統合失調症なんでもランキング

スポンサーリンク
この記事は約29分で読めます。

※写真はイメージです。

私のツイッターでつぶやいている統合失調症ランキングに関するツイートだけを集めて、まとめてみました。

日々更新していきます。お楽しみに!!

スポンサーリンク

統合失調症なんでもランキング

(1)本日より統合失調症に関連するランキングを発表していきます。ランキングには私の独自の主観が入っています。なんでもランキングですので、症状であったり、精神病院、グループホームなどについてのランキングになります。

(2)●統合失調症きつい症状ランキング

1位:イライラの増幅
2位:被害妄想
3位:幻聴

1位はイライラの増幅でした。イライラしてきて床を蹴飛ばしたりすることがあります。場合によっては物が壊れたりして、被害が出てしまいかねません。

(3)●自分に合っている統合失調症のお薬ランキング

1位:ジプレキサ(オランザピン)
2位:リスペリドン
3位:なし

やはり1位はジプレキサですね。もう4年間も飲んでいます。自分に合っているお薬は2つしかありませんでした。

(4)●障害者への金銭的支援ランキング

1位:障害年金
2位:障害者手帳
3位:自立支援医療

やはり1位は障害年金ですね。障害者は障害年金が受け取れます。また電車やバスが無料になったりする障害者手帳もありがたいですね。

(5)●閉鎖病棟きついことランキング

1位:出られない
2位:することがない
3位:いつも同じ

簡単に言うと自由がないということです。外出ができず、ずっと病棟で過ごしていました。やることがなく暇で、いつも同じことの繰り返しでした。

(6)●障害年金で購入した高価なものランキング

1位:シェーバー
2位:YouTube撮影用機材
3位:モバイルバッテリー

入院中にシェーバーが壊れたので買い換えました。3万円近くしました。撮影用機材も8千円ほどで、基本贅沢はしていません。

(7)●病院食のカレーランキング

1位:ビーフカレー
2位:ポークカレー
3位:夏野菜カレー

1位は堂々のビーフカレーですね。僅差でポークカレーが続きました。病院食の中でもカレーはとても美味しかったです。また食べたいですね。

(8)●グループホームのお気に入りポイントランキング

1位:家賃無料
2位:単身タイプ
3位:お料理会

3年間しか住めませんが家賃無料が1位。一人暮らしと同じ単身タイプもいいです。お料理会で自炊のお勉強ができるところも好きですね。

(9)●被害妄想ランキング

1位:悪の組織に狙われ殺される
2位:集団で付きまとわれる
3位:盗聴・盗撮

統合失調症の初期の頃によく感じていた症状は、殺されるというものです。悪の組織に狙われていると本気で思っていました。

(10)●体感幻覚ランキング

1位:あざができる
2位:内蔵の激痛
3位:皮膚がピクピク動く

体感幻覚であざができたことがありました。皮膚科に行きました。お薬を渡され塗っていたら少しづつ良くなっていきました。

(11)●グループホームのお部屋ランキング

1位:シンクの広さ
2位:6畳
3位:お風呂、トイレ別々

堂々の1位はシンクの広さ。アパートによくある小さなシンクより一回り大きいです。洗い物がしやすくてお気に入りです。

(12)●ジプレキサきつい副作用ランキング

1位:体重増加
2位:眠気
3位:便秘

体重増加には注意!太ってしまうリスクがあります。私は「間食をしない」「筋トレなどの運動をする」を心がけています。便秘は運動をしたら解消しました!

(13)●病院食の麺類ランキング

1位:かき揚げそば
2位:ミートソースパスタ
3位:冷やし中華

堂々の1位はかき揚げそばですね。やっぱりかき揚げは大好きです。病院食ですが美味しかったです。味もしっかりしていました。

(14)●グループホーム行事ランキング

1位:外食会
2位:お料理会
3位:ミーティング

やはり食べることが好きなので、外食会やお料理会は上位にランクイン!外食会は世話人さんが少しだけですが奢ってくれる場合があるので嬉しいです。

(15)●精神病院キツイ事ランキング

1位:隔離室
2位:閉鎖病棟
3位:週に1回の外出

隔離室はベッドとトイレしかありません。お部屋からも出られないので、寝るしかありません。大声やドアを叩く音がどこからか聞こえてきます。

(16)●精神病院週に1回の外出行き先ランキング

1位:バーミヤン
2位:ドン・キホーテ
3位:ランチ

バーミヤンが1位ですね。入院中は充電ができなかったためバーミヤンでモバイルバッテリーに充電をしていました。4時間くらい居座りました。

(17)●入院中のスマホ暇つぶしランキング

1位:ブログの執筆
2位:動画の視聴
3位:ゲーム

1位はブログの執筆。ブログを始めてからは入院生活が充実しました。毎日の更新作業が楽しかったです。暇もかなり潰せました。

(18)●OT活動ランキング

1位:農耕
2位:麻雀
3位:お話

1位は農耕でした。精神病院に入院中は農耕プログラムに参加して畑を耕したり水やりをしたり、採れた野菜を調理して食べました。梅シロップのかき氷は格別でしたね。

(19)●病院食ジャムランキング

1位:ブルーベリー
2位:マーガリン
3位:チョコ

朝はおかゆと食パンの選択制で食パンの人にはジャムが配られました。中でもブルーベリージャムは甘くて美味しかったです。マーガリンも捨てがたいですね。

(20)●妄想ランキング

1位:多くの人や車に追いかけ回される
2位:車のぞろ目ナンバー
3位:目の前を歩く女性

初期の頃には妄想が強く現れ、多くの人に追いかけられていると感じていました。運転中も周りに多くの車がいました。

(21)●よく聞く幻聴ランキング

1位:働け
2位:一緒
3位:終われない

1位は「働け」という幻聴ですね。聞こえても記憶にはあまり残らないので、多分「働け」が1位かなと思います。働いていたのに「働け」と言われる理由がわかりません。

(22)●インヴェガ副作用ランキング

1位:精子が出ない
2位:体のだるさ
3位:眠気

インヴェガを半年間くらい飲んでいましたが精子が出なくなりました。かなりやばい副作用なので1位にしました。また体が常にだるかったです。

(23)●入院中やっておいて良かった事ランキング

1位:ブログ
2位:SNS
3位:資格にチャレンジ

1位はブログですね。やればやるだけコンテンツが膨らんでいくので入院中からやっておいて良かったです。今でもブログは続いています。

(24)●入院中にやっておけば良かったことランキング

1位:ブログをもっと早く始めたかった
2位:SNSを真剣にやれば良かった
3位:患者さんと連絡先をもっと交換すれば良かった

ブログを始めたのが入院3年目。2年目くらいに始めたかった。

(25)●入院して身についた習慣ランキング

1位:ブログを書く習慣
2位:運動の習慣
3位:節約の習慣

この3つの習慣は入院をしてから身についたものです。入院をしたおかげなのかはわかりませんが、環境が私を変えてくれたんだと思います。

(26)●ジプレキサを飲んでも痩せる方法ランキング

1位:間食をしない
2位:運動をする
3位:しっかり寝る

当たり前ですが、健康的な生活習慣を身に付けていれば太りはしません。1日3食きちんと食べて間食は控えましょう。

(27)●病院食パスタランキング

1位:ミートソース
2位:なし
3位:なし

不思議と私の入院していた病院ではパスタはミートソースしか出てこなかったですね。ミートソースがめちゃくちゃ美味しかったので良かったのですが。

(28)●眠気ランキング

1位:会議中
2位:運転中
3位:食後

20代の頃は働いていましたが、うつ病のお薬を飲んでいたこともあり、会議中や運転中に眠気に襲われることが頻発していました。特に運転中は危なくてきつかったですね。

(29)●入院中ストレス発散ランキング

1位:ブログを書く
2位:動画視聴
3位:患者さんと話す

入院中のストレスの発散に最も効果があったのはブログを書くことでした。毎日書くのが楽しくて時間があっという間に過ぎるのも良かったです。

(30)●就労移行支援大変な作業ランキング

1位:掃除機がけ
2位:アイロンがけ
3位:トイレ掃除

1位は掃除機がけでした。重い掃除機を持って広いお部屋を椅子をどかしながら掃除機がけをするのは大変でした。汗をかきますね。

(31)●作業場所ランキング

1位:自宅
2位:ファミレス
3位:図書館

統合失調症で起業をすることを目指していますが、作業場所で一番いいのは自宅ですね。無料だし好きなことできるし移動しなくても良いから楽です。

(32)●病院食ラーメンランキング

1位:冷やし中華
2位:醤油ラーメン
3位:なし

冷やし中華がダントツの1位でとても美味しかったです。味付けも薄すぎない中華のタレがかかっていてしっかりとしていました。

(33)●統合失調症やった方がいいことランキング

1位:睡眠時間の確保
2位:運動
3位:朝昼晩の食事

統合失調症にかかったらしっかり睡眠を取るようにしましょう。それだけでストレスが発散されるでしょう。最低でも7時間は欲しいですね。

(34)●主治医に伝えた方が良いことランキング

1位:症状
2位:薬の副作用
3位:仕事のこと

1位は症状ですね。統合失調症にはさまざまな症状があり、主治医には自分にどんな症状があるのかをしっかり伝えることが大切です。

(35)●住む場所ランキング

1位:グループホーム
2位:アパート
3位:実家

私の場合はグループホームが家賃が無料なのでダントツの1位ですね。アパートは家賃が掛かりますが、実家よりはましです。

(36)●初期症状ランキング

1位:落ち着かない
2位:眠りの妨害
3位:思考停止

統合失調症の初期の頃は落ち着きませんでした。ソワソワするんですね。また眠ろうと思っても覚醒したり、思考が停止してちんぷんかんぷんになります。

(37)●障害年金を貯めておいて良かったことランキング

1位:パソコンの購入
2位:何かあっても大丈夫だという安心感
3位:引っ越しができる

最近パソコンを購入しました。お金を貯めておいたから買うことができました。

(38)●精神病院記念食ランキング

1位:お正月
2位:クリスマス
3位:ハロウィン

堂々の1位はお正月ですね。病院食におせちが出たりお雑煮が出たりしました。クリスマスにはケーキも出てきたので嬉しかったです。

(39)●ヘルプを出すタイミングランキング

1位:幻聴が聞こえた
2位:大声を出しそうになった
3位:ものに当たった

幻聴が聞こえたらすぐに周りにいる方に相談をしましょう。「今何か聞こえた」と正直にいう方が経過が良くなるでしょう。

(40)●ストレスランキング

1位:統合失調症の症状
2位:ソフトが思い通りに動かない時
3位:なし

ストレスの大半は統合失調症の症状です。95%くらいは症状が原因のストレスです。ソフトが動かないのもストレスを感じますね。

(41)●就職前に通うところランキング

1位:就労移行支援
2位:就労継続支援
3位:デイケア

1位は就労移行支援ですね。就職をするところまでサポートしていただけるので、就職を目指しているのであれば利用した方が良いです。

(42)●ストレス発散ランキング

1位:ブログなどに没頭する
2位:教育系YouTubeを観る
3位:アニメやバラエティを観る

ストレス発散の1位はブログなどに没頭すること。集中していると楽しいです。ただやりすぎないようにセーブしてます。

(43)●運動ランキング

1位:サイクリング
2位:筋トレ
3位:なし

1位はサイクリングです。爽快で気持ちがよく、行ったことがない場所に行くのが好きです。人それぞれだと思うので自分のできる範囲の運動をしましょう。

(44)●ストーカーランキング

1位:誰かが幻聴の真似をしている
2位:誰かにストーカーされている
3位:誰かに見られている

1位は幻聴の真似ですね。私がよく聞く幻聴を誰か人間がわざと私に聞こえるように言ってくるというものです。

(45)●近隣トラブルランキング

1位:奇声
2位:大声
3位:生活音

精神障害者向けのグループホームなので奇声や大声が聞こえてくることがあります。少し怖いですがもう慣れてしまいました。声を発しながら高笑いが聞こえることもあります。

(46)●病院食デザートランキング

1位:ケーキ
2位:どら焼き
3位:フルーツ缶

1位はクリスマスケーキですね。精神病院だけどケーキが出てくるとはすごいですね。大きかったです。2位はどら焼き。甘くて美味しかったです。

(47)●統合失調症ピンチはチャンスランキング

1位:起業できた
2位:貯金癖がついた
3位:痩せられた

不運にも統合失調症になってしまいましたが、失ったものばかりではありません。得られたものもいくつかありました。

(48)●事業内容ランキング

1位:ブログ
2位:YouTube
3位:電子書籍

統合失調症ですが起業をしました。この3つはメインの事業の柱ですね。ネットで完結するのでコストはほぼかかりません。パソコン代とネット代くらいです。

(49)●起業の作業場所ランキング

1位:自宅
2位:ファミレス
3位:図書館

起業をしましてほとんどの作業場所は自宅になっています。移動もなく飲み物も飲み放題なので楽です。あとはファミレスや図書館でも作業をしたことがあります。

(50)●嬉しい収入ランキング

1位:障害年金
2位:ブログ + アフィリエイト
3位:YouTube(まだ収益化の条件未達成)

YouTubeはまだまだ広告を貼れない状態なので収入はないです。収益化の条件が少し厳しいですね。頑張ります!!

(51)●障害者手帳使い道ランキング

1位:奨学金の免除申請
2位:確定申告の時の障害者控除
3位:都営の電車やバスが無料

奨学金の免除は大きいですね。また確定申告の時の障害者控除により税金が安くなるのもメリットです。

(52)●病気対策ランキング

1位:運動
2位:睡眠
3位:食事

1位は運動ですね。運動の後は爽快です。睡眠も毎日8時間程度寝るようにしています。食事に気をつかい、低い体重をキープするようにしています。体重計には毎日乗っています。

(53)●大事な食事ランキング

1位:お野菜
2位:お魚
3位:お肉

1位はお野菜ですね。かなりの頻度で毎日食べています。痩せ体質にもなります。2位はお魚ですね。頭にも良いようなので積極的に摂取しましょう。

(54)●やめた方が良いことランキング

1位:タバコ & お酒
2位:食べ過ぎ
3位:寝不足

1位〜3位まで全てが重要ですね。全部やめた方が良いです。体調の悪化につながります。ただしお酒と間食はたまにくらいならいいかなとは思います。

(55)●太る原因ランキング

1位:副作用のため
2位:お腹が減って食べ過ぎてしまう
3位:運動をしない

1位はお薬の副作用のために太ってしまいます。特にジプレキサには気をつけた方が良いでしょう。食べ過ぎず運動をしましょう。

(56)●精神病院信頼度ランキング

1位:ケースワーカー
2位:看護師
3位:主治医

1位は退院の面倒を見てくれたケースワーカーですね。本当にお世話になりました。2位は相談に乗ってくれた看護師ですね。

(57)●都営住宅当選確率ランキング

1位:駅から遠い
2位:古い
3位:狭い

駅から遠い物件はやはり当選確率は上がりやすいでしょう。また古い物件や狭い物件を狙ってみるのも良いかもしれません。家賃を重視するなら良いですね。

(58)●グループホーム気分転換ランキング

1位:録画視聴
2位:YouTube視聴
3位:将棋

録画や動画を視聴するのは楽しくて気分転換になりますね。グループホームではネットもつながりますし自由で快適です。将棋も上達したいです。

(59)●起業期待ランキング

1位:ブログ
2位:YouTube
3位:電子書籍

やはり一番長くやっているブログには期待したいですね。また最近始めたYouTubeや電子書籍にも期待しています。どこまで続けられるかが勝負の鍵となりそうです。

(60)●就労移行支援辞めて良かったことランキング

1位:自由な時間が増えた
2位:起業活動に集中できる
3位:アイデアを出しやすくなった

やはり自由な時間が増えたことが辞めて良かったことの第1位ですね。自由って気楽でいいですね。

(61)●監視の瞬間ランキング

1位:パソコンを見た瞬間に画面が暗くなる
2位:救急車のサイレンのタイミング
3位:テレビをつけた瞬間にクラクションが鳴る

パソコンの画面の暗くなるタイミングを1時間以上に設定していた場合に起きました。

(62)●付けておいて良かった記録ランキング

1位:体重、体脂肪率
2位:運動の回数
3位:通院記録

記録は重要ですね。体重を記録することで痩せることが出来ました。通院記録では何日に通院して重要なことを話した場合は残しています。

(63)●サイクリングランキング

1位:池袋
2位:新宿
3位:巣鴨

サイクリングでは色々な場所に行っています。運動になるので統合失調症にも良い影響があると思います。池袋ではジュンク堂書店に立ち寄り本を買ってきました。

(64)●よくある症状ランキング

1位:幻聴
2位:被害妄想
3位:幻覚

よくある症状は幻聴ですね。声が聞こえて来るのですが、周りから聞こえているのか頭の中に響いているのか判断ができません。聞こえてきたら即、精神科を受診しましょう。

(65)●幻聴ランキング

1位:仕事しろ
2位:永遠に続く
3位:病気

幻聴でよくあるのがこの3つですね。「仕事しろ」と命令されることもあります。またいつまでも幻聴は終わらないという「永遠に続く」という幻聴もあります。

(66)●体感幻覚ランキング

1位:喉を刺すような痛み
2位:内臓をえぐられるような激痛
3位:皮膚が焼かれる火傷

喉の痛みが体感幻覚として感じられます。同時に声が全体的に出しづらくなり、カラオケなどでもうまく歌えなくなります。

(67)●きつい隔離室ランキング

1位:呼んでも誰も来ない
2位:トイレを周りから見られる
3位:とにかく暇

隔離室は精神病院に備わっていて、暴れる可能性のある患者を閉じ込めます。入院をしてから最初の1ヶ月間は隔離室でした。

(68)●精神病院犯罪ランキング

1位:盗み
2位:壁の破壊
3位:なし

精神病院では犯罪も多いです。タバコやお菓子を盗む人がいるので注意が必要です。また盗まれているのに気づいていない人もいました。

(69)●障害者手帳お得ランキング

1位:障害者控除
2位:生活保護障害者加算
3位:障害者雇用で働ける

障害者控除を受ければ支払う税金を下げることができます。また生活保護で受給できる金額に障害者加算されて支給されます。

(70)●気になる仕事ランキング

1位:起業をする
2位:障害者雇用
3位:一般就労

やはり一番やってみたいのは起業ですね。障害者雇用は諦めました。気が変わらなければの話ですが。一般就労はおそらくしないでしょう。

(71)●就労移行支援の注意事項ランキング

1位:最大で2年間しか利用できない
2位:最初は無理をせず週に3回くらいからスタートする
3位:見学をして自分に合う場所を選ぶ

就労移行支援は2年間しか利用できないんですね。注意しましょう。

(72)●幻聴の場所ランキング

1位:職場
2位:自宅
3位:一人で歩行中

昔働いていた時に職場で幻聴が聞こえていました。キレそうになりながら耐えていたのを覚えています。また自宅や歩行中など、一人でいる時にもよく聞こえます。

(73)●障害年金心配ランキング

1位:無事に支給開始されるか
2位:無事に更新できるか
3位:等級が下がらないか

障害年金の支給決定や更新がされると嬉しいですね。等級が下がらないかは心配な部分ですよね。

(74)●仕事不安ランキング

1位:仕事をしっかりできるか
2位:仕事中の体調不良
3位:コミュニケーション

まずは最低ラインの与えられた仕事がしっかりできるか不安ですね。また体調不良にならないか、コミュニケーションも不安の要素。

(75)●幻聴の声ランキング

1位:女性
2位:男性
3位:子供

聞こえる幻聴ですが、ほとんどが成人した男性と女性です。子供や老人の声はほとんど聞こえてきません。頭の中に響いてくるので、すぐそばから言われている感覚になります。

(76)●グループホーム良いところランキング

1位:一人暮らしができる
2位:お料理会
3位:外食会

やはりグループホームといっても単身タイプなので一人暮らしができるところがいいですね。またお料理会で美味しいものを作ったりします。

(77)●開放病棟嬉しいランキング

1位:スマホが渡された
2位:外出ができると知った
3位:散歩自由

閉鎖病棟から開放病棟に移った初日にスマホが渡されました。約2ヶ月ぶりのスマホでした。また外出もできると知って嬉しかったです。

(78)●入院中の運動ランキング

1位:筋トレ
2位:階段の登り下り
3位:ジョギング

筋トレは毎日していました。階段の登り下りは一時期ハマっていましたが、飽きて途中からやらなくなりました。ジョギングも数回しかしませんでした。

(79)●障害年金高額使い道ランキング

1位:新型パソコン
2位:シェーバー
3位:Microsoft365

障害年金は貯めましょう。もしものときに役に立ちます。今日はシェーバーが壊れて急遽購入しました。痛い出費ですね。

(80)●ストレスランキング

1位:被害妄想
2位:幻聴
3位:頭の重さ

幻聴と被害妄想のどちらを1位にするか迷いましたが被害妄想にしました。幻聴は無視をすればいいですが被害妄想は頭で考えてしまうためです。

(81)●生活で困っていることランキング

1位:グループホーム卒業後の家賃や礼金などの初期費用
2位:働いていないので収入が少ない
3位:幻聴などの症状

やはり卒業後の引っ越しが一番の心配事ですね。

(82)●やりたいことランキング

1位:旅行
2位:美味しいものを食べる
3位:飲み屋で飲む

障害年金の収入では旅行は厳しいですね。もっと稼げるようになるまではお預けですね。焼肉やお寿司なども久しぶりに食べたいですね。

(83)●陰性症状ランキング

1位:仕事をする気がなくなった
2位:通所困難
3位:頭が重い時がある

陰性症状として仕事に向かう姿勢がなくなりました。また就労移行支援を辞めるなど通所が困難ですね。

(84)●障害者雇用の魅力ランキング

1位:大手の企業に就職できる可能性
2位:配慮が受けられる
3位:時短からスタートできる

やはり魅力は大手企業への就職のチャンスでしょうか。若い人が多いとは思いますが、大手企業なら安心です。

(85)●引越し先ランキング

1位:東京都西部
2位:東京都23区内
3位:都外

一番の候補は東京都の西部です。家賃が2万円台の物件もあり、障害年金のみの収入でも生活がしていけそうです。23区内もいいですが家賃が高すぎて払えなそうです。

(86)●病院食嫌いなものランキング

1位:クラムチャウダー
2位:カボチャのスープ
3位:コーン

クラムチャウダーは苦手でしたね。いわゆるシチューです。カボチャのスープも味が牛乳っぽくてダメでした。コーンも嫌いでしたね。

(87)●精神病院しんどかったことランキング

1位:隔離室
2位:インフルエンザ
3位:閉鎖病棟

隔離室はきつかったですね。トイレとベッドしかありませんでした。またインフルエンザで観察室に入れられた時も1週間お風呂に入れませんでした。

(88)●就労移行支援きつい作業ランキング

1位:掃除
2位:お皿洗い
3位:アイロンがけ

掃除は体力的にも精神的にもきつかったですね。つまらないしなんのスキルも身に付かないので。パソコン作業は面白かったです。

(89)●良い幻聴ランキング

1位:大金持ち
2位:仕事してる
3位:かっこいい

悪い幻聴の反対ですね。ごくたまにですがこのような良い幻聴が聞こえてくることがあります。割合は全体の5%程度ですね。

(90)●監視アピールランキング

1位:救急車
2位:パトカー
3位:鏡(真似をする)

タイミングよく救急車やパトカーが私の横をすれ違うので、ただの偶然なのかは不明ですね。思い過ごしとは思えないくらいの頻度、確率です。

(91)●体感幻覚部位ランキング

1位:内蔵
2位:皮膚
3位:骨

内蔵や骨はズキっと痛みます。皮膚はピクピクしたり針に刺されたような痛みがあります。体感幻覚は本当に恐ろしい症状ですね。

(92)●仕事中きつい症状ランキング

1位:体感幻覚
2位:幻聴
3位:タイミング攻撃

昔仕事をしていたときには体感幻覚がもろに現れて、内蔵に激痛が走りながら仕事をしていました。幻聴は職場の誰かが言っているように聞こえました。

(93)●操りランキング

1位:時計を見る
2位:声を出す
3位:イライラする

誰かに操られているという感覚があります。秒針がちょうど0時になったタイミングで時計が気になり見ることが頻繁にあります。

(94)●精神病院楽しみランキング

1位:夕食
2位:昼食
3位:朝食

精神病院の楽しみは食事をすることしかありませんでした。あとは自分でスマホをいじったり楽しみを見つけていました。美味しい献立の時はより一層楽しみでした。

(95)●死の恐怖ランキング

1位:隣人が暴力団
2位:トラック運転中の毒ガス
3位:飲食店の料理に毒物混入

暴力団で死の恐怖を味わいました。また毒ガスや毒物混入されていると本気で思っていました。

(96)●統合失調症になった後の仕事ランキング

1位:プログラマー
2位:なし
3位:なし

統合失調症と診断されてから働いたことがありますが、職種はプログラマーでした。1社目は1ヶ月、2社目は3ヶ月で体調不良により退職をしました。

(97)●統合失調症危険ランキング

1位:車の運転
2位:お酒
3位:タバコ

やはり車の運転は危険ですね。私は幻聴と会話をしながら運転をしていました。あと一歩間違えれば事故っていたかもしれません。

(98)●統合失調症大変な症状ランキング

1位:被害妄想
2位:幻聴
3位:幻覚

やはり被害妄想が1位ですね。自分は被害者だと思い込み、こんな嫌がらせをされていると思ってしまい、ひどい人は人を憎んでしまうようになるでしょう。

(99)●病室ランキング

1位:パソコン
2位:テレビ
3位:冷蔵庫

1度目と2度目に入院した病院はパソコンを持ち込めました。またテレビや冷蔵庫も完備でした。しかし3度目に入院した病院はパソコン禁止でテレビも冷蔵庫もありませんでした。

(100)●うつ病きついランキング

1位:原因不明の不調
2位:偏頭痛
3位:やる気が起きない

私は20代の頃は原因不明の不調に襲われていました。内科に受診しに行っても健康そのものでした。まさか精神に病があったとは気づかなかったです。

(101)●障害者に向いている事業ランキング

1位:ブログ
2位:SNS
3位:YouTuber

ブログやSNSは文章を書ければ誰でもできるのでおすすめですね。ブログは運が良ければ収入にも繋がりますYouTuberはハードルが高めですね。

(102)●高い診断書ランキング

1位:障害年金用の診断書
2位:普通の診断書
3位:なし

やはり普通の診断書に比べて高いのが障害年金用の診断書です。普通の診断書よりも2〜3倍くらいの料金が掛かります。

(103)●精神病院の散歩ですることランキング

1位:階段の登り下り(運動)
2位:会話
3位:売店でお買い物

階段の登り下りをやっていた時期もありましたが飽きて途中からしなくなりました。できた友達と一緒に散歩をして会話をしてました。

(104)●精神病院の暇ランキング

1位:隔離室
2位:閉鎖病棟
3位:食事まであと1時間

隔離室や閉鎖病棟は何もすることがありません。また開放病棟へ移動後は、食事まであと1時間の時が一番長く感じて、なかなか食事の時間になりません。

(105)●障害年金使い道ランキング

1位:生活費
2位:貯金
3位:美味しいものを食べる

障害年金は生活費に充てますが、残ったら貯金をします。またたまに美味しいものを食べたりもします。

(106)●体調不良対処ランキング

1位:寝る
2位:帰宅する
3位:早退する

体調が悪い時は無理をしないことが先決ですね。寝ましょう。家に帰りましょう。会社から早退しましょう。お薬を飲んでも良いでしょう。

(107)●病院食不満ランキング

1位:量が足りない
2位:好きなものが食べれない(選択制の病院もあった)
3位:朝食が毎日食パン2枚

やはり量が足りなくて満腹感を感じづらかったですね。でもスマホをいじっていたら空腹感も忘れました。

(108)●病室きつい事ランキング

1位:寒い(暖房弱め)
2位:テレビや冷蔵庫がない
3位:電波が入らない

暖房は弱めでした。節約のためか冬は凍えました。テレビや冷蔵庫のない病院もあったり携帯の電波が入らない病院もありました。

(109)●最近の幻聴ランキング

1位:一生
2位:言え
3位:仕事しろ

「一生」という言葉はたまに幻聴で聞こえることがあります。おそらく一生、統合失調症は治らないという意味の言葉だと思われます。

(110)●被害妄想恐怖ランキング

1位:毒殺
2位:たくさんの人につけられる
3位:事故を起こさせる

やはり毒殺が怖かったですね。毒ガスを吸わされているんじゃないかと思っていました。ただの思い込みだったのかなと思います。

(111)●診察話すことランキング

1位:症状の確認
2位:お薬をどうするか
3位:次回の診察

症状の確認を毎回していますね。それで症状が強くなっていたらお薬を増やす提案をされます。私はお薬を増やしたくないので断っていますね。

(112)●大変な症状ランキング

1位:監視
2位:幻聴
3位:体感幻覚

監視されているかもしれないという症状は大変ですね。常に気を張っていなければいけないためストレスになります。幻聴よりも大変な症状ですね。

(113)●監視だと思うことランキング

1位:物を落とす人がいる
2位:クラクション
3位:救急車

たまたま物を落とす人がいただけの可能性もあります。またお店から出たのと同時にクラクションがなると監視だなと感じてしまいます。

(114)●グループホーム行事ランキング

1位:食事会
2位:公園散歩
3位:外食会

最近は新型コロナのため行事はほとんど行っていません。以前は食事会があったり公園散歩や外食会もありました。ミーティングは週に5日あります。

(115)●幻覚ランキング

1位:たくさんの車に囲まれている
2位:ゾロ目ナンバー
3位:こっちを見る人がいる

幻覚は大変な症状ですね。実際に見えているので厳密に言えば幻覚ではないかもしれませんが、不思議な現象です。

(116)●太らない対策ランキング

1位:健康的な食事
2位:運動
3位:睡眠

薬の副作用で太りやすくなっている方も多いと思います。しっかり健康的な食事を心がけましょう。また運動もできればした方がいいですね。

(117)●精神病院リラックスランキング

1位:お風呂
2位:食事
3位:外出

やはり週に3回のお風呂はリラックスできました。湯船に浸かり足を伸ばせて時間制限もありませんでした。気持ちが良かったですね。

(118)●気をつけることランキング

1位:断薬
2位:自動車の運転
3位:お酒の飲み過ぎ

断薬をしてしまうと統合失調症の症状が強く現れパニックになり入院をする事態になりかねません。お薬はしっかり飲みましょう。

(119)●治療ランキング

1位:服薬
2位:周りへの相談
3位:息抜き

やはり治療には服薬が重要ですね。指示された量を飲むようにしましょう。また気になることは周りへ相談をすることも重要ですね。

(120)●操られている感覚ランキング

1位:思いたくないことを思ってしまう
2位:イライラ感
3位:時計を見る

統合失調症の症状に操られている感覚があります。思う必要のないことが頭の中によぎってきます。そしてイライラするんですね。

(121)●自己臭ランキング

1位:自分の口が臭っている
2位:口を閉じていたくなる
3位:喋れなくなる

統合失調症の自己臭は大変きつい症状です。口が臭いと思い込み喋れなくなるんですね。我慢の連続です。

(122)●グループホーム近隣トラブルランキング

1位:独り言が多い
2位:うるさいと言われる
3位:奇声が聞こえる

障害者が住んでいるので仕方がないですね。足音などがうるさいと言われたこともありましたが、最近は言われなくなりました。

(123)●農耕大変ランキング

1位:落ち葉掃き
2位:耕す
3位:収穫

精神病院では農耕プログラムに参加していました。落ち葉を掃く作業が力が必要で、時間も長いため大変でした。耕しもくわが重かったです。

(124)●求人数ランキング

1位:事務職
2位:プログラマー
3位:軽作業

ハローワークの求人数ですが事務職が多い印象を受けました。またプログラマーなどの専門職もそれなりの求人数でした。軽作業のお仕事も多いですね。

(125)●精神病院不安ランキング

1位:いつ退院できるかわからない
2位:隔離解除はいつになるのか
3位:閉鎖病棟からの脱出時期

やはり不安だったことはいつ退院できるかわからなかったことですね。1年後なのか2年後なのか不安でした。

(126)●借金ランキング

1位:敷金・礼金
2位:家具・家電
3位:生活費

かなり高額な借金をしましたが関東に引越し時の初期費用をクレジットカードで支払ったり、家具・家電を借金で購入したりしました。

(127)●通所先ランキング

1位:就労移行支援
2位:OT活動
3位:デイケア

日中の通所先で一番だったところは就労移行支援でした。結果は出ませんでしたが面白かったです。OT活動やデイケアにも通っていた時期がありました。

(128)●精神病院メリットランキング

1位:症状が安定する(刺激がない)
2位:服薬できる
3位:仲間ができる

社会生活から離れることで刺激のない環境で症状が安定しやすくなるでしょう。服薬も継続しやすくなります。

(129)●統合失調症デメリットランキング

1位:仕事の能力が下がる
2位:症状に苦しめられる
3位:働けない

統合失調症にかかると仕事の能力が下がり収入が減る傾向にありますね。重度だと働けなくなります。症状にも苦しむでしょう。

(130)●障害者雇用メリットランキング

1位:障害を隠す必要がない
2位:配慮が得られる
3位:障害者として振る舞える

みんなに障害者であることがバレているため、隠す必要がなく楽ですね。一般雇用で働いていた時はバレないか心配でした。

(131)●起業メリットランキング

1位:時間的に自由になれる
2位:好きなことだけ仕事にできる
3位:自分で意思決定できる

起業にはメリットがたくさんですね。統合失調症でも起業をすることは不可能ではないです。

(132)●診察で話すことランキング

1位:症状
2位:薬の副作用
3位:作業所などの通所について

まずは統合失調症の症状をお話しします。どのくらいの症状があるかを主治医は把握します。それでお薬の量を調整するわけですね。

(133)●被害妄想ランキング

1位:集団ストーカーを疑う
2位:犯人がいる
3位:幻聴ではない

統合失調症の妄想に集団ストーカーがあります。幻聴や痛みなど全ての体調不良は人災だと思い込むわけです。つまり病気ではないと。

(134)●精神病院デメリットランキング

1位:パソコンが使えない
2位:充電ができない
3位:仕事ができない

パソコンは使いたかったですが無理でした。病室での充電が禁止だったので乾電池の調達が大変でした。

(135)●病院食嬉しいことランキング

1位:大盛りや特盛りにしても値段が変わらない
2位:牛乳が苦手ならヨーグルトにしてもらえる
3位:カレーのルーは食べる直前に入れてもらえる

病院食にも良いところはありますね。

(136)●太る原因ランキング

1位:食べ過ぎ
2位:運動しない
3位:薬の副作用

ジプレキサという体重増加の副作用のあるお薬を飲んでいますが、食べ過ぎや運動に気をつけていれば体重は決して増えません。

(137)●治療に必要なものランキング

1位:病識
2位:治療をするという意思
3位:長く付き合う覚悟

統合失調症の治療に必要なものは病識であり治療をするという意思ですね。また短期ではなく長く付き合う覚悟も必要でしょう。

(138)●精神病院落ち着くところランキング

1位:自分のベッドの上
2位:トイレの個室
3位:自分の病室

やはり自分のベッドの上は落ち着きました。ベッドの上にかなり長い時間座っていたので運動不足になっていました。

(139)●陰性症状ランキング

1位:頭が重い
2位:体が疲れる
3位:眠い

統合失調症には陰性症状もあり大変です。頭が重くなったり体が疲れて動かせないなどの症状が現れることがあります。

(140)●パニックランキング

1位:大声を出す
2位:床を叩く
3位:体を動かし暴れる

やはりパニック的になると大声を出しますね。私にも経験があり、部屋で大声を出したことがあります。統合失調症は大変な病気なんですね。

(141)●障害者手帳デメリットランキング

1位:障害者であることを認めること
2位:自分は障害者なのだと諦めること
3位:一般就労は無理だと思うこと

手帳を持つデメリットは意識の問題!感じる人と全く気にならない人がいるでしょう。

(142)●仕事をするデメリットランキング

1位:障害年金の等級が下がる
2位:障害者雇用の場合、単純作業になる
3位:雑用などの仕事になる

障害年金の問題と、スキルが上がるような仕事に就けない可能性がありますね。

(143)●病気であると認めないデメリットランキング

1位:治療が遅れる
2位:症状が悪化する
3位:入退院を繰り返す

私は入院を3回も経験しました。壮絶な統合失調症の体験でした。自分は病気であると認めることが大切です。

体験談
スポンサーリンク
edogonをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
edogon

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました