精神病院への入院形態には自分の意思で入院をする場合と強制入院があります

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

この記事では、精神病院体験談の深掘りをしていきます。

※この写真はイメージです。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • 精神病院に自らの意思で入院することとは何かについて知りたい方
  • 精神病院への強制入院とは何かについて知りたい方
  • 「HCap」に興味のある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

精神病院には自分の意思で入院をする任意入院と、強制入院である医療保護入院があります。できれば自分の意思で入院をして病気からの回復ができれば一番良いですね。

本日は、前半では精神病院に自らの意思で入院することとは何かについて、後半では精神病院への強制入院とは何かについてお送りします。

以前、以下のようなツイートをしました。

「私は精神病院に強制入院でしたが、自らの意思で入院されてきた患者さんもいらっしゃいました。症状がきつくて社会生活ができないと思ったら、一時的に病院を利用するのもありです。自らの意思で入院をした場合、退院も容易にできるでしょう。」

このツイートについて深掘りをしていきます。

スポンサーリンク

精神病院に自らの意思で入院することとは何かについて

さてまずは精神病院に自らの意思で入院することとは何かについてみていきましょう。

任意で入院してきた人がいた

私が入院をしていた精神病院の同じ病室に自らの意思で入院をしてきた患者さんがいました。「自分から入院した」と言っていました。自分から入院をしたいという人もいるんだとびっくりしましたね。

私には自分からの入院は考えられません。自由も制限されますし、今までのシャバでの生活も中断となってしまうからです。なぜ自分の意思で入院をしてきたのか不思議でしたね。

体調の悪さ

自分の意思で入院をする理由として体調の悪さがあります。強制入院とまではいかないけれど、体調の悪さが生活に支障が出る場合ですね。そういう場合は、入院をして体調を回復させ、退院をするという利用方法もあるというわけです。

任意入院の場合は、ある程度自由に退院が出来ますから、体調が良くなってきたタイミングで退院をすれば良いということになります。統合失調症の被害妄想などで暴れそうになったら自分の意思で入院をすることで大惨事を避けられます。

マネヒコ
マネヒコ

自分から入院をすることで大惨事を避けられるんですね。

エドゴン
エドゴン

そういうことです。私は体調が悪くても自分の意思で入院はしたくないと思っていました。しかし強制入院となる前に自分から入院をすれば良かったようですね。

スポンサーリンク

精神病院への強制入院とは何かについて

さてここからは後半戦で精神病院への強制入院とは何かについてみていきましょう。

強制入院を3回

私は精神病院への強制入院を3回経験しました。入院期間は3ヶ月、2ヶ月半、3年でした。長かったですね。統合失調症が重度となり被害妄想に取り憑かれパニックになったためです。不思議な世界でした。

家族が「診察を受けに行こう」と言ってきました。家族はいつもはそんなことは言わないので不思議な気持ちで診察を受けに行ったらそのまま入院となりました。屈強な看護師が3人ほど待機していました。これが強制入院かと思いましたね。

家族が迷惑していた

結局、家族が私の大声や、床をドーンと叩く行為に迷惑をしていたようです。それで医師に相談をしていたようですね。家族の同意があれば本人の同意がなくても入院をさせることができるのが医療保護入院です。

入院後は、家族が定期的にお見舞いに来てくれてお菓子やペットボトルを持ってきてくれていましたね。精神病院にはもう入院はしたくないです。症状が安定すれば良いのですが、まだまだ症状は残っています。

統合失調症と強制入院

統合失調症の方は強制入院をする可能性も高くなる傾向にあるのでお薬を忘れずに毎日飲みましょう。感情のままにパニックになると強制入院となるので注意が必要です。

普段の生活も規則正しくして、できれば運動も取り入れると症状も安定しやすくなります。食事も栄養のバランスの良いものを食べましょう。そして睡眠は十分に取りましょう。私は毎日8時間30分も眠っています。

本日の行動プラン

さて本日の行動プランですが「お薬を飲みましょう」です。やはり一番重要なのがお薬を飲むことです。私は医師に統合失調症と診断をされても受け入れず「自分は病気ではない」と思い込み、お薬は飲みませんでした。そのため3回も入院をすることになったんですね。

マネヒコ
マネヒコ

入院はきつかったですね。

エドゴン
エドゴン

はい。まずは自分の病気を受け入れることが重要です。治療を前向きに捉えられると良いですね。

今日のあとがき

本日は精神病院への入院についてみてきました。任意入院や医療保護入院がありできれば自分の意思で入院をして回復できれば一番良いですね。

以上、精神病院への入院形態には自分の意思で入院をする場合と強制入院があります、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

深掘り
スポンサーリンク
edogonをフォローする
「HCap」公式YouTubeチャンネル
プロフィール
この記事を書いた人

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました