【eスポーツ大会への挑戦】第11章「麻雀格闘倶楽部Sp」でテンホーをツモ上がり!

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

この記事では、【eスポーツ大会への挑戦】の第11章をお送りします。

※この写真はイメージです。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • 麻雀格闘倶楽部Spについて知りたい方
  • テンホーを上がったことについて知りたい方
  • 「HCap」に興味のある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

麻雀格闘倶楽部Spの三人麻雀でテンホーを上がれました。すごい!運がすごく良かったんですね。eスポーツ大会に向け腕を上げていきたいと思います。

本日は、前半では麻雀格闘倶楽部Spについて、後半ではテンホーを上がったことについてお送りします。

スポンサーリンク

麻雀格闘倶楽部Spについて

さてまずは麻雀格闘倶楽部Spについてみていきましょう。

コナミが提供している麻雀ゲーム

コナミは有名な会社ですがこのコナミが麻雀格闘倶楽部Spを提供しています。スマホ用のゲームでサクッとプレイできます。iPadなどのタブレットでもプレイ可能です。

全国の猛者たちと4人麻雀や3人麻雀をプレイできます。

基本プレー無料

基本プレーは無料です。無料でネット対戦麻雀を堪能できますね。課金要素もありますが麻雀の運には影響しません。

勝って段位を上げていくのが目的です。10級から始まり、私は今は3段です。基本的にはサクッと楽しめる三人麻雀をメインにやっています。

マネヒコ
マネヒコ

麻雀格闘倶楽部Spは楽しそうですね。

エドゴン
エドゴン

楽しいですね。勝ったり負けたりを繰り返していますが、麻雀が上手になっていっているなと実感しています。

スポンサーリンク

テンホーを上がったことについて

さてここからは後半戦でテンホーを上がったことについてみていきましょう。

テンホーで上がり

生まれて初めてテンホーで上がりました。すごい!三人麻雀なので確率的に上がりやすかったかもしれません。

配牌された後、いきなり上がりマークが光りました。速攻でしたね。

役満は2回目

今回の麻雀格闘倶楽部Spでの役満は2回目でした。前回は確か国士無双だったような気がします。

役満は麻雀の醍醐味ですね。

統合失調症と麻雀

麻雀は役作りが面白いゲームです。統合失調症の方でも麻雀は楽しめると思います。ゲームであればサクサクですぐに手番が回ってきます。

負けてストレスをたくさん感じる人は病気が悪化しないように気を付けましょう。

本日の行動プラン

さて本日の行動プランですが「麻雀格闘倶楽部Spをプレイしましょう」です。麻雀が強くなればeスポーツの大会に出場できます。麻雀で頂点を目指しましょう。

マネヒコ
マネヒコ

テンホーとはすごいですね。

エドゴン
エドゴン

私もびっくりしました。まさかテンホーで上がれるとは。速攻で上がれたので気分爽快でした。

今日のあとがき

本日はeスポーツの麻雀格闘倶楽部Spについてみてきました。テンホーで上がれたのはすごく運が良かったですね。腕を磨いて大会に出場できると良いと思います。

以上、【eスポーツ大会への挑戦】第11章「麻雀格闘倶楽部Sp」でテンホーをツモ上がり!、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

レビュー
スポンサーリンク
edogonをフォローする
「HCap」公式YouTubeチャンネル
プロフィール
この記事を書いた人

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました