統合失調症やうつ病、ジプレキサの体験談

この記事は約22分で読めます。

※写真はイメージです。

私のツイッターでつぶやいている障害者情報の中から統合失調症やうつ病、ジプレキサに関するツイートだけを集めて、体験談としてまとめてみました。

日々更新していきます。お楽しみに!!

統合失調症の体験談

(1)統合失調症の症状には幻聴や幻覚があります。聞こえるはずのない声が聞こえたり、見えないものが見えたり。まるで幽霊現象のようですね。嘘のような話ですが、私も病気にかかって、本当に声が聞こえてくることにびっくりしています。

(2)統合失調症には幻覚の症状がありますが、私には幻覚がありません。これは不幸中の幸いですね。幻覚まで見えてしまったら、ブログを更新することもできなくなるかもしれません。

(3)統合失調症には幻聴、幻覚の他にも被害妄想だったり、誇大妄想などもあります。どれもきつい症状ですね。正気を失います。

(4)幻聴に悪口を言われ、その時たまたま人が通り過ぎたら、その通り過ぎた人が自分に悪口を言ったのだと勘違いをします。そしてその人にキレて暴行を加えるという大変危険な病気なのです。

(5)幻聴は厄介な症状の一つです。幻聴に「お前には無理だ」など悪口ばかりを言われると、自分に自信が持てなくなっていきます。お薬でしっかりと症状をコントロールする必要がありますね。

(6)被害妄想も大変な症状です。アパートの隣人に狙われているなどと考えてしまうと、常にアパートの隣人を警戒することになり、疲れ果ててしまうでしょう。もしくは隣人に八つ当たりをするかもしれません。

(7)精神疾患を患っている方の多くは通院をしていると思います。行くのは精神科や心療内科ですね。うつ病であったり統合失調症であったり色々な病気が対象です。最初は毎週の通院だったりしますが、安定してくると2週に1回になり、4週に1回になります。

(8)本日は4週に1回の通院日です。わずか2〜3分ほどの診察ですが、統合失調症の症状が感じられるので、しっかり伝えてこようと思います。だいたい診察の待ち時間は10分〜20分程度です。予約をしっかりしているので。

(9)統合失調症にかかるとお酒を控えなければいけません。医師からはお酒は控えるように診察時に言われることもあります。精神病薬を飲むことになるので、お酒を飲むと相性が良くないようです。お酒はたまに飲むくらいにしましょう。

(10)私の精神疾患の始まりは、自分から臭っているのではないかという幻臭でした。自分の体臭がひどいと思い込んでしまっていました。誰かといるときは、「自分の臭いが相手にバレる」のではないかと常に緊張状態でした。

(11)私が現在感じている統合失調症の症状は下記の通りです。

  • 幻聴(悪質な声が聞こえてきます)
  • 体感幻覚(皮膚がピクピク動いたり、ズキッとする痛み)
  • 落ち着けなくなる(そわそわする)
  • 通行人が悪口を言っていると感じる

これが主な症状です。

(12)統合失調症が寛解した方がうらやましいです。もう4年間もジプレキサを飲んでいるのに、症状が消えません。幻聴、被害妄想は毎日感じます。どうやったら寛解して普通に生活できるようになるのでしょうか?周りには寛解した人がいません。

(13)統合失調症の症状は本当にきついです。その中でも幻聴ですね。

  • 「終わらない」
  • 「この病人が」
  • 「刑務所へ行け」
  • 「一緒」

などと聞こえてきます。症状が一生治らないとでも言いたいのでしょうか?刑務所へ行けはひどいですね。

(14)統合失調症が一番深刻だった時は、幻聴と会話をしていました。つまり独り言です。幻聴に話しかけると、向こうも声を返してくれました。ただし幻聴が言っていることは、ほぼマイナスのことばかり。アパートでも実家でも、独り言を言ってました。

(15)統合失調症の症状は一時期の最悪な状況からは脱して、回復傾向にあります。独り言も減少していますし、貯金も少しづつ貯まってきました。毎日の積み上げも習慣として定着してきています。次の段階としては就職活動かなと思います。

(16)統合失調症にかかってしまったら、お酒やタバコは控えた方が良いでしょう。主治医に控えるようにも言われました。お酒はたまに自宅で飲んだり、飲み会に行ったり、たしなむ程度にしています。タバコは元々吸っていませんでした。

(17)統合失調症と診断されたわけですが、体感幻覚がひどい時期がありました。腹部に激痛が走り、半年間続きました。仕事中だろうと関係がありません。あざにもなりました。幻覚なのにあざになるってなんかおかしい気もしますが・・・

(18)統合失調症を患っていますが、盗聴、盗撮をされているという考えが頭をよぎることがあります。まあ普通に考えればそんなことはないのですが、被害妄想ですね。近所の人が盗聴をしていると思い込めば、八つ当たりをする可能性もあり、注意が必要です。

(19)統合失調症の症状ですが、やる気が起きないなどの陰性症状は現在はないです。掃除、洗濯は定期的(水曜、土曜)にやれていますし、エアコンのフィルター掃除や、お風呂掃除、シーツ交換もやっています。ゴミ捨てにも行けています。

(20)統合失調症になってからジプレキサとインヴェガを服用しました。ジプレキサは相性がよく、今はジプレキサを飲んでいます。しかしインヴェガを服用していた時は、副作用がひどく、精子が全く出ませんでした。体が壊れたのかと思いました。

(21)統合失調症の症状は幻聴がメインですが、心が読まれているという感覚もあります。また頭重があったり、頭が押さえつけられているという感覚ですね。きつい症状ですが、うまくコントロールして付き合っていくしかないですね。

(22)統合失調症の症状には超能力者になったような感覚もあります。時計を見ると、見た瞬間に秒針が12時を指していることが多いです。タイミングよく時計を見るように仕向けられています。妄想なのか、誰かにやられているのか、原因は不明ですね。

(23)統合失調症の症状にタイミングが良すぎることがあります。気になって近くにいる車のナンバープレートを見てみると、「8888」などのぞろ目のナンバーということが多いです。なぜこのようにタイミングが良すぎるのか不明ですね。

(24)統合失調症の症状に皮膚がピクピク動くというものもあります。数十秒から数分間続くこともあります。皮膚だけではなく筋肉もピクピクします。痛みを伴うこともあります。以前医師に聞いたときは、体感幻覚だとおっしゃっていました。

(25)現在は統合失調症の陰性症状はなく、やる気が落ちているということはありません。今日は自炊をしたいと思います。先ほどドン・キホーテで厚揚げを買って来ました。厚揚げ版の麻婆豆腐を作ります。美味しいかどうか楽しみですね。

(26)別のグループホームに入居している女性の方が言っていたのですが、「思考が筒抜けになっている」と。私にも似たような症状があり、テレパシーのような感覚があります。もしくは意識に介入してきて、考えさせられている?のかもしれません。

(27)昨日は就寝後、顔や体にかゆみを覚え、1時間くらい寝返りを打っていました。これも統合失調症による体感幻覚なのかもしれません。かなり痒くて、かいていましたが、かきすぎも皮膚を傷つけてしまうので、ほどほどにしました。

(28)知り合いで精神病を患っていて歩くのも辛い方がいらっしゃいます。この方は通院でタクシー利用が認められていて、片道1,000円強が支給されているそうです。通院でタクシーが利用できるなんてすごい制度ですね。うらやましいですね。

(29)私の統合失調症の症状で怒りの感情の増幅があります。なぜかはわかりませんが、怒りがこみ上げてきて、イライラしてくるんですね。うまくコントロールしないと、何かに八つ当たりをしそうになるので、気をつけなければいけません。

(30)統合失調症の症状に頭の回転が悪くなるというものがあります。何も考えられなくなり、バカになったような感覚になります。今日も職場実習中に15分間くらいそのような状態になりました。動作が遅くなり、なんとかごまかして作業は続けていました。

(31)昨日は22時30分ごろ、幻聴の主に心を支配されそうになりました。急にイライラしてきて、大声を出しそうになりました。危ないですね。これが統合失調症です。治ってきたと思っていても、急に症状が襲ってきます。お薬は飲まなくてはいけません。

(32)今日は通院日でした。幻聴に「監視している」と言われ、イライラしたことを主治医に言いました。統合失調症ではよくあることだそうです。眠ったら症状も落ち着いたので、お薬が増えることはありませんでした。気をつけたい症状ですね。

(33)統合失調症の症状はきついですね。陽性症状のある方は暴れないようにお薬をしっかり飲みましょう。陰性症状のある方はうつ的になっていると思うので、無理はしないことです。今の自分にできることから少しづつ病気と向き合えば良いと思います。

(34)今日も統合失調症の症状を感じました。移動中は音楽を大音量でイヤホンで聞いています。どうして大音量なのかと言いますと、幻聴が聞こえるからです。次の曲に移る時など、音量が小さくなると幻聴が聞こえるかもと不安になりました。

(35)統合失調症の症状には、監視をされているという被害妄想があります。監視って本人にバレないように普通は行われますが、統合失調症の場合、犯人側が監視をしていることをあえて本人にバラすような感覚があります。とても怖いですね。

(36)私が統合失調症の症状で感じていることに覚醒があります。寝ようとして意識が薄れていくのですが、なぜか目が冴えてきて覚醒してしまうのです。寝つきが悪くなる時があるので、注意が必要ですね。熟眠感がないこともあります。

(37)本日は目覚めが悪く、熟眠感がありませんでした。1日中、だるさがありました。就労移行支援の職場実習にはなんとか行けました。今日はいつもより早めの就寝にする予定です。今日はしっかりたくさん眠りたいですね。

(38)今日はパソコンをいじっていて嫌なことがありました。そのとき、玄関の外から拍手をされました。これはタイミングが悪かっただけなのか、それとも私が嫌な思いをしていることを盗撮などで知っていて、わざと拍手をしたのか?早めに寝ます・・・

(39)今日は職場実習中にイライラの感情が増幅してきました。なぜかイライラしてくるんです。統合失調症の症状なのかはわかりませんが、誰かに感情をコントロールされている感覚があります。爆発はせずにすみましたが、かなり危険でした。早く寝ます。

(40)救急車のサイレンを今日はよく聞きました。私がイライラをして暴れて誰かを傷つけないかを監視されている感覚があります。救急車が見張っているという妄想ですね。妄想なのか事実なのか知るすべはありませんが、早く安定したいですね。

(41)昨日の夜は寝つきが悪かったです。昼間のイライラが引き続き寝るときにもあり、布団の中に入っても頭の中がイライラで支配されていました。なんとか2時間ほどで眠ることができて、朝を迎えました。今日は無理せず生活をしようと思います。

(42)昨日は寝るときにイライラに襲われ、床を叩いてしまいました。多分、グループホームに住んでいる他の人には床を叩く音は聞こえていたかもしれません。イライラの増幅は恐ろしい統合失調症の症状ですね。今日は無事に過ごせることを祈っています。

(43)昨日の統合失調症の症状は醜いものがありました。夜、寝ようとしたら幻聴が聞こえてきてマイナスのことを言われ続けたのです。私も感情をコントロールされカッチーンときて、幻聴に言い返しました。言い返した言葉は、近所の人に聞かれていたかも。

(44)眠りを統合失調症の症状に妨害され、さすがにきつかったので今日は臨時で通院をしてきました。主治医に昨日の夜のことをお話をして、頓服薬を処方してもらいました。次回、きつい幻聴などの症状がきたら飲んでみようと思います。

(45)ドクターストップのきっかけになった就寝時の幻聴のひどさ。ずっと幻聴が聞こえ続けました。そして幻聴と会話をしました。そして床を叩きました。おそらく疲れていたんでしょう。就労移行支援は休みがもらえてホッとしています。

(46)ドクターストップがあり、昨日からお休みをいただいています。その甲斐あって、幻聴などの症状も治まってきました。ブログを書いたり、読書をしたり、アニメを見たり、やりたいことをやって気分転換をしています。収入が減るのが心配です。

(47)ドクターストップがかかり、就労移行支援をお休みになり休んでいますが、相変わらず幻聴は聞こえてきます。確かに聞こえてくる量は少なくなりました。3週間の休職をいただきましたが、足りないと考えています。おそらく延長するかもしれません。

(48)統合失調症を患っていますが、睡眠時間を7時間から8時間に変更したら、日中の気分が良くなりました。病気の症状が軽減したかと言われるとハテナですが、気分や体調は良くなったので、睡眠時間は8時間くらい取ることをおすすめします。

(49)以前、実家にいた時、訪問看護を受けていました。週に1回、家まで来てくれてお話を聞いてくれるんですね。お話をすることで気分がスッキリして、優しさに触れることができました。休職をしている期間、訪問看護を受けてみたい気持ちがありますね。

(50)幻聴などの症状がひどかったのでリスペリドンという処方されている頓服薬を飲んでみました。そうしたらスーッと幻聴が止み、イライラも治りました。翌日にはまた幻聴が現れましたが、即効性があるお薬でした。また次の機会に飲んでみます。

(51)統合失調症の症状には幻聴があります。もし幻聴が聞こえたら早めに精神科を受診し、お薬を処方してもらいましょう。治療が遅れれば遅れるほど、回復には時間が掛かります。幻聴への対策は無視をすることです。会話などをしないようにしましょう。

(52)統合失調症の方は無理はせず頓服薬を処方してもらうことをおすすめします。何事もなく1年間生活をしてきましたが、今回就労移行支援を休職することになり、症状は突然やってきます。そんな時に頓服薬が役に立つわけです。手元にあれば安心です。

(53)統合失調症は怖い病気です。適切な治療ができなければ、社会生活がまともにできなくなります。普通の人なら仕事をして暮らしていけばいいですが、私の場合は就職することを諦め、起業することに。続けられるかは未知数ですね。

(54)統合失調症の症状にはサトラレというものがあります。自分の心が覗かれているという妄想ですね。目の前にいる人に、心で思っていることが伝わってしまっていると思い悩みます。私にもこのサトラレ症状はあり、たまに感じることがあります。

(55)精神科の医師との診察はわずか3分も掛からないほどです。話すことは最近の調子と、通所はできているか、お薬のこと、次回の診察日、これくらいです。医師も忙しく、あっという間に診察は終わってしまいます。オンライン診察がいいなぁと思います。

(56)幻覚も統合失調症の症状の一つ。私はゾロ目のナンバープレートをよく見かけるようになり、「これは幻覚か?」と思いました。特に統合失調症の初期の頃によく「8888」などのナンバーの車を見ていました。私はこの症状を放置したため悪化しました。

(57)統合失調症の症状には幻聴と会話をするというものがあります。周りから見ればただの独り言のように聞こえます。声が聞こえるから反応をしているのですが、本人からしてみたらごく自然な行動です。精神科に行くなど早めに治療を開始しましょう。

(58)20代の頃は自分から悪臭がしているのではないかと考えていた時期がありました。そのため友達に会うのが億劫になっていきました。友達に臭いと思われて嫌われるのが怖かったんですね。でも実際には悪臭なんてしていないと20代後半で気づきました。

(59)統合失調症の症状にはそわそわして落ち着けなくなることがあります。じっとしていられないんですね。お薬を継続して飲んでいればある程度は軽減されます。そわそわしたり緊張してきたりしたら、精神科の受診をおすすめします。

(60)統合失調症の症状には盗聴・盗撮をされているのではないかという考えに支配されるというものがあります。その可能性は低いのにも関わらず信じ込んでしまうんですね。主治医に相談をすると「若い女性でもないんだから」と言われたことがあります。

(61)統合失調症の幻聴という症状は本当に厄介です。シャワーを浴びていて周りからの音が全く聞こえない状況でも頭の中に幻聴は響いてきます。昨日もシャワー中に聞こえてきたのでびっくりしました。「かわいそうに」というメッセージでした。

(62)統合失調症の症状に盗聴、盗撮をされているという感覚があります。しかし病気の症状が原因であり、盗聴器発見業者に依頼をして発見できない可能性もあり、お金をドブに捨ててしまうことになってしまいます。依頼は慎重にすべきですね。

(63)不特定多数の人に監視されていると思っていた私は警察署に行き相談をしました。でも不特定多数のストーカーには法律がないと相手にされませんでした。15分くらいお話をして「また何かあったら来てください」と言われて終わりました。

(64)就労移行支援を2ヶ月間休んでいますが、症状がなかなか改善されません。今日は面談があり、主治医にお話をする内容を箇条書きにして診察の時に伝え忘れないようにするようです。・監視されているような感覚・幻聴などですね。

(65)統合失調症で幻聴を聴きまくっていると、障害がどんどん重くなっていきます。目の前から人が歩いてきたとして、すれ違うたびにその人に何かを言われる(幻聴)んじゃないかと緊張をするようになってしまいます。

(66)統合失調症の症状ではパソコンに不正アクセスをされていると思い込むものがあり、私もこの症状は感じています。パソコンの動作が遅くなったり不調になると「不正アクセスだ!」と考えてしまうんですね。精神的にはよくない状態です。

(67)統合失調症の症状に声が出しづらくなるものがあります。以前までは声が大きく出せていたのに、突然声が出なくなります。喉に締め付けられているような違和感を覚えます。カラオケにも影響し、音程などが取りづらくなります。

(68)統合失調症にかかるとタバコやお酒、食事の量が増えてしまう可能性があります。病気のストレスのためです。肺ガンやアルコール中毒、肥満にならないように自制をしなければいけません。自分に合ったストレスの発散方法が身につくと良いですね。

(69)入院中は統合失調症で不眠を訴える患者さんは多かったです。みなさん睡眠薬を飲んでいました。睡眠薬がないと眠れないと言うのです。何度も目が覚めると言っていた方もいました。私は幸いにも睡眠薬がなくても眠れていたので良かったです。

(70)診察をするときのためにメモ書きを用意することをおすすめします。今日は診察だったので、メモ書きを持参し、言い忘れがないようにメモ書きを見ながら主治医とお話をしました。そのおかげで言いたいことは全部言えました。

(71)幻聴を体感して思うことは、どんな場面でも聞こえてくるということです。人混みはもちろん、仕事中、自宅にいる時、車を一人で運転している時など。一人でいるときにも幻聴は聞こえてくるので、本当に幽霊か?最新技術か?と思えてきます。

(72)「監視されているかもしれない」というふうに感じるのは統合失調症の症状です。私は自宅の玄関を開けたら誰かが待ち伏せをしているんじゃないかと緊張することがあります。このような症状を感じたらすぐに精神科を受診しましょう。

(73)幻聴にも要注意で、ただの幻聴と思っているうちはまだいいのですが、誰かが化学兵器を使って声を送っていると思い込むようになると危険です。犯人に対して怒りが湧いてくるでしょう。よく主治医と相談されることをおすすめします。

(74)統合失調症には監視されていると思い悩む症状があります。幻聴の言葉をどこにいても聞くようになると、常に誰かが自分の周りにいて自分に向かって実際に言葉を言っていると勘違いをするようになります。症状が重い証拠なので精神科を受信しましょう。

(75)統合失調症では無理は禁物です。少しでもおかしいなと感じたら周りにヘルプを出すことです。まだ大丈夫と思っているうちに取り返しのつかない事態になってしまいます。家族や医療関係者に助けを借りましょう。恥ずかしいことではありません。

(76)統合失調症になったら車の運転、お酒、タバコは控えた方が良いでしょう。私は東京に来たこともあり、車は手放しました。環境のおかげですね。またタバコは吸ったことがないです。お酒は好きですが、最近は特別な日以外は飲まなくなりました。

(77)精神障害者の方はストレスとは上手に付き合いましょう。ただでさえきつい症状があるのでストレスも溜まりやすいでしょう。趣味など楽しいことに没頭するのもいいですね。誰かとお出かけをするのもいいと思います。溜めすぎないことです。

(78)統合失調症の症状があったりきついときには無理をしないことが重要です。また調子の良い時は積極的に運動をしておいた方が良いです。運動によってストレスの発散や爽快感が得られれば病気にも好影響があるでしょう。

(79)昨日は寝る前に幻聴に気分を支配されました。なんとか1時間くらい幻聴と格闘をした後、眠りにつくことができました。眠れて良かったです。布団の中で床をバーンと蹴ったりもしました。幻聴は恐ろしい症状です。頓服薬は飲みませんでした。

(80)統合失調症の症状には誰かに見られていると感じるものがあります。誰かに見られていると感じると落ち着きがなくそわそわしてきます。頓服のお薬で調整をするなどしっかり対策をすることで、暴れたりしないようにすることが大切です。

(81)統合失調症の症状に奇声をあげるというものがあります。スーパーで不気味な奇声をあげている人を見かけたことがあります。誰かに危害を加えないか見ていて怖かったです。しばらくしたら奇声をあげながらスーパーから出ていきました。

(82)統合失調症の症状にはパソコンの動作の不調の原因が不正アクセスによるものだと思い込む症状があります。本当にそうなのか見極める必要もあり、業者に依頼しても犯人がいなければ、依頼したお金が無駄になってしまいます。

(83)統合失調症の寛解って難しいんだなと日々感じています。精神病院を退院して1年半が経ちますが、まだまだ症状が残っています。幻聴、被害妄想が特に強いですね。寛解できた人はすごいと思います。寛解すればだいぶストレスが減るのですが。

(84)障害者になると自分に自信を無くしたりすることがあります。自分は生きていても仕方がない、なんの役にも立っていないなどです。陰性症状と言われ、この時期を耐えることがしんどいですね。私は陰性症状よりも幻聴などの陽性症状の方が強いです。

(85)監視されているという感覚が私にはあります。統合失調症の影響なのでしょうか。一度思い込むと病気は悪化していきますね。誰かにストーカーされていると思い始めるとお薬だけではどうしようもないというのが現在感じているところです。

(86)統合失調症になると超能力者にでもなったかのような錯覚に陥る場合があります。時計を見るたびに秒針が12時を指していることが頻繁に起きるため、タイミングが良すぎるわけですね。普通そんなにタイミングよく時計を見れるでしょうか?

うつ病の体験談

(1)うつ病にかかると何もやる気が起きなくなります。徐々にではありますが、症状が悪化していきます。私の場合、数年単位でメンタルが侵されていきました。今まで楽しんでいた趣味も楽しめなくなり、絶望感がありました。

(2)20代の頃は、原因不明の体調不良に襲われていました。消化器内科、呼吸器内科、耳鼻咽喉科など、色々な科で診察を受けましたが、原因不明でした。自分はガンなのではないかと心配もしていました。これもうつ病の症状だったのかもしれません。

(3)うつ病と統合失調症の2つの病気の診断を過去に受けました。両方ともきつい精神症状があり、どちらがきついとか比べることはできません。もし精神疾患にかかっていなければ今頃違った人生を歩んでいただろうなぁと思うこともあります。

(4)私は20代の頃はうつ病と診断されていました。原因不明の体調不良が付きまとい、日中の眠気もひどく、やる気も起きませんでした。休日には寝すぎ?による頭痛に悩まされていました。結局統合失調症と診断されお薬を飲んだら体調は改善されました。

(5)20代の頃はうつ病と診断されていました。何もやる気が起きず、ただ衝動に任せた行動をしていました。食べたい時に食べ、ギャンブルに逃げ、お金も貯まりませんでした。得られたものが何もない20代でしたね。もし戻れるなら変わりたい。

(6)20代の頃はうつ病に悩まされていました。自分はガンなのではないかと思い悩み、内科などを受診していました。またやる気も起きず、趣味を楽しめなくもなりました。統合失調症もきついですがうつ病もきつい。それぞれきつい視点が違うんですね。

ジプレキサの体験談

(1)統合失調症と診断されると精神病薬が処方されます。毎日、決められた回数を服薬する必要があります。毎食後とか、寝る前とかですね。 場合によっては、調子が悪くなった時用に頓服薬が処方されます。

(2)私は統合失調症になり、精神病薬にはジプレキサやインヴェガを試してきました。ジプレキサが相性が良く4年間も飲み続けています。インヴェガは性欲に異常が出るなど副作用があったため服用はやめました。

(3)ジプレキサを4年間服用してきて、感じた副作用は便秘くらいでした。下剤を飲んで対処しています。ジプレキサの量ですが、毎日寝る前に10mgを1錠服用しています。量が少なめなので副作用も弱いのかもしれません。

(4)ジプレキサの副作用に体重増加がありますが、気をつければ体重は増えません。私はもう4年間もジプレキサを毎日飲んでいますが、体脂肪率は12%まで落とすことに成功。運動と食事に気をつけていれば、筋肉もつくし、痩せやすい体になります。

(5)ジプレキサには体重増加の副作用があり、そのため太ってしまった方は以下の点に注意しましょう。

  • 食べすぎていないか
  • 甘い食べ物、甘い飲み物が多くないか
  • 間食していないか
  • 運動をしているか
  • 日中活動をしているか
  • 睡眠は十分か

(6)ジプレキサを飲んでいますが、便秘の副作用があります。精神病院に入院し、ジプレキサの服用を開始したら、7日間も便が出ませんでした。やっと出そうになったと思ったら硬くなりすぎて、出せず、浣腸をしてもらいました。きつかったです。

(7)昔は断薬を繰り返していました。自分は病気のはずがないと思い込み、お薬を止めていました。その度に再入院となって、入院回数も3回になりました。3年間も入院をすることでお薬を飲む習慣が身に付き、断薬もしなくなりました。

(8)ジプレキサの副作用で便秘になったと思い込んで、下剤を飲んでいましたが、下剤を飲まなくても便が出るようになりました。入院したばかりの頃だったため、入院のストレスと体を動かさない生活が便秘の原因だったのかもしれませんね。

(9)統合失調症にかかってしまったら、まず自分に合うお薬を見つけるのが先決!主治医とよくお話をして、お薬を試してみましょう。私はインヴェガというお薬は本当に合わなかったです。ジプレキサを服薬するようになり、症状も改善されました。

(10)ジプレキサ1錠の服用タイミングは寝る前のみ。統合失調症でお薬を毎日飲まなければいけないですが、就職後に職場で飲む必要がないのは楽で助かります。もしみなさんも変更できるのであれば、寝る前に飲むようにすると楽でいいですね。

(11)ジプレキサ(オランザピン)は体重増加が副作用としてあるようですが、私にはまったくこの副作用はありません。むしろ痩せていっています。

ポイントは、
●3食をしっかり食べる
●間食をしない
●筋トレをする
ですね。

(12)統合失調症のお薬はジプレキサとインヴェガを使用しました。ジプレキサは相性は良かったですがインヴェガは全く合いませんでした。自分に合うお薬を見つけるのも大変な作業です。自分に合うのかを調べるだけでも時間が掛かるからです。

(13)ジプレキサもそうですが精神病薬には眠気という症状があります。授業中や仕事中にも眠気は感じられ、不都合が起きるでしょう。また車の運転中にも眠気は感じられ、一歩間違えると事故を起こしてしまうリスクが高くなってしまいます。

(14)ジプレキサなどの精神病薬のせいで眠気に襲われることがあります。寝る時間も多くなりがちですが、その分体を動かした方が良いです。お散歩、筋トレくらいでいいと思います。寝てばかりだと不健康になりそのうち体の病気になってしまいます。

頓服薬の体験談

(1)もし頓服薬が処方されていればまずは飲んでみて、どんな効果があるのかを把握しておくのが良いでしょう。体調が悪くなった時に初めて飲むことになると、どんな効果があるのかがわからず不安になりやすいです。

障害
スポンサーリンク
edogonをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
edogon

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました