障害年金受給中で預金残高も増えてきてホッとしています

この記事は約5分で読めます。

この記事では、私の預金残高を公開するのと、預金残高が増えてきてホッとする理由をご紹介します。

※この写真はイメージです。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • 私の預金残高に興味のある方
  • 預金残高が増えてきてホッとする理由を知りたい方
  • 「HCap」に興味のある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

障害年金を少しづつ貯めてきました。ようやく200万円に到達です。預金残高があればホッとして生活ができます。

本日は、前半では私の現在の預金残高を、後半では預金残高が増えてきてホッとする理由をご紹介します。

障害年金受給中の私の預金残高

まずは私の預金残高を確認しておきましょう。

障害年金受給中

いきなり預金残高をご紹介しても良いのですが、まずは障害年金について少し触れておきたいと思います。現在私は精神障害を抱えていて障害年金を受給しています。

障害年金は偶数月に2ヶ月分がまとめて入金されます。2ヶ月分でざっくり21万円くらいです。1ヶ月で換算すると105,000円くらいです。まあ贅沢は全然できない金額しかもらえないんですね。

働ければもう少し楽な暮らしができるとは思うのですが、就職活動の開始まではもう少し時間がかかりそうです。

現在の私の預金残高

預金残高は別の記事でもご紹介しているので、公開することに抵抗はありません。現在の私の預金残高は約200万円です。月105,000円の収入の中から節約を実践し、毎月コツコツと貯めてきました。

ようやく200万円の大台に到達したんです。嬉しいですね。借金はそれ以上にありますが・・・

4月の入金で

2021年4月15日は障害年金の支給日でした。嬉しかったです。4月15日に障害年金が振り込まれ、預金残高は215万円を越えてきたところです。とりあえずはホッとしているところですね。

2021年は順調に預金残高が推移していて嬉しいです。このまま年末まで駆け抜けたいですね。働いていない現状で、ここまで預金残高を増やせるとも思っていなかったので、節約の努力が実ったことを実感しています。

もし今後、就職活動を開始して働けた場合、もっと貯金を増やしていけるのかなと思っています。現在は1日4時間のパートのお仕事を希望していて、空いた時間で趣味やらブログやらYouTubeをやるつもりです。

マネヒコ
マネヒコ

預金残高が貯まって良かったですね。

エドゴン
エドゴン

頑張れば障害年金の収入でも貯金はしていけるということですね。家賃が無料なので環境に助けられています。

預金残高が増えてきてホッとする理由

ここからは後半戦で、預金残高が増えてきてホッとする理由をお伝えします。

明日も食べれるという安心感

お金がなければ、明日食べるものがあるだろうかと心配をすると思います。全くお金がなければ生活保護の申請をするしかありません。もしくは窃盗など、犯罪に手を染めてしまう可能性もあるでしょう。

でもお金がある程度最低限貯まってくれば、明日も余裕で食べるものがあるという安心感に繋がります。何を食べるか、選択をすることもできるでしょう。

高級焼肉や高級寿司は食べられないかもしれませんが、贅沢はせず普通の生活ならできますね。

急な出費に対応できる

お金がある程度貯まれば、急な出費に対応できます。私はグループホームに住んでいて最長で3年間しか住めないため、引越しをすることになります。

その引越し費用を貯めることができました。引越しには敷金、礼金、仲介手数料や引越し業者の資金など、色々な費用がかかります。でも200万円あれば、支払うことができますね。

無理をして仕事を探す必要がない

その日暮らしをしている人は、仕事を辞めれば、すぐに次の仕事を探してまたお給料をもらわなければ生活が成り立たなくなります。無理をして誰でもできるような仕事に就けば、内定をもらうのは簡単かもしれませんが、低賃金でその日暮らしが続くことになってしまいます。

しかし、ある程度の貯金があれば、ゆっくり就職活動ができたり、またはしばらく副業に専念したり、お勉強をしたり、色々な選択肢が増えることになります。

自分が本当にやりたいことは何か考えることができる

お金に余裕が出てくれば、何が本当にしたいことなのかを考える余裕も出てきます。お金がない状態だと、お金のことばかりを心配してしまいがちです。

時間的、金銭的に余裕のある人が、収入アップのためにお勉強を始めることができるのです。だからお金を貯めることにはメリットが多いんですね。

私の今の状況は、自分を見つめ直す良いチャンスだと思って生活をしています。

統合失調症と預金について

統合失調症だと、やはり精神的にきついので、衝動的になりやすいと思います。昔の私がそうでした。しかし、よく寝て、よく食べて、運動をすることで、良い習慣が増え、それに比例して預金残高も増えました。

統合失調症だから貯金ができないのは間違えです。病気でも自分の習慣を見直していけば、貯金体質にもなれるのです。

マネヒコ
マネヒコ

仕事を無理をして探さなくても良いことはメリットですね。

エドゴン
エドゴン

派遣切りなどに合い、退職を余儀なくされた場合でも、貯金を頑張ってしてきたかどうかで、その後の人生が大きく変わってきます。貯金があるかないかは自己責任なので、貯金がなくて社会のせいにするのは間違っていますね。

今日のあとがき

本日は、預金残高が増えてきてホッとする理由をお届けしました。やはり貯金はある程度最低限はあった方が良いですし、貯金をしない人は自己責任です。

以上、障害年金受給中で預金残高も増えてきてホッとしています、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

障害
スポンサーリンク
edogonをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
edogon

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給し、就労移行支援で工賃をもらっています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについて体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信をしています。

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました