【レビュー】映画館で鑑賞「鬼滅の刃 無限列車編」

5.0
スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

この記事では、先日映画館で観てきた映画「鬼滅の刃 無限列車編」のレビューをお届けします。

※この写真は、映画館に映画「鬼滅の刃 無限列車編」を観に行った時に飾られていたポップです。かっこいいですね。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • 映画「鬼滅の刃 無限列車編」のレビューを読みたい方
  • 「鬼滅の刃」が好きな方
  • 「HCap」に興味がある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

映画館で観た作品の中で、過去で一番泣いた作品になりました。

本日は、前半では映画の感想を(ネタバレなし)、後半では映画館で観るお勧めポイントをお伝えします。

スポンサーリンク

映画「鬼滅の刃 無限列車編」レビュー

映画「鬼滅の刃 無限列車編」を観てみて、とても面白かったので、レビュー記事にしてみました。

アニメ版を観てから映画館へ行こう!

私は鬼滅の刃のアニメ版をサブスクで鑑賞していたので、映画もより楽しめました。映画はアニメ版の続きのストーリーなので、アニメ版を観てから映画館に行くことをお勧めします。

サブスクで観れるのでわざわざDVDをレンタルする手間もなくで楽です。

年齢層はアニメにしては高め

映画館の座席に座ったときの感想ですが、年齢層は結構高めの印象でした。もちろん小学生などの子供もたくさんいましたが、20歳以上の成人した男女もたくさんいらっしゃいました。

ドラえもんやクレヨンしんちゃんを映画館で観たこともありますが、こちらは親子連れのお客さんがメインという感じですが、鬼滅の刃は少し違っていました。

過去で一番泣いた作品

映画を観ていて感情移入をしていき、かなり泣きました。2時間の映画の中で5〜6回は泣きました。何度もほほに涙が流れるわけです。

問答無用で過去で一番泣いた作品となりました。

ネタバレなしなので詳しく書くつもりはないですが、家族愛の場面で泣き、主人公「竈門炭治郎(かまどたんじろう)」の人間性で泣き、炭治郎の上司である煉獄杏寿郎 (れんごくちょうじゅろう)の過去で泣き、杏寿郎の生き方で泣き。

もう泣ける場面がてんこ盛りだったわけです。

人気なのもうなづける

人気があるには理由があったわけですね。みんなが観ているから観てみようではなく、面白かったという感想を聞き、自分も面白い作品に触れたいという思いから観てみたいという方が増えていったのではないでしょうか。

現代の拡散のスピードは計り知れないですね。興行収入ランキングで1位になることはもう間違いないでしょう。

主題歌はLiSAさんの「炎(ほむら)」

主題歌はLiSAさんの「炎」という曲です。オリコンチャートで何週にも渡って1位を取っている人気の楽曲です。映画を観て感動した後に流れた「炎」は心地よく、映画にマッチしているように感じられました。

各音楽番組に多数出演されているLiSAさんもかっこいいですよね。楽曲も良いので、次回の鬼滅の刃の作品にもまたLiSAさんが選ばれる可能性は高いですね。

単行本は読んでいない

私は単行本よりもアニメ派なので、単行本は読んでいません。だからアニメ、映画と続き、次回作を非常に楽しみにしています。単行本を読んでいないため鬼滅の刃のストーリーの先がわからないので、今後の展開がどうなるのか、ワクワクしています。

次回作がアニメの2期になるのか、それともまた映画になるのかは定かではありませんが、どちらでも良いと思っています。

単行本は最終巻が発売され、本屋さんにかなりの行列ができているとニュースでやっていました。鬼滅の刃の人気は計り知れないですね。単行本にアニメに、映画にグッズに、売り上げはすごいことになっていることでしょう。

アニメにしろ、本にしろ、映画にしろ、またブログやYouTubeでも、人気を出すことは容易ではないので、人気の作品を作れる人を尊敬します。かっこいいですね。

マネヒコ
マネヒコ

鬼滅の刃の人気がすごいことになっていますね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。良い作品がたくさん世の中に登場することは、非常に嬉しいことですね。私も良い作品にたくさん触れたいと思っています。

スポンサーリンク

映画館で観るお勧めポイント

せっかくの良い作品なので映画館で観ることをお勧めします。

割引を利用する

映画館によって割引の料金で観ることができます。毎月1日や、メンズデー、レディースデー、シニア割引など、割引価格でお得に観れます。私は障害者なので障害者割引の1,000円で観れました。

あとでDVDをレンタルするという手もありますが、せっかくの人気で面白い作品なのでぜひ映画館で観たいですね。

インターネットで座席予約

便利な世の中になりましたね。インターネットで座席の予約ができます。映画館に行ったにも関わらず、人気なため、希望する座席が取れないという心配が解消できます。

私は映画館で映画を観るときは最後列と決めています。落ち着くんですね。自分の希望する列があるのであれば、インターネットで座席の予約をするようにしましょう。

一人でも全然OK

一緒に観に行く人がいないという場合でも大丈夫です。一人のお客さんもたくさんいらっしゃいました。女性の方が一人でポップコーンを食べながら観ていたり、全然一人でも心配ありません。

まあ私も気楽なので一人で観に行きましたが、もう慣れています。

マネヒコ
マネヒコ

映画館で観るのがやはり一番良いですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。特に映画が好きな方にはぜひチェックしていただきたい作品になりますね。

今日のあとがき

本日は、映画「鬼滅の刃 無限列車編」のレビュー記事をお届けしました。とても面白かった作品なので、ぜひ観てみてください。次回作が楽しみですね。

以上、【レビュー】映画館で鑑賞「鬼滅の刃 無限列車編」、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

レビュー
スポンサーリンク
edogonをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
edogon

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、グループホームに入居。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!挑戦→就労訓練、筋トレ、自炊、写真、海外旅行、英会話(英検5級合格)、楽器(キーボード)、ダンス。ハマり中→鬼滅の刃、ダイの大冒険、乃木坂46、将棋。

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました