障害者は生活保護で支給される金額がアップする(障害者加算)

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

この記事では、障害者手帳体験談の深掘りをしていきます。

※この写真はイメージです。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • 生活保護の障害者加算について知りたい方
  • 私の生活保護について知りたい方
  • 「HCap」に興味のある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

障害者の方は生活保護を受給すれば障害者加算ということで生活保護に上乗せされて支給されます。

本日は、前半では生活保護の障害者加算について、後半では私の生活保護についてお届けします。

以前、以下のようなツイートをしました。

「障害者手帳を持っていてある程度の等級が認定されると、生活保護費が加算されます。障害者の場合、支給される毎月の生活保護費がアップするんですね。これは心強いです。お金の心配を減らし、将来の自立が実現すればいいですね。」

このツイートについて深掘りをしていきます。

スポンサーリンク

生活保護の障害者加算について

さてまずは生活保護の障害者加算についてみていきましょう。

障害の等級について

障害の等級が1級、2級の場合に生活保護の障害者加算が適用されます。

障害者加算の金額について

およそ15,000円〜26,000円が障害者加算として生活保護に加算されて支給されます。

生活保護でも十分な生活が可能

障害者加算が適用されると15,000円〜26,000円が加算されるため、かなり十分な生活が可能になってきます。アパートなどの家賃も支給されますし、合計すると手取りで16〜17万円くらいの収入があるのと同じくらいの支給額になるためです。

大卒の初任給よりも条件は良いかもしれません。医療費も無料になるからです。

結婚や出産

障害者になってしまったことは不運ですが、利用できるサービスは最大限に活用していきましょう。金銭的にはそれなりの生活が可能になり、結婚や出産もできるでしょう。

夫婦ともに障害者の場合でも生活保護が受給できれば、最低限の生活が可能で、結婚、出産もできるでしょう。

マネヒコ
マネヒコ

生活保護の障害者加算は大卒の初任給よりも条件は良いんですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。手取りで16万円〜17万円の支給が受けられれば十分でしょう。

スポンサーリンク

私の生活保護について

さてここからは後半戦で私の生活保護についてみていきましょう。

生活保護を受給したかった

できることなら生活保護を受給したかったですが、貯金があると生活保護は受給できないらしいので、断念しました。貯金を使い果たしてから申請してもいいのですが、貯金が0円の生活は厳しいのでこちらの方法も断念しました。

グループホームを選択

生活保護が厳しいことがわかったのでグループホームに引き続き住みたいと思いました。家賃が無料だからですね。

家賃がかからなければギリギリ生活は成り立ちます。ただしグループホームに住むには日中活動をしなければいけないので今は探し中です。荷物運び、調理、パソコンが作業所の候補に上がっています。

統合失調症と作業所

統合失調症でも無理のない範囲で作業所に通えますね。まずは週に2〜3日からで良いと思います。

私は過去に作業所で物を投げつけそうになったので今回は慎重にいきたいですね。

本日の行動プラン

さて本日の行動プランですが「生活保護を受給しましょう」です。生活が厳しい方は生活保護を受給しましょう。病気なら申請も通るでしょう。

以上、障害者は生活保護で支給される金額がアップする(障害者加算)、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

深掘り
スポンサーリンク
edogonをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました