体調不良が続いたので精神病院への入院をすすめられた

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

この記事では、精神病院への入院をすすめられたことについてお話しします。

※この写真はイメージです。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • 体調不良が続いたことについて知りたい方
  • 精神病院への入院をすすめられたことについて知りたい方
  • 「HCap」に興味のある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

地域支援の担当者の方に精神病院への入院をすすめられましたが、お断りをしました。入院生活は自由がなく不便すぎるからです。

本日は、前半では今回の体調不良について、後半では精神病院への入院をすすめられたことについてお話しします。

スポンサーリンク

体調不良が続いた

一番の体調不良はものを投げそうになったことです。

就労移行支援の休職

1年半近く通った就労以降支援ですが、順調に通えてはいましたが、少しづつ体調が悪くなっていき、就労移行支援に通えなくなりました。

主治医の意見も後押しして、休職をすることになりました。結局休職期間は2ヶ月になり、最終的には就労移行支援を辞めることになりました。

就職をすることを目標に就労移行支援に通っていましたが、就職ができないまま辞めることになり少し残念でした。起業したいという他にやりたいことが見つかったのも辞めた理由の一つです。

ものを投げそうになった

就労移行支援では商品の仕分け作業をしていました。簡単に説明をすると、ものを運ぶ作業です。単純労働ですね。

体調不良が続き、体調が悪い中、なんとか作業をしていました。そんなある日、作業中に突然イライラの感情が爆発してきました。カッチーンと怒りが込み上げてきました。

そして運んでいる商品を投げつけそうになったのです。なんとか思いとどまり、何事もなかったかのように装って、周りにバレないように冷静を保ちました。

ものを投げそうになったことは、おそらくもう体調が限界だったんだと思います。翌日から就労移行支援を休むことになりました。

あと1日通っていたら

休むという判断は正しかったと思います。ものを投げつけそうになって、翌日ももし通っていたら、本当にものを投げていたかもしれません。

私の体調はギリギリだったようです。周りにこのことをお話ししたら、「ものを投げそうになるくらいまで我慢はしないほうがいい。もっと早く相談を」と言われました。

確かに体調不良には気づいていましたが、誰にも相談をせず長い期間自分一人で我慢をしていました。これは反省をしなければいけないですね。もっと就労移行支援のスタッフさんやグループホームの世話人さんに相談をしておけば良かったと思います。

東豪くん
東豪くん

ものを投げなくて済んで良かったですね。

エドゴン
エドゴン

ギリギリでした。あともう少しでものを投げていました。危なかったです。休職2ヶ月の末、就労移行支援は辞めることになりましたが、それで良かったんだと思います。

スポンサーリンク

精神病院への入院をすすめられた

担当の地域支援の方に入院をすすめられました。

体調不良のため入院をすすめられた

上記で挙げたような体調不良があって、就労移行支援も辞めることになったのですが、担当の地域支援の方に精神病院への入院をしてもいいかもとすすめられました

体調がそんなに悪いのなら、入院をすることで回復できるというのです。以前の入院と同じように、退院時にはスッキリして回復できるようです。

お断りをしました

さすがに精神病院への入院は断りました。回復できるのはいいのですが、自由のない生活はつまらなすぎます。パソコンやスマホも自由に使えなくなる可能性があります。パソコンやスマホが自由に使えなくなったら起業活動どころではなくなってしまいますね。やはり自分のお部屋で起業活動はしたいです。

また、入院をすると自炊もできなくなり、決められた病院食しか食べられなくなってしまいます。食事は自分の好きなものを食べたいですね。

また入院にはお金がかかります。入院費、食事代、また洗濯代などです。グループホームでの節約生活にも慣れてきたので、入院費は払いたくないですね。多分4万円位はするのではないでしょうか。高すぎます。

上記のような説明は特にはしませんでしたが「ちょっと入院は嫌ですね」と言ったら「わかりました」と納得されたご様子でした。

グループホーム退去まで1年半

あとグループホームに住んでいられる期間は1年半くらいです。この期間中は起業活動をしていたいのですが、おそらくまた「日中活動をしましょう」とすすめられると思います。

体調がすぐれないので、とりあえずは保留にはできると思います。

統合失調症と日中活動

統合失調症にかかると体調不良を感じることが多くなります。体調不良を感じたら無理をして日中活動を続けるのではなく時には休むことも大切です。

しっかり休んで回復をしたらまた復帰すればいいですね。どうしても回復ができない場合は、辞める勇気も必要です。

本日の行動プラン

さて本日の行動プランですが「体調不良が続いたら無理をして日中活動を続けるのではなく辞めましょう」です。辞めることも視野に入れれば、心の負担をグッと減らすことができます。

無理をする必要はありません。

東豪くん
東豪くん

入院は大変ですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。すすめられた理由は体調不良ですが、入院をしなくても回復できればそれに越したことはありません。特に暴れたりしたわけではないので強制的な入院はないですが、自発的な入院はしたいとも思いません。断りました。

今日のあとがき

本日は精神病院への入院をすすめられたことについてお話ししました。入院生活を3年間も経験したので、入院を再びしたいとも思いませんね。不自由すぎます。

以上、体調不良が続いたので精神病院への入院をすすめられた、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

精神病院
スポンサーリンク
edogonをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
edogon

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

  1. なまえがなし☆こ より:

    私も入院したいけどスマホとパソコンが使えなくなるのが金銭問題と直結するので我慢してます。使える部屋はあるのですがやっぱり高いですね。もっと普通にパソコンとスマホを使える部屋を提供して欲しいです。

    • edogonedogon より:

      はじめまして。コメントありがとうございます。
      入院をしてもパソコンやスマホは自由に使いたいですよね。融通の利く病院があればいいのですが。

タイトルとURLをコピーしました