精神病院に入院!周りの患者さん7人はこんな感じの人たちだ

この記事は約6分で読めます。

この記事では、精神病院にいる患者さんをご紹介しています。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

・精神病院に入院予定、または入院中の方の方
・精神病院にはどのような患者さんがいるか知りたい方
・「HCap」に興味がある方

スポンサーリンク

現在の私の入院状況は?

本日は、現在入院をしている精神病院の患者さんたちについて。
いろいろな患者さんがいます。

私が精神病院に入院をしたのが2016年12月でしたので、入院をしてから2年9ヶ月が経ちました。
とても長い入院生活となりました。

最近になって、ようやく退院の話が進み始めました。
ここまでとても長かったです。

そんな長い入院生活ですので、周りの患者さんたちとも触れ合い、楽しく入院生活を送っています。
たまには酷いことをされたりもしましたが。

これからご紹介していこうと思います。

★これが聞きたい★

あなた : 入院生活は長いですね。

わたし : まさか2年9ヶ月もの間、入院をするとは思ってもいませんでした。でもそんな長い入院生活に耐えられているのは、周りの患者さんたちと、スマホのお陰です。

1人目.付き合いは2年半、同じ病室のおじいちゃんWさん

精神病院の3階のとある一室。
4人部屋。
いろいろな患者さんが2年半の間に入れ替わりました。

同じ病室のおじいちゃんのWさん。
私がこの部屋に移動してきたときには、Wさんはすでに部屋にいました。

患者さんの中で一番長い付き合いのWさんです。
気さくな方で、病室ではたまにおしゃべりもします。
挨拶や日常のこと、外出では何を食べてきたのかとか。
おしゃべりは気分転換になっていいですね。

病棟のレクリエーションで、動物園を一緒に周って歩いてみたり。
八王子祭りに3人で出かけたり。
たまにやる麻雀のメンバーでもあります。
外出のときに2人で映画館に行き、ドラえもんの映画を見たりもしました。

お菓子もくれる方で、たまにちょこちょことくれます。
小腹が空いているときなんかは、それで助かったりもします。
レシートもくれる方で、レシート買取アプリで買い取ってもらっています。

Wさんは退院の話がなかなか進まず、私よりも退院は後になりそうです。
だから私が退院するまでは、Wさんとはずっと同じ病室かなと思います。

精神病院は、入院期間も長くなる傾向にあります。
だからこういった話し相手は作っておいた方がいいですね。

★これが聞きたい★

あなた : Wさんとは仲が良いのですね?

わたし : そうですね。Wさんは誰とでも仲良くなれるタイプの方です。気さくおじいちゃんです。いろいろなところに遊びに行けて良い思い出になりました。

2人目.またまた気さくなおじいちゃんAさん

次も気さくなおじいちゃんのAさん。
同じ病室になって3ヶ月くらいが経ちました。

先ほどのWさんとこのAさんと私の3人でよくお話もしています。
気分転換にちょうどいいですね。
このAさんも麻雀メンバーです。

3人で八王子祭りにも行き、回転寿司を食べてきました。
回転寿司のお支払いは、3人とも同じ金額という奇跡が起きました。
またお祭りですので、カキ氷も食べましたね。

Aさんもお菓子をよくくれる方で、毎週のようにもらっています。
一度体調を崩し、観察室→閉鎖病棟に行きましたが、無事に戻ってこれました。
良かった。
閉鎖病棟から戻ってきてからの3ヶ月間は体調も安定されているご様子です。

★これが聞きたい★

あなた : Aさんも気さくなおじいちゃんなんですね?

わたし : 同じ病室に気さくなおじいちゃんが2人もいて楽しいですね。この方も退院の話はないみたいで、私が退院するまでは、この方たちと同じ病室のままとなりそうです。

3人目.体調がなかなか安定しない私よりも若いMさん

Mさんとは隣の部屋で、たまにお話もしています。
以前は同じ病室でしたが、体調を崩し閉鎖病棟送りになり、無事に戻ってきましたが、同じ病室にはなりませんでした。

その後もなかなか体調がすぐれず、今度は脱走を2回もしました。
病院から脱走をすると、看護師さんたちが探しますが、場合によっては警察に言うらしいです。

Mさんは脱走をしたとき、実家に帰ったり街中をふらついていたりしたようです。
なんとか病院に戻ってこれました。

このようなことが続いたので、せっかく進んでいた退院の話はなくなりました。
現在は体調の回復を待っているようです。
体調さえ良ければ、とっくに退院できていました。

Mさんも麻雀メンバー。
たまに一緒に麻雀をしたりします。

★これが聞きたい★

あなた : やはり体調を崩される患者さんも多いですね。

わたし : 精神病院なので仕方がないですね。私はなんとか体調を崩さずここまで来れたといった感じです。せっかく退院の話が進み始めたので、体調を崩さずこのまま進んで行きたいです。

4〜5人目.農耕メンバーの明るい女性2人

次にご紹介するのは農耕メンバーの女性2人。
Tさんと、Hさんです。
もう2人ともとにかく明るいです。

農耕は1日1時間ですが、おしゃべり好きな2人で、ずっとしゃべっています。
でも農耕の時間が明るい2人のお陰で楽しくなっています。

良く私にも話しかけてくれたりもします。
2人とも優しいですね。

Hさんはもうどこが病気なのかわからないくらいしっかりしています。
挨拶に気遣いだったり、パーフェクトですね。
そんな方でも入院してくるんですね。
怖い病気です。

この明るい女性2人は、無事に退院していかれました。
農耕の時間がおしゃべりの空間から、シーンとした空間になってしまいました。
農耕メンバーは多い時で10人ほどいましたが、現在は5人ほどです。

★これが聞きたい★

あなた : 農耕の時間がシーンとなってしまったんですね。

わたし : この明るい女性2人に助けられていましたね。農耕の時間は楽しかったのですが、無事に退院していかれて、嬉しいやら寂しいやらです。

6〜7人目.精神病院には、犯罪をする方もいたり

精神病院なので、犯罪もあります。
ただ、あまりにも酷い状況でなければ、警察が来ることはなく、閉鎖病棟送りになるくらいで済みます。

6人目は壁を破壊する方。
若く20歳くらいの方なのですが、どこか病気のようで、時々キレています。
キレて壁を破壊するのです。

キレたときの対策をみんなで考えたときもありましたが、実践できず、その後も壁を壊す行為が直らず閉鎖病棟送りになりました。

7人目は人の物を盗む方。
私もそのターゲットになり、何度も盗まれました。

お菓子に、シャツに、電池に、とにかくいろいろ。
しかも一度だけではなく5回くらいやられました。

物が盗まれると、せっかくの節約生活が無駄になってしまいます。
節約を頑張っているのに、盗まれた物を買い直さなければいけないのです。

ただ運が良く、盗まれた物はほとんど戻ってきました。
被害額は200円程度でした。
この方は閉鎖病棟送りになりました。

精神病院に入院される方やされている方は、犯罪にも注意するようにしましょう。

★これが聞きたい★

あなた : 犯罪もやはり起こるんですね?

わたし : ほとんどの患者さんは犯罪はしません。中には犯罪をする患者さんもいるということです。入院をしてしまったら犯罪に巻き込まれる可能性もあるということですね。

「精神病院」記事一覧
カテゴリー「精神病院」に属する記事を画像と共に一覧形式で表示します。他の精神病院関連記事にはどのようなものがあるのか、一目で確認できます。精神病院に入院中に体験した嫌なこと、楽しかったことなどを記事に書いています。

今日のあとがき

本日は、私が入院をしている精神病院の患者さんたちのご紹介でした。
いかがでしたか?

気さくな方も多く、入院生活が楽しくもなります。
また、犯罪に巻き込まれる可能性もあります。

入院を悩まれている方はこのようなことも考慮して、入院をするかどうか決めていきましょう。

以上、精神病院に入院!周りの患者さん7人はこんな感じの人たちだ、という話題でした。

他の記事も読んでみませんか?

コメントいただけると嬉しいです。

精神病院
スポンサーリンク
edogonをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
edogon

HCap(エイチキャップ)を運営しているedogonと申します。
節約貯金術を公開!また障害を持っていて、収入は少ないです。成長の様子を見守っていただけると嬉しいです。

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました