AmazonのKindleと楽天koboに小説(電子書籍)を出版、夢はドラマ化!!

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

この記事では、電子書籍の出版についてお届けします。

※こちらは私が出版した電子書籍が楽天koboで販売されている様子です。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • 電子書籍を出版してみたい方
  • 電子書籍の出版は難しいのかを知りたい方
  • ネタをどうするか悩まれている方
  • 「HCap」に興味のある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

電子書籍の出版は初心者でも意外と簡単に手続きができました。

本日は、前半では電子書籍の出版が難しいのかを、後半では電子書籍のネタについてお伝えします。

スポンサーリンク

電子書籍の出版の難易度は?

まずは電子書籍の出版の難しさについて触れてみたいと思います。

審査を通過できるか?

電子書籍を今回初めて出版させていただきましたが、一番心配をしていたのは、内容の審査です。Amazonや楽天側が電子書籍の内容を審査し、ボツなら電子書籍として出版ができないのです。

今回、私が出版した本のジャンルは小説でした。完全なオリジナルストーリーなため、審査は無事に通過できました。ただし本の長さを心配しました。わずか5分程度で読める超短編小説なためです。

心配とは裏腹に審査は通過できてよかったです。

EPUBファイルを作成する必要がある

電子書籍を出版するには書いた本をEPUBファイルに変換しなければいけません。ここではEPUBファイルの作り方は特に説明はしませんが、インターネット上にEPUBファイルの作り方は公開されているので検索してみてください。

本の表紙の作成

電子書籍を出版するには本の表紙を作らなければいけません。私は画像処理ソフトのイラストレーターやフォトショップを持っているため、簡単に表紙を作ることができました。

ソフト上で写真や文字を使ってデザインをすれば良いだけです。初心者なため、そこまで凝らなくても良いと思いました。

初心者でも電子書籍を出版できるか?

電子書籍の出版が初めての人でも、私のように出版することができます。ただしパソコンの操作に慣れていない人や、インターネット検索をして自分でやり方を調べられない人には難易度が高いと思います。

自分で電子書籍の出版について調べられるか、表紙が作れるか、あとは本にするネタがあるか、をクリアできれば大丈夫です。

マネヒコ
マネヒコ

初心者でもやる気次第ですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。私も電子書籍の出版は初めてでしたが、自分でやり方を調べることで本の公開までなんとかたどり着くことができました。本はもちろん無料で販売しています。

スポンサーリンク

電子書籍のネタ

電子書籍のネタ選びは一番難しいところですね。

小説を選んだ

私も電子書籍を出版するにあたりどのネタを本にするか迷いました。私は統合失調症を患っているので精神病についての本でも良かったのですが、最初は簡単に、すでに出来上がっている小説をそのまま本にすることといたしました。

ブログの記事にすでになっている内容を本にするだけなので、ハードルもそこまで高くはありませんでした。

ネタ選びで迷われたら

電子書籍のネタで迷われたら、自分の得意ジャンルで攻めれば良いと思います。得意ジャンルが小説であったり、ノンフィクションであったり、なんでも良いのかなと思います。

とにかく自分の得意で好きなジャンルにしましょう。苦手で嫌いなジャンルでは、長続きしません。

無料にすることで多くの人に読んでもらう

無料にすることで、お客様がダウンロードをしていただけるハードルを下げることができます。無料であれば、読んでいただける可能性が上がるということです。

せっかく電子書籍を出版するのだから無料では嫌かもしれませんが、より多くの人に届けるためには仕方のないことです。

夢は膨らみます

電子書籍を無料で出版すると、金銭的には1円ももらえないですが、より多くの人が読んでくれる可能性が上がり、もしその中に編集者の方がいたら、「ドラマ化しませんか?」「映画化しませんか?」とお声がけがあるかもしれません。

目先の1円に飛びつくよりも、よっぽど楽しいことが待っているかもしれません。100万点もの作品の中から自分の作品が選ばれる確率は限りなく0に等しいですが、夢は膨らみますね

マネヒコ
マネヒコ

ドラマ化できたらすごいですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。10分くらいの短いドラマでも十分ですね。夢は膨らみます。そのためには面白い作品を書かなくてはいけないので、無理のない範囲で頑張りたいと思います。

今日のあとがき

本日は、AmazonのKindleと楽天koboに小説(電子書籍)を出版してみたことについて書いてみました。初心者にも出版は簡単にできるので、ぜひトライしてみてください。

以上、AmazonのKindleと楽天koboに小説(電子書籍)を出版、夢はドラマ化!!という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

レビュー
スポンサーリンク
edogonをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
edogon

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました