書いた小説がベストセラー!AmazonのKindleランキングで1位を獲得!

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

この記事では、書いた小説のランキングについて触れてみたいと思います。

※この写真はイメージです。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • 書いた小説のランキングを知りたい方
  • 書いた小説の詳細を知りたい方
  • 「HCap」に興味のある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

小説「パチンコ依存症」がギャンブル部門で売り上げ1位を獲得しました。無料の本なので売り上げは0円です。

本日は、前半では書いた小説のランキングを、後半では書いた小説の詳細をお届けします。

スポンサーリンク

書いた小説がベストセラー!AmazonのKindleランキングで1位!

まずはランキングについてです。

書いた小説がベストセラーに!

小説を何冊か楽天koboとAmazon Kindleで出版しています。その中の一つがAmazon Kindleのランキングで1位を獲得しました。すごいですね!

完全に無料の本なので印税は0円です。無料だから売れやすいというのもありますね。

ランキング「ギャンブル」部門で1位に

今回1位を獲得したランキングはギャンブル部門でした。

この写真の上の方ですね。「1位ギャンブル(Kindleストア)」となっています。無料のギャンブルに関連する書籍の中で売り上げ1位ということですね。

「評論・文学研究」部門で119位、「小説・文芸」部門で134位でした。どれもこれもすごいですね。

1位はなかなか取れるものじゃない

私が出版している書籍の中で1位を獲得したのは上記の1冊だけですが、ランキング1,000位くらいの本であれば何冊かはあります。

でも1位のインパクトには敵いませんね。「ギャンブル」部門とはいえ1位とはすごいことですし、なかなか獲得できるものではありません。

マネヒコ
マネヒコ

AmazonのKindleランキングで1位獲得、おめでとうございます!

エドゴン
エドゴン

ありがとうございます。ランキング1位はなりたくてなれるものではないので嬉しいですね。

スポンサーリンク

ベストセラーの小説の詳細

ここからは後半戦で、今回ベストセラーになった小説をご紹介させていただきます。

ベストセラーになった小説

タイトルパチンコ依存症
サブタイトル男の断末魔
レーベル江戸さくら文庫
Kindle URLhttps://www.amazon.co.jp/dp/B09F5QHKKQ
ランキングギャンブル部門1位
価格無料

小説のタイトルは「パチンコ依存症」です。ベストセラーになりました。すごいですね。

↓本はこちらから!

ランキング1位の画面キャプチャー

記念にランキング1位の画面キャプチャーを残しておきました。

この画像の「#1」のところに「パチンコ依存症」が掲載されています。「#1」とは「1位」ということです。

ギャンブル部門で1位

本全体で1位を取るのは至難の技ですが、ギャンブル部門など狭いところで1位は比較的に取りやすいですね。おそらくライバルの数もそんなに多くはないため、少し運が良ければ1位になれたりします。

今回は「無料の本」の中でさらに「ギャンブル部門」という狭いランキングの中での1位でした。でも嬉しいです。ベストセラー作家になれたわけですからね。

統合失調症と小説

統合失調症を患っていても小説は書くことができます。病気のせいで頭が混乱したり、眠気に襲われたり、不利な状況にも陥るかも知れませんが、そんな時は休憩をして、症状が安定したらまた書けばいいです。無理だけは禁物ですね。

小説は急ぐことはないので自分のペースでゆったりと書いていけば良いです。

本日の行動プラン

さて本日の行動プランですが「小説を書きましょう」です。少しでも小説に興味があればぜひ書いてみることをおすすめします。

小説は書いていて楽しい気分になれたりするので、統合失調症に好影響がある場合があります。いつでもどこでも書けるので制約が少ないです。

マネヒコ
マネヒコ

統合失調症でも小説が書けるんですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。ただ症状が強い場合など、無理をして書かないようにしましょう。焦らずマイペースに進めていければ完成することもできます。狭い部門でのベストセラーも狙えます。

今日のあとがき

本日はベストセラー作家になれたご報告でした。まさか「パチンコ依存症」が1位になるとは思ってもいなかったため、嬉しい結果です。

以上、書いた小説がベストセラー!AmazonのKindleランキングで1位を獲得!、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

レビュー
スポンサーリンク
edogonをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
edogon

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました