障害年金で働かずにリタイアをするということ(FIRE達成!)

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

この記事では、FIREについてお話をしたいと思います。

※この写真はイメージです。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • FIREとはなんなのか知りたい方
  • 障害年金でFIREが可能なのかどうか知りたい方
  • 「HCap」に興味のある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

障害年金のみでFIREの達成は十分可能です。ただし贅沢はできません。起業にチャレンジするのもありです。

本日は、前半ではFIREについて、後半では障害年金でFIREの達成が可能かどうかについてみていきます。

スポンサーリンク

FIRE(Financial Independence, Retire Early)とは

まずは前半戦ではFIREとはなんぞやという疑問にお答えします。

FIREの意味

FIREとはFinancial Independence, Retire Earlyの略です。

  • Financial・・・経済上の
  • Independence・・・独立
  • Retire・・・リタイア
  • Early・・・早期

FIREの簡単な解説

FIREとは経済上の独立、早期リタイアとなりますが、このままではわかりにくいので簡単に解説をします。

経済上の独立とはサラリーマンや公務員として働いていなくても食べていけるだけの収入がある状態です。働かなくても勝手にお金が入ってくる状態ですね。例えば財産があってその財産を使って暮らしている場合、生活をした分だけ財産が減って行くことになるため、経済上の独立には当たりません。あくまで収入の中で生活ができる状態を指します。

そして早期リタイアとは20代や30代というなるべく早い時期にリタイアすることです。

障害年金は働かなくても給付される

上記を踏まえ障害年金についてもみていきましょう。障害年金は働かなくても給付されます。そしてその障害年金は障害者であれば年齢に関係なく給付されます。つまり20代や30代でも給付されるわけですね。

受け取っている障害年金の収入の中で生活ができれば、貯金を食い潰すことなく生活ができることとなり、FIREが達成できます。

障害年金でFIREが達成できれば、無理をして働くことはなく一生安泰なわけです。時間が手に入りますので好きなことをして生活をしていけばいいですね。

※注意点があり障害年金は障害者でなくなれば(障害が治れば)給付されなくなります。また障害の症状と付き合いながらのFIREになるため、体調が優れないこともあるでしょう。

マネヒコ
マネヒコ

FIREが若いうちに達成できたらすごいですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。今流行りのFIREに憧れる方も多いと思います。特に今の仕事が大変だと感じている方はFIREしてみたいと思われるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

障害年金でFIREが達成可能かどうか

ここからは後半戦で障害年金でFIREが達成可能かどうかをみていきます。

障害年金でFIREは達成可能

さて結論から申しますと、障害年金のみでFIREは達成可能です。障害年金を受給し働かなくても生活がしていければ良いわけです。

問題は住んでいる場所が実家なのか一人暮らしなのかということ。また障害基礎年金のみなのか障害厚生年金も受給できるのかというところ。次に具体的な金額をみていきます。

障害基礎年金の金額は?

障害基礎年金がおよそ月額65,000円で障害厚生年金は働いていた期間などから算出されます。障害基礎年金のみの場合は実家で暮らすことができればFIRE達成できそうですね。

また一人暮らしをしたい場合は障害厚生年金も受給できないと厳しいです。障害基礎年金の65,000円のみで一人暮らしをするのはさすがに厳しいでしょう。

一人暮らしにかかる費用

ざっくりと計算してみました。

家賃30,000
食費20,000
光熱費15,000
日用品3,000
通信費2,000
健康保険2,000
お小遣い10,000
合計82,000

家賃が30,000円ほどの物件に住めれば82,000円ほどの収入があれば十分です。障害基礎年金の65,000円では少し足りないですね。障害基礎年金のみでどうしても一人暮らしがしたいという場合は生活保護の申請も検討する必要があります。

私の具体例

私は障害基礎年金と障害厚生年金を受給しています。毎月の収入はおよそ105,000円ほどです。これだけあれば一人暮らしも可能かと思われます。ただし贅沢はできません。

障害基礎年金と障害厚生年金が受給できれば10万円以上の収入になる場合が多いですね。

雇われずに起業をする

私は現在では障害者雇用などで雇われることなく起業活動をしています。ブログの更新であったりYouTuberとして動画の配信をしています。

障害者雇用のデメリットは、お給料は最低賃金の場合が多く低収入になりやすいことや、パートなど1日4〜6時間の仕事が多くフルタイムで働けないことです。また誰でもできる雑務が多く、仕事をしながらスキルアップが見込めないことです。

それであれば金銭的にも自由になれてFIREを達成したわけですから起業をしてみたいと思ったわけです。障害年金で決まった金額を受給できるので起業をすることによるリスクはほとんどないですね。

統合失調症と起業

統合失調症を患っていても起業は可能です。ただし症状を毎日感じているため無理は禁物です。幻聴が聞こえたり監視されていると思い込んでいます。

起業活動は大変ですが、自由です。自由な働き方が良いという方は起業にチャレンジしても良いですね。FIRE達成後は自己実現にフォーカスして生活ができると人生の充実度がアップします。

本日の行動プラン

さて本日の行動プランですが「障害年金を受給できている方はFIREを達成しましょう」です。障害年金を受給できれば無理に働く必要はありません。(人それぞれの価値観はあるので働く方が楽しい場合は働いてもいいと思います。)

FIREを達成したら自由に生きましょう。

マネヒコ
マネヒコ

障害年金でFIREが達成できるんですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。FIREを達成できれば自由な生活を送れます。お金が余れば貯金に回すことも可能です。

今日のあとがき

本日は障害年金でFIREが達成できるのかをみてきました。十分達成可能です。自由に生きれるのは大きなメリットですね。

以上、障害年金で働かずにリタイアをするということ(FIRE達成!)、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

障害
スポンサーリンク
edogonをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
edogon

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました