障害者手帳の発行を迷われている方 割引サービスがすごい!

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

この記事では、障害者手帳体験談の深掘りをしていきます。

※この写真はイメージです。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • 障害者手帳で映画館での鑑賞がどれくらい割引されるのかを知りたい方
  • 障害者手帳のその他の使い道を知りたい方
  • 障害者手帳の発行を迷われている方
  • 「HCap」に興味のある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

障害者手帳は全国で利用でき、色々な施設を割引価格で利用できます。特に東京都だと使い道が多い印象を受けました。

本日は、前半では障害者手帳の映画館での割引について、後半ではその他の施設での割引についてお届けします。

スポンサーリンク

映画館での鑑賞が障害者手帳で割引に

以前、以下のようなツイートをしました。

「障害者手帳を利用すると映画館の映画が1,000円で観れます。映画が好きな障害者の方にはメリットが大きいですね。私も1,000円でたまに映画を観に行きます。今話題の「鬼滅の刃」も1,000円で観てきました。」

このツイートについて深堀りをしていきます。

映画館での鑑賞が1回1,000円に

精神障害者などの障害を抱えると、障害者手帳を申請でき、審査が通ると障害者手帳が発行されます。この障害者手帳は色々な場面で使えて結構お得なメリットがあります。

例えば映画館ですね。通常は1回1,800円での鑑賞ですが、障害者手帳を持っている方は1回1,000円で鑑賞できます。1,800円が1,000円になるのでお得すぎますよね。映画好きにはたまらないサービスとなっています。

またいつでも1,000円で鑑賞できます。土日、平日など関係ありませんし、時間帯も関係ありません。付き添い1人まで同料金となります。

ほぼ全ての映画館

例外はあるかもしれませんが、私が利用してきた映画館にはどこでも障害者手帳の割引がありました。全国のほぼ全ての映画館で障害者手帳の割引はあるのだと思われます。

私が利用した新潟、埼玉、東京の映画館では割引されていました。

話題の「鬼滅の刃」も1,000円で鑑賞

話題の「鬼滅の刃」面白かったですね。面白くて感動しまくりで泣きまくりました。こちらも東京の映画館で1,000円で鑑賞できました。

マネヒコ
マネヒコ

映画館での鑑賞が1,000円なんですね。

エドゴン
エドゴン

はい。邦画や洋画、アニメまで全ての映画が1,000円で鑑賞できます。私も1,000円で映画を観ることにハマっていた時期があり、毎週1本の映画を観に行っていた頃がありました。

スポンサーリンク

他の障害者手帳の割引について

以前、以下のようなツイートをしました。

「障害者手帳を持つと色々なサービスを割引価格、もしくは無料で利用できます。大きな公園の入場料、動物園の入場料などが割引になります。金銭的な負担を減らせることで、少しでも安心して各サービスを利用できるので助かりますね。」

このツイートについて深堀りをしていきます。

色々なサービスを割引価格に

障害者手帳を持つことで色々なサービスを割引価格で利用できるようになります。上記で挙げた映画館がまずは代表例ですね。映画を1本観るのに1,800円のところ1,000円になります。

また東京に住んでいるとお得感が増します。都営の地下鉄に無料で乗ることができるのです。都営新宿線や都営大江戸線、都営三田線など都営の電車が無料になります。また都営のバスも無料で乗ることができます。移動が無料でできるところは東京に住むメリットになります。

大きな公園などが割引に

大きな公園や動物園、美術館なども入場料が割引価格や無料になります。私は精神病院に入院中にレクリエーションで羽村市動物公園にみんなと行ったのですが、入場料が免除され無料で入場できました。

また東京にあるスカイツリーの展望台も割引価格になったりします。

東京都の良いところばかりを挙げて来ましたが、東京都以外の道府県にも割引サービスはありますので、それほどの違いはないと思います。

統合失調症などの精神疾患にかかってしまうなど障害者となってしまった場合は、障害者手帳を発行してもらった方がお得ということになります。発行がまだの方や迷われている方はぜひ発行してみてくださいね。

本日の行動プラン

今日からの行動が変わる本日の行動プランですが、「色々なサービスで割引が受けられる障害者手帳を発行すること」です。

発行がまだという方はぜひ発行してみて、その使い道を体験してみてほしいです。

マネヒコ
マネヒコ

障害者手帳の発行はしておいた方がお得ですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。映画館、電車、バスなど、普通ならお金がかかってしまうところが割引料金で利用できるのは大きなメリットですね。

今日のあとがき

本日は障害者手帳のメリットをお届けしました。これだけの使い道があるので発行を迷われている方はもったいないと思います。障害者であることを認めてしまうことになるので抵抗はあるかもしれませんが、恥ずかしいことではありません。障害を抱えてしまったこと自体は本人が悪いのではないので、堂々としていましょう。

以上、障害者手帳の発行を迷われている方 割引サービスがすごい!、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

深掘り
スポンサーリンク
edogonをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
edogon

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました