。

4ヶ月に1回

4ヶ月に1回のペースで歯石取りはしています。このペースが多いのか少ないのかは定かではありません。今度歯医者に行った時にでも聞いてみようかとも思いますね。

やりすぎもよくなさそうですので。

統合失調症と歯磨き

統合失調症の方はよりしっかり歯は磨いた方が良いでしょう。手が震える方は磨き残しなどに注意した方が良いですね。

私は6〜8分くらい磨いているので磨き残しは少ないと思います。

本日の行動プラン

さて本日の行動プランですが「歯石を取りましょう」です。歯石を歯医者で取ってもらえば歯が健康に保たれるでしょう。ぜひ定期的に通ってみることをおすすめします。

マネヒコ
マネヒコ

歯石取りは重要そうですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。定期的に歯石は取っておいた方がより健康的だと思います。老人になり歯がなくなる可能性を減らすことができるかもしれません。

今日のあとがき

本日は歯石取りについてみてきました。歯は健康に保ち、長く残していくことが大切ですね。老人になった時、歯がないと不便です。

以上、新居の近くの歯医者にて 歯石取り、歯のクリーニングをしてきたことについて、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

運動・健康
スポンサーリンク
edogonをフォローする
「HCap」公式YouTubeチャンネル
プロフィール
この記事を書いた人

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました