【悪い習慣.10】夜更かしのデメリット、統合失調症にも悪影響

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

この記事では、悪い習慣である夜更かしについてみていきましょう。

※この写真はイメージです。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • どうしても夜更かしをしてしまう方
  • 夜更かしをやめたい方
  • 夜更かしをするデメリットを知りたい方
  • 「HCap」に興味のある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

夜更かしのデメリットを知り、早寝早起きをするようにしましょう。毎日7時間以上眠れればいいですね。

本日は、前半では夜更かしをやめる方法を、後半では夜更かしをするデメリットをお届けします。

スポンサーリンク

悪い習慣の夜更かしをやめる方法

まずは悪い習慣である夜更かしのやめ方についてみていきましょう。

決まった時間に寝る習慣を作る

まず夜更かしのやめ方で一番なのが就寝時間を決めることです。「よし、今日から22時に寝るぞ」と決めればいいわけです。とても簡単ですね。

毎日22時になったらやっていたことを全てやめてお布団に入ります。それだけです。別に22時でなくても23時でも良いですし、それは人それぞれのライフスタイルに合わせればOKです。

決まった時間に起きる

朝の6時に起きると決めればいいだけなので簡単です。目覚まし時計などをセットして毎日決まった時間に起きるようにしましょう。

目覚まし時計を止めてまたお布団に入ったら意味がないので必ず起きましょう。慣れるまでは辛いかもしれません。朝の5時でも良いですし、自分のライフスタイルに合わせて起きる時間を調整しましょう。

夜にやりたいことがある場合

夜更かしをしてどうしてもやりたいことがある場合は、そのやりたいことを朝にやってみましょう。深夜0時〜2時くらいにやりたいことをやっている方は、それを朝の5時にするだけです。

早寝になれるまでが大変

最初はだらだらしてなかなか夜更かしをやめられないかもしれません。やっぱり今まで染み付いた習慣をいきなり変えるのは難しいものです。

時間をかけても良いと思います。少しづつ慣れていきましょう。

夜更かしのデメリットを知る

夜更かしをやめようと言われてもそう簡単にはやめられないものです。なので夜更かしをするとこんなデメリットがあるんだよということを勉強するのも良い手段ですね。

理由がなければ、楽な方を選択するのが人間ですからね。

マネヒコ
マネヒコ

早寝は慣れるまでが大変そうですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。やはり繰り返し練習をして慣れることが重要です。またなぜ早寝をした方が良いのか理由についてお勉強をするのも良い方法ですね。

スポンサーリンク

夜更かしをするデメリット

ここからは後半戦で、夜更かしをするデメリットをみていきましょう。

寝不足になる

一番の大きなデメリットは寝不足になることではないでしょうか。深夜の1時や2時まで起きていると翌日は寝不足になります。5時間くらいしか眠れないと、睡眠時間が不足しますね。

寝不足になれば翌日の勉強や仕事に影響してしまいます。頭が働かずに効率が激落ちしますね。睡眠時間は7時間以上は確保したいところです。

睡眠サイクルがバラバラになる

今日は1時に寝たけど昨日は2時まで起きていたなんてこともあるでしょう。就寝時間にばらつきがあるわけです。一体何時に寝るのか、脳が覚えられないと、寝付きも悪くなるでしょう。

毎日の睡眠時間もバラバラになり睡眠のサイクルが狂います。深い眠りの妨げになるので注意が必要です。

偏頭痛に悩まされる場合がある

睡眠時間がバラバラで休日になると寝溜めをする人もいるかもしれません。しかし寝過ぎた翌朝は偏頭痛がするという方も多いのではないでしょうか。

偏頭痛はかなり厄介で体を動かすだけで頭痛を感じるため治るまで移動するのがきつくなります。

夜は作業効率が落ちる

パソコンでの頭を使う作業は夜よりも朝に行った方が頭がスッキリしていて作業効率がアップします。夜に作業をしている方は、それを朝に移行するだけで効率がアップする可能性があります。

夜は早く寝て、朝早く起きてパソコンの作業ができるようになるといいですね。

夜更かしは統合失調症にも悪影響

夜更かしをすると統合失調症などの精神疾患に悪影があります。通常の人でさえ、デメリットがたくさんあるわけですから精神疾患を持っている方は尚更、夜更かしはしない方が良いでしょう。

本日の行動プラン

さて本日の行動プランですが「就寝時間と起床時間を決めましょう」です。就寝時間と起床時間を決めることで睡眠の質をアップさせ快適な睡眠を取るようにしましょう。きっと健康的になれるはずです。

マネヒコ
マネヒコ

寝る時間と起きる時間は決めた方が良いんですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。脳みそがもう寝る時間だよと合図をくれて、良い睡眠ができるようになるでしょう。そしてできれば毎日7時間以上は眠りたいですね。私も8時間睡眠にしてから体の調子が良いですね。

今日のあとがき

本日は夜更かしは体に悪いことをお届けしました。デメリットを知り、夜更かしはやめるようにしましょう。

以上、【悪い習慣.10】夜更かしのデメリット、統合失調症にも悪影響、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

習慣
スポンサーリンク
edogonをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
edogon

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました