就労移行支援の工賃もなくなり障害年金のみで生活をしていくことに

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

この記事では、就労移行支援を辞めて収入が障害年金のみになったことについてお話しします。

※この写真はイメージです。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • 就労移行支援を辞めた理由を知りたい方
  • 障害年金のみの収入になり生活をしていけるのかを知りたい方
  • 「HCap」に興味のある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

就労移行支援の工賃30,000円がいただけなくなったのはきついですが、なんとか障害年金のみで生活はしていけそうです。

本日は、前半では就労移行支援を辞めた理由を、後半では障害年金のみで生活をしていけるのかをお伝えします。

スポンサーリンク

就労移行支援を辞めた理由

まずは就労移行支援を辞めた理由からお話しします。

1年と3ヶ月程度通った

精神病院を3年で退院してしばらくした後に就労移行支援に通い始めました。作業をこなし、週に5日間通っていました。工賃も少しいただけていたので生活も少し楽でした。

1年3ヶ月が経った頃、体調が悪くなり、就労移行支援を休みました。その休みは3ヶ月間という長期になり、結局1年6ヶ月が経った頃に就労移行支援を辞めることになったのです。

体調不良はどんなものだったのか?

体調が悪くなりました。しばらく前から職場実習中に誰かに見られている感じや、嫌がらせをされている感じを受けていました。

そんな症状を感じながらしばらく通えていましたが、突然、職場実習で扱っている商品を壊したいという衝動に駆られたのです。ここまで症状が悪化するともう通えないなと判断しました。

通院し、主治医からは就労移行支援を1ヶ月間休んだらどうかというアドバイスをいただき、1ヶ月間休みましたが症状が回復しなかったためそのままズルズルと3ヶ月間休むことになったのです。

そしてずっと休んでいても仕方がないので就労移行支援を辞めることになりました。

就職はできなかった

就労移行支援に通い始めた理由は就職をするためでした。1年以上通いましたが、その願いは叶わず辞めることになり残念でした。

そして就労移行支援を辞めてもうすぐで2ヶ月といったところです。現在のところ就職がしたいとは思っていなくて、体調不良も続いているのでしばらくは休養をしています。

東豪くん
東豪くん

就職ができなくて残念でしたね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。体調不良も原因ですが、障害者雇用では簡単な単純作業のお仕事が多く、働いてもスキルが身につかないかなと思ったのも、就職をしなかった理由の一つでした。

スポンサーリンク

障害年金のみで生活をしていくことに

ここからは後半戦で障害年金のみで生活ができるのかを考えてみました。

就労移行支援の工賃

就労移行支援では工賃が少ないですがもらえていました。時給で最初は100円から、徐々に上がっていき、職場実習まで行くと500円を超えました。

最初の頃は工賃は5,000円〜10,000円程度でしたが職場実習では30,000円を超えることもありました。その30,000円をもらえている時期に体調不良に陥り休んでしまいました。30,000円がいただけなくなるのは金銭的にきつかったですね。

障害年金のみで生活

障害年金はおよそ10万円いただけています。あとは自己責任ですが過去に借金をしていてその支払いが26,000円あります。残りの74,000円で生活をしなければいけません。

たったの74,000円で生活ができるのかですが、現在はグループホームに住んでいて家賃が無料なので生活は比較的に楽です。

グループホームを卒業したあとは家賃の安い地域で生活をする予定で家賃は2万円台を狙っています。2万円台なら74,000円でも生活をしていけそうです。

働く予定は現時点ではなし

働く予定は今のところはないですね。働ければ美味しいものが食べれたり旅行にもいけそうですが、それよりも時間的な自由の方が大事だと感じました。お金のために時間を売って働くのは嫌だなと感じています。また統合失調症による体調不良も働かない原因の一つです。

ブログやYouTube活動をこれからもしていき、働かずに楽しく事業活動をしていきます。

就労移行支援と統合失調症

統合失調症でも就労移行支援には通うことができるのでしょう。私は1年以上も通えました。だから就職まで目指してみるのもありです。

私は運が悪く体調不良になり途中でリタイアしましたが、チャレンジしてみても良いのかなとは思っています。

本日の行動プラン

さて本日の行動プランですが「就労移行支援に通ってみよう」です。就職をしてその後も定着支援を行ってくれるので、長く働きたい方にはおすすめの方法です。

東豪くん
東豪くん

働かないのもいいのではないでしょうか。

エドゴン
エドゴン

そうですね。美味しいものや旅行は事業活動が軌道に乗ってからでもいいですね。ゆっくりまったりと病気の療養をしながら生活をしていきます。


職場定着率93%!統合失調症専門の就労移行支援【リドアーズ】


職場定着率90%!うつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】

今日のあとがき

本日は、就労移行支援の工賃がいただけなくなったことについてお送りしました。でも障害年金だけでもなんとか生活はしていけそうだなと実感しています。

以上、就労移行支援の工賃もなくなり障害年金のみで生活をしていくことに、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

障害
スポンサーリンク
edogonをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
edogon

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました