障害基礎年金にプラスして障害厚生年金も受給できると心強く生活も安定しやすい

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

この記事では、障害年金体験談の深掘りをしていきます。

※この写真はイメージです。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • 障害基礎年金にプラスできることについて知りたい方
  • 障害厚生年金も受給できると心強いことについて知りたい方
  • 「HCap」に興味のある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

障害基礎年金と障害厚生年金の両方を受給できれば心強いです。できれば働いて万が一に備えて年金を納めておくことが肝心ですね。

本日は、前半では障害基礎年金にプラスできることについて、後半では障害厚生年金も受給できると心強いことについてお送りします。

以前、以下のようなツイートをしました。

「障害基礎年金にプラスして障害厚生年金が受給できると心強いです。過去に働いたことがある方は障害厚生年金も受給できる可能性があります。しっかりと調べることが重要で、損をしないようにしましょう。聞けば教えてくれます。」

このツイートについて深掘りをしていきます。

スポンサーリンク

障害基礎年金にプラスできることについて

さてまずは障害基礎年金にプラスできることについてみていきましょう。

働いて年金を納める

働いてしっかり年金を給料から天引きされ納めていた方は、仮に障害者になって障害年金を受給するときにプラスアルファが受給できます。

障害基礎年金のみでは心もとないことが多いでしょう。

障害基礎年金のみだと

働いてこなかった場合、障害基礎年金のみでは月額65,000円ほどしか受給できません。これだけでは生活は難しい場合が多いと思います。

実家に住むなど工夫が必要になります。

マネヒコ
マネヒコ

障害基礎年金のみだとかなり厳しいですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。働いていなかった場合は障害基礎年金のみしか受給できないので大変ですね。

スポンサーリンク

障害厚生年金も受給できると心強いことについて

さてここからは後半戦で障害厚生年金も受給できると心強いことについてみていきましょう。

私の場合

私は障害基礎年金と障害厚生年金の両方を受給できています。働いて年金を8年くらい納めていたためですね。

年金は1ヶ月分で10万円ほど。障害基礎年金の65,000円よりも35,000円ほど多い計算になりますね。

心強い

障害基礎年金と障害厚生年金の両方を受給できれば心強いです。今はグループホームで生活をしていますがなんとかやっていけていますね。

できれば働き年金を納めておくことをおすすめします。いざというときに役に立ちます。

統合失調症と障害年金

統合失調症と診断されたら障害年金を受給しましょう。医師の方から受給のアドバイスをいただけることがありますね。

障害年金を受給して安定した生活を送れるようになれば、毎日を安心して生活できるようになります。遠慮はせず受給しましょう。

本日の行動プラン

さて本日の行動プランですが「障害年金を受給しましょう」です。障害基礎年金と障害厚生年金の両方を受給できれば心強いですね。

マネヒコ
マネヒコ

障害厚生年金まで受給できれば心強いですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。私の場合は1ヶ月で10万円を受給できているので生活もなんとか成り立っています。障害年金を受給して生活を立て直しましょう。

今日のあとがき

本日は障害基礎年金と障害厚生年金についてみてきました。できれば両方を受給できれば心強いですね。生活を立て直していきましょう。

以上、障害基礎年金にプラスして障害厚生年金も受給できると心強く生活も安定しやすい、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

深掘り
スポンサーリンク
edogonをフォローする
「HCap」公式YouTubeチャンネル
プロフィール
この記事を書いた人

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました