【悪い習慣.04】揚げ物を食べる

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

この記事では、揚げ物を食べることによるデメリットをご紹介します。

※こちらの写真はカレー蕎麦にコロッケを2個トッピングしたものです。揚げ物はたまに食べるくらいがいいです。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • 揚げ物をついつい食べてしまう方
  • ダイエットをしているが、なかなか体重が減らない方
  • 揚げ物のデメリットを知りたい方
  • 「HCap」に興味がある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

揚げ物はダイエットの天敵である!

本日は、前半では揚げ物の種類とデメリットを、後半では私の揚げ物の食べ方をご紹介します。

スポンサーリンク

揚げ物の種類

まずは揚げ物にはどのような種類があるのかをみていきましょう。

コロッケ、メンチカツ

ジャンクフードにも分類されるコロッケやメンチカツは揚げ物の代表例です。スーパーではコロッケなら50円以下で売られているお店もあり、かなりリーズナブル。安いが故に、またお腹も膨らむため、毎日食べる、もしくは週に何度か食べる習慣が付いてしまっている方も多いのではないでしょうか。

鳥などの唐揚げ

唐揚げも揚げ物ですね。唐揚げは美味しすぎるので我慢をするのが大変ですね。ポン酢やタルタルとの相性もよく、味変もできてうまい。セブンイレブンでは唐揚げの串が売られていて100円強の値段で購入できます。

王道なフライドポテト

ファーストフード店でよく目にするフライドポテト。安いしハンバーガーとの相性も良く、ついついセットで注文をしてしまいます。美味しいし量も多いので人気の商品ですね。

マネヒコ
マネヒコ

揚げ物もたくさんの種類がありますよね。

エドゴン
エドゴン

揚げ物はみなさんご存知だと思うので、今回は上記3点を代表として挙げさせてもらいました。

スポンサーリンク

揚げ物を食べるデメリット

揚げ物は体には良くないと言われています。

高カロリーなため太ってしまう

揚げ物は高カロリーです。しかも美味しいのでついつい食べ過ぎてしまいます。痩せている方がたまに食べるのは問題はありませんが、ダイエット中の方は揚げ物は控えた方が良いでしょう。

揚げ物は依存する

アルコール依存やギャンブル依存と同じく、揚げ物を食べると依存していくと言われています。アルコール依存やギャンブル依存はよく聞きますが、揚げ物はあまり依存とは聞かないですよね。だから油断してしまうのです。

揚げ物を食べると、体と脳が揚げ物は美味しいとインプットしてもっと食べたくなっていくのです。食べる回数が多い方は、回数を減らしていった方が良いです。習慣になっている方は、治すのは大変でしょうが、根気よく習慣を断ち切るように努力しましょう。

栄養が少ない割に悪い成分がたくさん入っている

私は専門家ではないので詳しくはわかりませんが、揚げ物は栄養が少ない割に、油など体に害を与えてしまう可能性のある成分が多いです。悪い成分を摂取し続けるために、病気になるリスクも上がってしまいます。

マネヒコ
マネヒコ

揚げ物を食べるデメリットも多いですね。

エドゴン
エドゴン

揚げ物を食べることが習慣になっている場合には注意が必要です。

私の揚げ物の食べ方

私はダイエットに成功し体重が理想の体重以下にできたので、ためらいもなく揚げ物は食べています。ただし気をつけていることがあります。

揚げ物を食べた記録を付けている

私は揚げ物を食べたら「揚げ物を何月何日に何個食べたのか」を記録しています。記録があることで最近食べ過ぎているから控えようと思えるわけです。

揚げ物は10日に1回程度の頻度にしている

ダイエットに成功はしましたが、揚げ物をばくばく食べるようなことはしません。10日に1回程度の頻度にするようにしています。長い時は2週間くらい揚げ物を全く食べない時もあります。しかし過去には2日連続で食べることもありました。

昔は大好きだったフライドポテトを最近はまったく食べなくなりました。もう半年以上は食べていないと思います。

揚げ物はたまに食べる程度にすれば、ダイエットも成功に近づくことができます。依存してしまうので食べ過ぎは禁物です。負のスパイラルに陥る可能性があります。

揚げ物ではなくお魚やお肉を食べる

お魚やお肉を食べることで揚げ物を食べる頻度を下げましょう。特にお魚は体に良い影響があるので、頻繁に食べています。お魚は体に良いですが、白身魚のフライや、アジフライは控えましょう。

マネヒコ
マネヒコ

揚げ物を食べた記録をつけるとはすごいですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。揚げ物を食べた記録をつけることは習慣になっています。まずは自分がどれだけ揚げ物を食べているのかを知る必要があります。知らなければ改善のしようがありません。

今日のあとがき

本日は、体に良くない揚げ物を食べる習慣について、私なりの食べなくて済む方法をお伝えしました。ぜひ悪い習慣は断つように心がけてください。

以上、【悪い習慣.04】揚げ物を食べる、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

習慣
スポンサーリンク
edogonをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
edogon

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました