東京都内住みでは車はいらない!一人なら不要な6つの理由

この記事は約6分で読めます。

この記事では、東京都内に引っ越す予定の方に向け、車は必要かどうかの悩みを解決しています。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

・東京都内に引っ越す予定だが、車が必要かどうかで悩んでいる方
・東京都内で車がいらない理由を知りたい方
・「HCap」に興味がある方

スポンサーリンク

東京都内に一人で住んでいるなら車はいらないか?

さて、本日は車のお話です。
東京都内に住んでいるなら車はいらないかどうかを考えていきます。
今回は一人で住んでいる場合を想定していきます。

私は高校卒業後に運転免許を取得して、18歳から36歳まで18年間、自家用車を運転してきました。
新潟県という田舎だったため、車は必須でした。

そして35歳のとき、埼玉県の川越に引っ越して、車も新潟県から持ってきました。
川越でも車は活躍しました。

その後就職をし、都内の会社の寮に住む際に、車を売却処分。
車を持ち込むか悩みましたが、考えた末、処分に至りました。

なぜ、車の売却に至ったのか、これから解説していきます。

★これが聞きたい★

あなた : 新潟県では車は必要なんですね?

わたし : 近所のコンビニやスーパーに行く際にも車を使っていました。家電量販店などは離れた場所にあり、車が大活躍します。また、重い荷物を運ぶのにも車が必要でした。また、友達とドライブができるなど、車は持っていて楽しかったです。

スポンサーリンク

1.東京都内は歩いてどこにでも行ける

東京都内に住んでみて感じたことは、歩いて行ける距離になんでもあるということです。
コンビニやスーパー、総菜屋など、歩いてすぐに着きます。

私は東京都内に住む際に自転車も購入しました。
自転車があればさらに便利になり、重いペットボトルなどを運ぶのも楽ちんになりました。

駅までの距離も歩いて5分くらいでした。
駅に行ければ、行動範囲も大幅に広がります。
住んでいた寮の近くにはないけれど、電車で移動できれば、家電量販店やニトリ、ドン・キホーテなど、いろいろなお店に簡単に行くことができるようになります。

また池袋までバスが出ていて、バス停まで3分くらいの距離でした。
池袋という大きな街まで行ければ、なんでも揃います。
映画館、バッティングセンターなどの娯楽施設も充実しています。

このように、東京都内では歩いてどこにでも行けるのです。
無理に車を利用する必要もありません。

★これが聞きたい★

あなた : 自転車は東京都内でも便利ですか?

わたし : 自転車はドン・キホーテで安く購入できました。スーパーでお買い物をした荷物を運んだり、少し遠いところにある公園まで行ったり、使い道はたくさんありました。

2.東京都内では電車で飲み屋まで行ける

東京都内では電車でどこにでも行けてしまうので、飲み屋も無数にあります。
お酒は大好きで、いろいろなお店で友達と、会社の同僚とお酒を飲んできました。
電車移動なので、飲酒運転で捕まることもないです。

田舎の場合は、飲み屋までの移動に車が使えないので、不便な思いもしたことがあります。
近所の飲み屋ばかりだと飽きてしまうので、少し遠くの飲み屋で飲もうというときに、どうやってそこまで行くか、悩んだこともありました。
誰か一人の車で全員を運び、運転手だけお酒が飲めないという事態もありました。

★これが聞きたい★

あなた : 東京都内では電車で飲み屋まで簡単に行けますね?

わたし : 飲み屋までの移動は楽ちんですね。特に車を使う必要もないかと思います。

3.東京都内の車の駐車場代が高い

東京都内は車の維持費が田舎に比べて高めになっています。
ガソリン代や車検、自動車保険の料金は田舎と変わりませんが、駐車場代がめちゃめちゃ高いです。

新潟県では、賃貸アパートに駐車場が付いている場合もありました。
アパートを借りると駐車場が付いてくるんですね。
別で月極め駐車場を借りる場合でも、場所によっては5,000円以下といった場合もあり、かなりの格安で借りることができます。


それに比べて東京都内の特に23区内では、月極め駐車場代は20,000円〜40,000円もします。
新潟県の4倍〜8倍くらいの料金設定です。
高過ぎて、東京で車を持つのがもったいなくなります。

東京都内では物価が高い上に駐車場代まで払っていては、お金がいくらあっても足りませんね。
年収が高い方には余裕かもしれませんが、一般庶民には高く感じてしまいます。

4.東京都内では駐車場がないお店が多い

お店に駐車場がないのは車には致命的です。
駐車場がないお店には車では立ち寄れなくなります。

新潟県では、コンビニやスーパー、家電量販店などには、広い駐車場がありました。
しかも無料でした。

しかし東京都内の場合は、駐車場がお店にないという場合が多いです。
あっても有料のことがほとんど。
どこに行くにも、駐車場の利用料金が掛かるんですね。
しかも駐車場が狭く、車の出し入れのときに、事故ってしまう確率も上がってしまいます。

また車を運転中にコンビニに寄りたいなと思っていても、なかなか駐車場付きのコンビニを探すのが大変。
トイレを借りたくなっても、なかなか見つけられず、漏らしてしまうことにもなりかねません。

5.東京都内は渋滞が多い

新潟県の場合は渋滞はそんなになく、何かイベントがあるときくらいでした。
しかし、東京都内では、年がら年中渋滞が起きています。
特に雪には弱く、渋滞が酷くなります。

千葉県でのお話ですが、会社の休日に近所のお店に車で買い物に行ったときのこと。
帰り道が雪で大渋滞しました。
家までの距離はすごく近いのに、全然先に進まないのです。
結局帰り道は4時間も掛かり、せっかくの休日を台無しにしたこともありました。

★これが聞きたい★

あなた : 都会と地方では渋滞状況はたいぶ違いますね?

わたし : 渋滞は都会では特に酷かったですね。なかなか前に進まず、音楽を聴きながら時間を潰すしかありませんでした。せっかくの休日にイライラしていたらどこでストレスの発散をしたらいいかわからなくなりますね。

6.レンタカーやカーシェアリングの充実

東京都内にはレンタカーやカーシェアリングがたくさんあります。
月に1〜2回のドライブなら、レンタカーやカーシェアリングを利用すると、自家用車を持つよりも費用を安く抑えることができます。

私は、レンタカーやカーシェアリングを利用したことはありません。
もし、病院から退院ができたら、たまにドライブしたいなとは思っているので、レンタカーやカーシェアリングを利用してみるつもりです。

以上、東京都内で車が不要な6つの理由でした。
悩んでいる方はよく考えてみてくださいね。

結婚後、自家用車は必要になるかも

結婚をし、ドライブに頻繁に行くようになったら、自家用車があってもいいかもしれません。
また、子供ができたりすると自家用車は重宝するかもしれません。
子供が熱を出したりした場合、自家用車があればすぐに病院に連れて行ったりできます。

配偶者と相談をし、お金とも相談をし、東京都内でも自家用車を持つのもありかなとは思っています。
子供と配偶者と、3人でドライブなんて楽しいに決まっています。

また、恋人と付き合ったタイミングで自家用車を持つのも楽しいかもしれません。
自家用車でいろいろなところに遊びに行って、恋を育めればいいですね。

一人だけの場合はデメリットが多いので、あまりおすすめはしません。
よっぽど車が趣味な場合は除きます。
趣味にお金を使うことは良いことです。

「節約術」記事一覧
カテゴリー「節約術」に属する記事を画像と共に一覧形式で表示します。他の節約術関連記事にはどのようなものがあるのか、一目で確認できます。レシート買取アプリや家計簿アプリ、銀行やカード、保険などについて記事に書いています。

今日のあとがき

本日は東京都内で車は必要ない理由を考えてみました。
車がなければ節約にもなって、別のところにお金が回せますね。

退院後は東京都内の23区に住む予定なので、車は持たず、レンタカーやカーシェアリングを利用して行こうと思っています。
そもそも障害年金しか収入がないので、車はどう考えても持てないですね。

以上、東京都内住みでは車はいらない!一人なら不要な6つの理由、という話題でした。

他の記事も読んでみませんか?

コメントいただけると嬉しいです。

節約術
スポンサーリンク
edogonをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
edogon

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、グループホームに入居。この壮絶な経験を有益な情報として発信できないかと思いブログの執筆活動をしています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!挑戦→就労訓練、筋トレ、自炊、海外旅行、英会話、婚活。ハマり中→WOFF、鬼滅の刃、乃木坂46、将棋。

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました