浅草寺に2024年の初詣に行って来た!雷門、仲見世や本堂もすごい迫力でした

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

この記事では2024年の初詣で浅草寺に行ってきたことについてお送りします。

※この写真はイメージです。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • 浅草寺に行ってきた感想について知りたい方
  • 浅草寺に行ってかかった費用について知りたい方
  • 「HCap」に興味のある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

2024年の初詣に浅草寺に行ってきました。しっかりお参りをしてきました。仲見世のお店の数や、観光客の数が多くてびっくりしました。初詣にかかった費用はわずか5円でした。

本日は、前半では浅草寺に行ってきた感想について、後半では浅草寺に行ってかかった費用についてお送りします。

スポンサーリンク

浅草寺に行ってきた感想について

さてまずは浅草寺に行ってきた感想についてみていきましょう。

浅草寺は浅草駅にあり

浅草寺は浅草駅からすぐのところにありました。浅草駅を降りて歩いていくとすぐに雷門がありました。雷門は大迫力でしたね。くぐってすぐのところから仲見世がずらーっと並んでいました。お店だらけです。

仲見世にはきびだんご屋や、人形焼など名物がたくさん売られていましたね。お店の数は100軒は余裕で超えていたと思います。行ったのが朝の9時だったのでシャッターで閉まっていたお店も多かったです。

本堂でお参り

本堂も大迫力の大きさでした。階段を上がって行きお賽銭を入れて2礼、2拍手、お参り、1礼と作法を守りました。「2024年が良い年になりますように」初詣らしいですね。

本堂を降りて見てみると煙を体にかけている人が多かったので私も近くまで行って煙を体にかけてみました。常香炉(じょうこうろ)と呼ばれるものらしいです。体の悪い部分が治るようですね。

マネヒコ
マネヒコ

浅草寺で初詣ができて良かったですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。初詣に行けて良かったです。浅草寺は平日にも関わらず日本人も外国人も多かったです。朝の9時だったので人の数は少ない方だったのかもしれません。

スポンサーリンク

浅草寺に行ってかかった費用について

さてここからは後半戦で浅草寺に行ってかかった費用についてみていきましょう。

交通費について

自宅の最寄り駅から浅草駅まで都営地下鉄のみで行けます。障害者の都営パスを持っているので0円でいくことが出来ました。交通費が0円で初詣と浅草寺の観光までできて良かったです。都営パスは重宝しますね。

食費について

仲見世にはお店がたくさんあり誘惑も多かったですが、食べ物は何も買いませんでした。美味しそうなものも多かったですが2024年は節約を頑張ろうと思っているのでなるべく出費は避けるようにしています。お家でしっかり食べました。

お賽銭について

本堂でお賽銭を入れました。「ご縁がありますように」ということで5円玉を入れて来ました。周りの観光客の皆さんもお賽銭を入れていましたね。わずか5円でお参りができるなんて贅沢です。

今回の浅草寺の初詣ですが、かかった費用はお賽銭の5円だけでした。かなり安く初詣と観光ができて良かったと思います。都営パスがあれば東京都の色々なところに安く行けるのでまた次回、どこかに行きたいと思います。

統合失調症と初詣

統合失調症の方でも初詣はできるでしょう。ただし音に敏感な方や人混みが苦手な方は、浅草寺は難しいかもしれません。人の数が多かったからです。人の少ない神社やお寺に初詣に行ければ良いですね。

できれば費用は安めで行けるところをおすすめします。障害者は収入は少ない方が多いと思いますので、出費は少なくなるように工夫をしましょう。お金は大切に使いましょう。

本日の行動プラン

さて本日の行動プランですが「初詣に行きましょう」です。初詣に行って2024年の1年間の健康や幸福をお願いしてきましょう。私も皆さんも良い1年になると良いですね。また来年も初詣に行きたいと思っています。

マネヒコ
マネヒコ

費用は安く済みましたね。

エドゴン
エドゴン

はい。わずか5円でした。安く済んで良かったです。借金が多いので無駄遣いも控えないといけませんね。

今日のあとがき

本日は浅草寺に初詣に行ってきたことについてみてきました。人が多くてびっくりしましたね。お賽銭もしっかり入れて2024年が良い年になるようにお参りをしてきました。行けて良かったです。

以上、浅草寺に2024年の初詣に行って来た!雷門、仲見世や本堂もすごい迫力でした、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

レビュー
スポンサーリンク
edogonをフォローする
「HCap」公式YouTubeチャンネル
プロフィール
この記事を書いた人

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました