小説を70作品書いてみて なかなか売れませんが書くことは楽しい!

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

この記事では、小説を70作品書いてきたことについてお届けします。

※この写真はイメージです。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • 小説を70作品書いたことについて知りたい方
  • なかなか売れないことについて知りたい方
  • 「HCap」に興味のある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

小説を70作品も書いてきました。1日10冊売れる日もあるくらいですね。まだまだこれからなので続けていきたいです。

本日は、前半では小説を70作品書いたことについて、後半ではなかなか売れないことについてお届けします。

スポンサーリンク

小説を70作品書いてみて

さてまずは小説を70作品書いてみたことについてみていきましょう。

毎日少しづつ

小説は用事がなければ毎日書いています。よく70作品も書けたなといった感じですね。1日10分〜くらいの作業量です。少ないですが、続けるコツは少しづつ続けることですね。

小説の内容

内容は、私が患っている統合失調症について、またゲームの世界や、昔話、ヒューマンドラマなどなどですね。

また人工知能のお話し「AI屋台シリーズ」も書いています。

どれも5分程度で読み終えることができるので時間がない方でも簡単に読むことができますね。

書くことは楽しい

自分の思っている世界をそのまま物語にできるので小説を書くことは楽しいですね。思うがままです。自由で良いですね。

マネヒコ
マネヒコ

70作品もすごいですね。

エドゴン
エドゴン

ありがとうございます。小説はたくさん書いてきました。まだまだ書いていきたいと思いますね。5分で簡単にサクッと読めるのが特徴です。

スポンサーリンク

なかなか売れないことについて

さてここからは後半戦で小説はなかなか売れないことについて触れていきましょう。

販売先

書いた小説ですが以下のような場所で販売をしています。

  • 小説家になろう
  • Kindle
  • 楽天kobo
  • ブログ

以上の4ヶ所ですね。全て無料で公開しています。

なかなか売れない

70作品も書いてきたわけですが、なかなか売れません。1日10冊売れる日がたまにあるくらいです。10冊も売れれば嬉しいですけどね。

無料なのでどれだけ売れても収益はありません。無料にしててもなかなか売れないので、売り上げを増やすことは難しいですね。

統合失調症と小説

統合失調症などの精神疾患を抱えている場合でも小説を書くことは可能です。小説を書くことを趣味にできればなおさら良いと思います。

自分の好きなように物語を作れるので小説を書くことは面白いですね。ぜひ趣味の参考にしてください。

本日の行動プラン

さて本日の行動プランですが「小説を書きましょう」です。向いている人にはおすすめの趣味ですね。実際にやってみて向き不向きを実感するのが良いでしょう。

マネヒコ
マネヒコ

1日10冊も売れるのはすごいと思います。

エドゴン
エドゴン

たまに10冊売れる日があるくらいですが確かに嬉しいですね。自分の小説を誰かに読んでいただけているのがすごいことです。一昔前までなら大金を払って紙の本でしか売れませんでしたからね。

今日のあとがき

本日は私が書いている小説について触れてみました。70作品も書くことができて良かったです。これからも小説は書いていきたいですね。

以上、小説を70作品書いてみて なかなか売れませんが書くことは楽しい!、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

レビュー
スポンサーリンク
edogonをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました