障害基礎年金と障害厚生年金の違いについて(金額が違う)

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

この記事では、障害年金体験談の深掘りをしていきます。

※この写真はイメージです。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • 障害基礎年金について知りたい方
  • 障害厚生年金について知りたい方
  • 「HCap」に興味のある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

障害基礎年金、障害厚生年金は障害者の方であれば受給できる可能性が高いです。申請をしてしっかり受給しましょう。支えになります。

本日は、前半では障害基礎年金について、後半では障害厚生年金についてお届けします。

以前、以下のようなツイートをしました。

「障害年金2級を受給しています。過去に働いていてしっかり年金を納めていたため、障害年金を月額10万円いただけています。もし過去に働いていなかったとしたら月額6万5千円しかもらえなかったんです。年金をしっかり納めていてよかったです。」

このツイートについて深掘りをしていきます。

スポンサーリンク

障害基礎年金について

まずは障害基礎年金についてみていきましょう。

月額6万5千円

障害基礎年金は働いていなかった方が障害者になった場合に受け取れる年金です。受け取れる年金額は月額6万5千円程度になります。これだけで生活をしていくのは難しいでしょう。

生活保護などと組み合わせる

障害基礎年金だけで一人暮らしをするなど生活が苦しい場合は生活保護を組み合わせると良いでしょう。生活保護であれば家賃も補助されるので一人暮らしも可能になります。

実家で暮らすには十分

実家がある方であれば障害基礎年金だけで生活ができる場合が多いです。両親がいて食事などを作ってもらえれば生活も楽でしょう。

障害基礎年金はあくまで基礎の部分なので金額は多くはないので生活をするには工夫が必要でしょう。

マネヒコ
マネヒコ

障害基礎年金だけで生活をするには工夫が必要なんですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。どうしても金額が多くないので何かと組み合わせたり工夫が必要です。

スポンサーリンク

障害厚生年金について

さてここからは後半戦で障害厚生年金についてみていきましょう。

給付額は納めていた年金によって違う

働いていた時に納めていた年金がいくらだったのかによって受給できる年金額が変わってきます。納めていた金額が多ければ多いほど受給できる年金は増えることになります。

私は10万円と少し

私が実際に受給している年金は障害基礎年金と障害厚生年金を合わせて月額およそ10万円となっています。

恵まれている方だとは思います。ただし年金だけで一人暮らしは難しいでしょう。

統合失調症と障害年金

統合失調症と診断されれば障害年金は受給できる可能性は高いですね。私も壮絶な病魔との戦いの後、障害年金を受給できました。

障害年金は生活の支えになっていて助かっています。

本日の行動プラン

さて本日の行動プランですが「障害年金の申請をしましょう」です。厚生年金が受給できない場合でも基礎年金がもらえれば生活の支えになります。障害者であればしっかり受給しておきましょう。

以上、障害基礎年金と障害厚生年金の違いについて(金額が違う)、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

深掘り
スポンサーリンク
edogonをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
edogon

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました