就労移行支援の職場実習の工賃は意外と高め!(生活が楽に)

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

この記事では、就労移行支援体験談を深掘りしていきます。

※この写真はイメージです。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • 就労移行支援の職場実習について知りたい方
  • 工賃がいくらくらいだったのかを知りたい方
  • 「HCap」に興味のある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

通っていた就労移行支援の職場実習の工賃の最大値は500円でした。これ以上は上がりませんでした。

本日は、前半では就労移行支援の職場実習について、後半で工賃が意外と高かったことについてお届けします。

以前、以下のようなツイートをしました。

「就労移行支援の職場実習では商品の仕分けのお仕事をしています。工賃も3万円近くもらえることもあります。障害年金に工賃をプラスすることができ、生活も少しだけ楽になりました。」

このツイートについて深掘りをしていきます。

スポンサーリンク

就労移行支援の職場実習

まずは就労移行支援の職場実習についてみていきましょう。

就労移行支援で6ヶ月

就労移行支援に6ヶ月ほど通っていると職場実習に行くことになります。(人によって差はあります。)もちろん職場実習を実施している施設に限定はされますが。

6ヶ月間、事務作業などを頑張っていれば、お声がかかり「職場実習はどうですか?」と言われます。そこで「はい」と返事をすれば職場実習がスタートします。

職場実習の簡単な内容

私の通っていた就労移行支援の職場実習は物を運ぶ作業でした。重かったですね。2Lのペットボトルが6本入ったケースを台車に乗せ、全員で300個くらい運んだりしていました。職場実習には6ヶ月ほど通っていましたが、腰を痛めなくて良かったです。

1日の作業時間は3時間くらいでした。だから午後の1時くらいには職場実習は終わっていました。

就労移行支援は辞めることに

当初は就職をするために就労移行支援に通っていましたが、結局統合失調症の症状が強く現れたため、「これはもう続けない方がいいな」と感じて、辞めることになりました。

後一歩で商品を投げそうになったため、すぐに判断して辞めて良かったです。

就職ができなくて残念ではありました。

今では個人事業主に

就労移行支援を辞めた後は自宅でのんびりしています。お仕事は自宅でやっています。個人事業主として開業し、ブログやYouTube活動をしています。

今はグループホームで生活をしているため孤立は避けられていますが、グループホームの退去後は一人暮らしになるため、誰とも会わず孤立しないか心配しています。

マネヒコ
マネヒコ

一人暮らしになった後は大変そうですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。しっかり家賃を支払っていけるのか心配です。また誰かと会う機会もないため孤立しないか心配ですね。

スポンサーリンク

工賃が高く生活が楽に

ここからは後半戦で就労移行支援の職場実習の工賃について触れてみたいと思います。

工賃は最初は時給100円だった

就労移行支援に通い始めた頃は研修中ということで、時給は100円でした。かなり低いですね。訓練という名目で働いているわけではないので仕方がないですけどね。

お金のことだけを考えるならコンビニでアルバイトをしていた方がよほど稼げます。

職場実習に行くようになり工賃が増えた

職場実習の最初は研修中ということで時給は250円でした。3ヶ月が経過すると研修中ではなくなり時給は500円にまで上がりました。時給が500円の時は職場実習の1ヶ月間の工賃の合計は3万円を超えました。3万円もいただければ生活がかなり楽になりましたね。

これが就労移行支援の職場実習の上限の時給になります。(私が通っていた就労移行支援の場合)

障害者雇用で働くのが目的だったので、働いた後は時給は最低賃金の1,000円になる予定でした。就職できなかったのでその夢は叶いませんでした。

就労移行支援に通うのか、アルバイトをするのかは自由に選択ができるので、自分のやりたい方を選べば良いでしょう。ただし周りのサポートをしてくれる方は就労移行支援や作業所を勧めてきます。

統合失調症と職場実習

統合失調症を患っていても就労移行支援の職場実習には通えていました。その代わり体調不良に陥り辞めることにはなりましたが。

無理は禁物で、少しおかしいなと感じたら早めにサポートしてくれている方達に相談をすると良いでしょう。

本日の行動プラン

さて本日の行動プランですが「職場実習で工賃をもらいましょう」です。就労移行支援の職場実習はお仕事をする前段階としては良いですね。実際にお仕事に行った時のための予行練習になります。

少ないですがいくらか工賃もいただけるので、頑張ってみるのも良いと思います。

マネヒコ
マネヒコ

工賃が少ない時は大変ですね。

エドゴン
エドゴン

工賃が100円の時は辛いですが、訓練だと思って、目標は就職をすることと割り切れれば大丈夫です。

今日のあとがき

本日は、就労移行支援の職場実習の工賃にフォーカスをしてみました。アルバイトの方がはるかに高い収入になりますが、障害者雇用で働くためには就労移行支援に通うことは選択肢としてはありですので、ご参考にしていただけると幸いです。

以上、就労移行支援の職場実習の工賃は意外と高め!(生活が楽に)、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

深掘り
スポンサーリンク
edogonをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
edogon

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました