統合失調症で起業をする!1日の作業時間をどうするか?

この記事は約5分で読めます。

この記事では、パソコンで起業するにあたり、1日の作業時間について簡単にお届けします。

※この写真はイメージです。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • 1日の作業時間をどうするのか知りたい方
  • 作業時間の割り振りについて知りたい方
  • 「HCap」に興味のある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

作業時間は1日あたり2時間〜4時間程度に設定し、平均は2時間45分くらいです。これくらいなら自由時間をたくさん確保できます。

本日は、前半では1日の作業時間について、後半では作業時間の割り振りをみていきたいと思います。

起業するにあたり、作業時間を公開!

統合失調症で起業をする予定です。起業をするので仕事がありますが、1日の作業時間を公開します。

就労移行支援を辞める予定

すでに就労移行支援は2ヶ月前より休職中で、その頃から起業一本で進めていくことに決めました。就労移行支援に通っていた頃は時間を奪われ、思い通りに起業活動に専念できていませんでした。

就労移行支援を辞めることになり、起業に専念できるようになったのは嬉しいです。もともと就労移行支援は工賃が1〜3万円くらいだったため、投下している時間の割りにいただけるお金は少なかったです。辞める決心がついて良かったです。ただし収入は減ることになりました。

起業活動の時間

統合失調症を患っているため無理は禁物です。1日8時間とかそれくらい頑張れば、ブログとかYouTubeももっと伸びるかもしれませんが、ゆっくりマイペースで活動をすることを理念にあげ、病気を再発させないことが重要です。

そのため1日の作業時間は2〜4時間程度にしています。かなり少なめですね。2ヶ月くらい前からこのスタンスで続けてきて、一番しっくりきています。このまま続けていければいいなと思っています。

自由時間が多い

この1日2〜4時間の作業は朝起きてから朝食を食べた後、午前中には完了しています。午前中の残りと午後はフリータイムで、サラリーマンとの違いは自由時間が多いということです。

午後にも起業活動の補足作業をすることもありますが、1時間程度で大体終わります。午前中の残りと午後はほぼ自由時間と言っても良いでしょう。

サイクリングに行ったりお買い物に行ったり体を動かしています。また毎日自炊を楽しんでいます。時間があるからこそできることですね。自由な時間を過ごすことを重要視しています。精神病院に入院中は自由がなく本当に不便な思いをしました。そのこともあり自由を追求したくなりました。

マネヒコ
マネヒコ

作業時間が2〜4時間はうらやましいですね。

エドゴン
エドゴン

それくらいがちょうどいいかなと感じています。無理をすると病気が再発しかねないため、マイペースを心がけています。「早くしなければ」という焦りも持たないようにしています。

作業時間の割り振り

作業時間は2〜4時間とお伝えしましたが、その割り振りをみてみましょう。

割り振り表

作業時間の割り振りを表にしてみました。

作業内容作業時間
SNS15分
ブログ30分
電子書籍30分
音声配信15分
動画配信45分
午後30分
【合計】2時間45分

ざっくりとした表ですがこんな感じで毎日作業をしています。合わせて2時間45分ですね。午後の30分は残作業がある場合のみ作業をしていますがほとんど残作業はありません。日によってかかる時間はバラバラなのでだいたい2〜4時間くらいに落ち着いています。

もっと作業をすれば伸びるスピードも上がるかもしれませんが、無理をせず続けることが目標なのでやりすぎには注意しています。

SNS

SNSに毎朝ツイートをしています。また日中や夜にもツイートをしていて毎日10ツイートくらいです。かかる時間は15分程度でしょう。ツイッター、フェイスブック、インスタグラムに投稿をしています。

ブログ

ブログは偶数日の20時に記事を公開しています。つまり1日に0.5記事を書いています。これが多いか少ないかは人それぞれですが、毎日継続しています。かかる時間は30分程度です。

電子書籍

電子書籍も書いています。無料で出版できるのですごく便利な世の中になりましたね。また初心者ではありますが小説も書いています。書いた小説がドラマやアニメになることを夢見ています。作業時間は30分ほどです。

音声配信

ポッドキャストに投稿しています。基本的にYouTubeにアップした動画の音声バージョンです。サムネイルも作っています。作業時間は15分程度です。

動画配信

YouTubeやニコニコ動画に動画を投稿しています。動画を作ったりサムネイルを作ったりしています。奇数日の20時に公開をしているので1日あたり0.5本を作成しています。作業時間は45分程度です。

統合失調症と起業

以上が起業の事業内容です。夢に溢れていますね。素晴らしい世の中になったと思います。昔は本を出版するにもお金がかかっていたのですが、電子書籍なら無料で出版できます。

統合失調症を患っていますが、そんな状態でも起業ができる環境が整ったということですね。誰にでもチャンスがあるとはすごいことだなと思います。

「本日の行動プラン」

「本日の行動プラン」は「起業をしましょう」ということです。誰にでもチャンスがあるので起業を積極的にしていきましょう。副業でも良いかと思います。本業以外に収入があるのは心強いです。

なるべくなら借金をしないで起業をすることがいいでしょう。お金のかからない事業をおすすめします。

マネヒコ
マネヒコ

色々な事業をされているんですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。色々なことに手を出しています。ただそれぞれの作業時間は少なく設定し、統合失調症に悪影響のないようにゆっくりマイペースに進めています。午前中の残りと午後はフリータイムで自由時間です。

今日のあとがき

本日は起業するにあたり1日の作業時間をどうするかを考えてみました。やりすぎず継続をすることを目標にしています。頑張っていきたいと思います!

以上、統合失調症で起業をする!1日の作業時間をどうするか?、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

起業
edogonをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
edogon

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました