貯金額が200万円を突破!毎月コツコツと(借金額も公開)

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

この記事では、私の現在の貯金額、借金額をご紹介します。

※この写真はイメージです。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • コツコツと貯金をする方法を知りたい方
  • 私の現在の貯金額を知りたい方
  • 私の現在の借金額を知りたい方
  • 「HCap」に興味のある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

貯金額は200万円を突破、借金額は300万円越えです。

本日は、前半ではコツコツと貯金をする方法をご紹介して、後半では私の現在の貯金額、借金額を公開します。

スポンサーリンク

コツコツと毎月貯金をする方法

コツコツと毎月貯金をする方法はいたってシンプルです。

コツコツと貯金をする方法は「節約」をすること

毎月貯金を増やしていく方法は節約をすることです。収入の範囲内で生活をすれば貯金額は増えていきます。とてもシンプルですね。収入が少なければ少ないなりの生活をすれば良いわけです。

私は統合失調症を患っており、障害年金が収入のほとんどを占めています。障害年金の金額も新卒の会社員の半分くらいでしょう。それしか収入がないので仕方がないです。節約をして、その少ない収入の範囲内で生活をすると、少しづつではありますが、貯金も増えていきます。

無駄遣いをなくす

節約をするには無駄遣いをなくすことが重要です。不要なものを買わず、必要なものだけを買っていけばいいので、そこまで難しくありません。

ただ、精神的に追い込まれている方や怠け癖のある方は要注意で、ストレスや気分によって、贅沢をしてしまったり、ギャンブルにのめり込んでしまったり、散財をしてしまいがちになります。高級品の購入、キャバクラ、パチンコなどですね。

このような方々はまずはストレスを減らし、衝動を抑えるところから始める必要があるでしょう。少し時間がかかるかもしれません。

また精神的に安定している方であれば、節約を上手に実践して貯金を増やしていくことも容易になると思います。

家計簿をつける

無駄遣いをどれくらいしているかわからない方には家計簿をつけることをおすすめします。私はマネーフォワードMeというアプリを使って家計簿を管理しています。

どれだけ無駄なものにお金を使ったのかが一目瞭然にわかるので、重宝しています。家計簿をつければ、無駄遣いも減らすことができて、節約のモチベーションも上げることができます。家計簿を習慣にするのは難しいかもしれませんが、ぜひ挑戦してみてください。

上級テクニック

節約をする方法には上級テクニックがあります。私のように家計簿を公開してしまうことです。家計簿を公開したら不特定多数の人に見られます。だから無駄遣いをしていては恥ずかしいですよね。しっかりしなきゃと思えるわけです。

この上級テクニックを駆使して、障害年金の収入の中からここまで貯金額を増やすことができたわけです。

マネヒコ
マネヒコ

家計簿の公開はなかなかやっている人は少ないと思います。

エドゴン
エドゴン

ですよね。家計簿を公開するには勇気がいります。最初は恥ずかしいかもしれません。私はもう慣れてしまいました。家計簿を公開することで気合いが入るのであれば、公開する意味がありますね。公開も一回だけではなく継続していくことが重要です。

スポンサーリンク

貯金額、借金額を公開

ここからは後半戦で貯金額と借金額を公開します。

貯金額の公開

2021年2月15日現在の貯金額ですが、ついに大台の200万円を突破しました。とてもめでたいですね。2月15日に障害年金が入金されたため200万円をギリギリ突破しました。この200万円には生活費も含まれています。ですので生活をして行く必要があるため当然ですが、すぐに200万円は下回ると思います。

精神病院に入院をした時は貯金なんてほとんどありませんでした。借金まみれでした。ですがコツコツと頑張ったおかげで、3年間の入院生活、グループホーム生活1年で200万円を貯めることに成功したというわけです。

もしコツコツと頑張っていなかったら・・・100万円どころか30万円すら貯めることはできなかったでしょう。

このブログ「HCap(ハンディキャップ)」で家計簿や貯金額を公開し、モチベーションが上がったことも要因の一つですね。とても感謝をしています。なんとなく始めたブログでしたが、これほどまでに私にメリットがあるとは思ってもいませんでした。

借金額の公開

次は借金額です。精神病院に入院する前は散財をし放題でした。食べたいものを好きな時に食べ、運動はせず少しぽっちゃり体型。近所に行く時も歩かず車に乗っていました。障害年金しか収入がなかったためお金が足りなくなり、借金をしまくりました。こんな感じでとにかく怠惰な生活を送っていました。

借金額は合計で300万円を超えてしまいました。貯金額200万円よりも多いため、合算するとマイナスですね。この300万円には学生の時に借りていた奨学金も含まれています。

まずは貯金額が借金額を超えたいです。どれだけ時間がかかるかわかりませんが、まずはそこを目指したいと思います。就職がいつできるかにも左右されますね。

毎月の借金の返済額は26,000円です。少ない収入の中から返済を行なっているため、かなり生活はきついです。家計簿記事を見てもらえばわかります。しかしそんな逆境の中、貯金を200万円も貯められた自分を褒めてあげたいです。よく頑張った!!

節約と貯金はこれからも頑張ります!!

最後に統合失調症の影響

貯金と統合失調症の関係ですが、特に統合失調症だから貯金ができないということはないです。確かに精神疾患を患っている方には生活保護の患者さんがかなり多いですが、私は貯金ができています。幻聴も聞こえますが、「お金を使え」と命令をされることはありません。

ということで統合失調症だからお金を貯められないということはないです。無関係ですね。

マネヒコ
マネヒコ

貯金額200万円を達成されてすごいと思います。

エドゴン
エドゴン

ありがとうございます。頑張りました。借金の返済をしながらの貯金だったため、きつかったです。将来の婚約者のため、生まれてくる子供のため、少しでも貯金をしておきたいです。相手はまだいませんが・・・あとは自分のためでもあります。

今日のあとがき

本日は貯金額と借金額を公開しました。もし自分の意識が怠惰なままだったとしたらと思うと恐ろしいですね。ブログとの出会いは私の人生を変えました。ありがとう「HCap」。と言いたいです。

以上、貯金額が200万円を突破!毎月コツコツと(借金額も公開)、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

貯金術
スポンサーリンク
edogonをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
edogon

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給し、就労移行支援で工賃をもらっています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについて体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信をしています。

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました