就労移行支援の職場実習に慣れてきた(続けることの大切さ)

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

この記事では、就労移行支援の職場実習に慣れてきたことについてお届けします。

※この写真はイメージです。就労移行支援の職場実習は倉庫で作業をしています。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • 仕事を覚えることとは何かを知りたい方
  • 仕事が長続きするか不安な方
  • 長く続けることの大切さを知りたい方
  • 「HCap」に興味のある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

仕事と趣味は継続をすることで大きな成果となる。

本日は、前半では就労移行支援の職場実習を続けてみて感じたことを、後半では続けることの大切さをお伝えします。

スポンサーリンク

就労移行支援の職場実習を続けてみて

早いもので就労移行支援に通い始めて1年が経ちました。

統合失調症になってから初めて

統合失調症になる前は、最長で5年間働いた経験があります。しかし統合失調症にかかってからは1年間続いたことがありませんでした。今回、精神病院を退院し就労移行支援に通い始めて、続けられるか不安ではありましたが、無事に1年を迎えました。

今までは統合失調症にも関わらずお薬を飲まずにいました。しかし今回はしっかりと寝る前のお薬を飲んできました。やはりお薬は大事で、お薬を飲むことで正常に近い生活ができるようになるようです。

職場実習は最初は注意されていた

就労移行支援自体は1年続けられていますが、途中から職場実習にも行き始めました。そして職場実習は5ヶ月目に到達しました。最初は仕事を覚えるだけで精一杯で、教えてもらったことができずに、注意を受けることも多かったです。

注意をたくさんされへこむこともありましたが、それでも続けてこられたのはやはりお薬を飲んでいたからなのだと思います。お薬をもし飲んでいなかったら、八つ当たりをしたり暴れたりしていたかもしれません。

職場実習にも慣れてきた

職場実習が始まって5ヶ月が経ち、仕事にも徐々に慣れてきました。最初の頃に比べたら注意されることも少なくなってきました。しかしまだまだ覚えることはたくさんあり、お仕事って大変なのだと改めて思いました。

今回の職場実習では続けることの大切さや仕事を覚えていく喜びを学び、そして仕事の難しさを学びました。もし就職ができたら1年、2年と続けていき、定年まで働きたいと思っています。

東豪くん
東豪くん

お薬はやはり重要なのですね。

エドゴン
エドゴン

統合失調症は本当に厄介な病気です。治ったと自己判断をしてお薬を飲むのをやめてしまうと、再入院の確率が上がってしまうため、注意が必要です。お薬を飲むことはそこまで大変な作業ではなく習慣にしてしまえば良いわけです。私は副作用は特に感じていません。

スポンサーリンク

続けることの大切さ

仕事を覚えていく喜びを学べたことは大きな進歩です。

どんな仕事でも続けてみる

まずはどんな仕事でも続けてみることです。入社したばかりで右も左もわからず、注意されまくっても、めげないことです。辛いと感じても続けてみて、仕事を覚えることが大切です。

できることが増えていくと、仕事も楽しめるようになってきます。そうなればしめたものです。せっかく苦労して面接試験を突破して入社した会社なのですから、すぐにやめてはもったいないです。

続けることは仕事だけではありません

趣味などプライベートについても、長く続けることが大切です。私は現在仕事をしていなくて(職場実習は拘束時間4時間程度)、かなりフリーな時間が多いです。そこで、趣味を増やしたいと思い、いろいろなことにチャレンジを始めました。

チャレンジをしてみて、何と言っても最初は全く上手にできません。そりゃそうですよね、やったことのないことをやるわけですから、完全な初心者です。でも3日坊主で終わらせず、なんとか続けています。

趣味も続けることで上達していく

例を挙げると英語の学習ですね。もう6ヶ月間も続いています。最初は全くわからず、勢いでオンライン英会話にも加入して、お金も支払いました。外国人講師の言っていることがちんぷんかんぷんで、全く聞き取れません。しかしそんな状況でも6ヶ月間続けたら、なんとかレッスン内容が理解できるようになってきて楽しめるようにもなってきました。

継続するということはとてつもないパワーを秘めているわけです。まだまだ英語は初心者の域は脱していなくて、中学2年の範囲の学習中です。マイペースに無理のない学習をしているため、時間がかかりますが、誰かと比較をしないのも続ける秘策です。何事も続けることを大切にしていきたいものです。

東豪くん
東豪くん

仕事も趣味も続けることが大切なんですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。私も精神病院を退院しグループホームに入居して、生活をしてみて、続けることが重要であると感じられました。これからも「継続は力なり」という言葉を信じて活動していきたいですね。


職場定着率93%!統合失調症専門の就労移行支援【リドアーズ】


職場定着率90%!うつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】

今日のあとがき

本日は、就労移行支援をおよそ1年間も継続できて嬉しいことと、趣味などのプライベートでも何かを続けることが大事ということをお伝えしました。継続することは大変ですが、見返りもかなり大きなものになると思います。まあ保証はないんですけどね。

以上、就労移行支援の職場実習に慣れてきた(続けることの大切さ)、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

障害
スポンサーリンク
edogonをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
edogon

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました