【初心者小説】009.FXでギャンブル依存パニック

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

この記事では、初心者小説の第9弾といたしまして、「FXでギャンブル依存パニック」をお送りします。

※この写真はイメージです。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • 小説が好きな方
  • 初心者小説を読んでみたい方
  • お金に関する小説を読んでみたい方
  • 手軽に読める小説を読んでみたい方
  • 「HCap」に興味がある方
スポンサーリンク

序章

マネヒコは普通の会社員。28歳。毎月お給料をもらい、無駄遣いが多いせいか貯金はなかなかできませんが、両親と普通の暮らしをしていました。そんな中、マネヒコは会社の同僚A君にこんなことを言われました。

同僚A君「マネヒコ、お前、FXはやっているか?」

マネヒコ「なにそれ?」

同僚A君「FXというのは上がるか下がるかを予想し、当たれば投資したお金が何倍にもなって返ってくる魔法のような投資の方法だ!確率は2分の1だ。上がるか下がるかだけだ。どうだ?やってみないか?」

マネヒコは今のままでは毎月の貯金もそんなにできていなくて、このままお給料だけをもらっているだけでは貯金には限界があると感じていました。

マネヒコ「FXというものをやってみようかな。」

同僚A君「そうこなくてはな。俺はFXで資産が5倍になったんだぞ!すごいだろ!」

そうしてマネヒコはFXを始めるのでした。

スポンサーリンク

FXに初挑戦

マネヒコは同僚のA君にやり方の概要だけを聞いて、さっそくFXのサイトで会員登録を済ませました。マネヒコは貯金が100万円ほどあったので、FXのサイトに貯金の100万円を全て入金しました。

マネヒコ「よし、頑張ってみるか。当てればA君みたいに資産が5倍になって100万円が500万円になるんだな!」

マネヒコはFXのコツをつかむためにまずは10万円をFXに投資しました。もし上がれば大儲けです。

マネヒコ「上がれ!上がれ!」

マネヒコは気持ちが高揚して、興奮を覚えました。

マネヒコ「これがFXか。とてもエキサイティングな投資手法なんだな。」

マネヒコは初めてのFXで勝利をしました。わずか30分で投資した10万円が11万円になり、10%の利益を獲得できました。

マネヒコ「あれ?5倍になるんじゃなかったのか?でもこの勝利を何回も繰り返せばいずれ5倍になるということか。よし、やってみよう。ちまちまやっていても仕方がない。一気に100万円をブッこむぞ!」

マネヒコは100万円をFXに投資することにしました。

FXで大敗北

マネヒコは100万円をFXに投資しました。

マネヒコ「上がれ!上がれ!」

マネヒコの気持ちとは裏腹にみるみる価格は下がっていきました。このままではお金が減っていってしまいます。マネヒコは少し焦ってきました。そして我慢の限界がやってきました。

マネヒコ「このままではやばい。決済だ。100万円が80万円になってしまった。上がるか下がるかだけの2択なのに外してしまった。運が悪かった。次こそは!」

マネヒコは失ってしまった20万円を取り戻そうと必死になりました。残りの80万円で大逆転を狙ったわけです。しかし、FXはそう甘くはありませんでした。80万円が60万円になり、そして40万円になり、そして20万円になりました。もう取り返しがつかなくなってしまいました。100万円が20万円になるまでわずか3日でした

マネヒコ「どういうことだ!」

マネヒコは同僚A君に詰め寄りました。同僚A君はなにも悪くはありません。FXのやり方をマネヒコに教えただけなのです。あとは本人次第で、上がるか下がるかを当てるだけでした。

マネヒコ「資産が5倍になるんじゃなかったのか?」

同僚A君「お前のやり方が悪かっただけだろ!俺は資産が5倍になったぞ。」

マネヒコ「くそっ!」

マネヒコは何年も働いてせっかく貯めた貯金を失ってしまい、大変ショックを受けました。しかしFXをしている時の興奮を覚えてしまい、またお金を手に入れてFXを再開したいと思っていました。そんな時、マネヒコはお給料の高い運送業へ転職することを決意しました。ハローワークの求人票にはお給料は30万円と書かれていました。今の1.5倍の金額でした。

運送業でお給料をもらう

マネヒコは若かったこともあり、簡単に運送業へ転職ができました。初めてのお給料は30万円でした。

マネヒコ「よし!初給料。FXだ!」

マネヒコはFXを再開しました。マネヒコは勝ったり負けたりしていましたが、興奮がおさまらず、夢中になりました。そして自宅だけではなく仕事中にもFXをするようになりました。毎日の運転時間は5時間ほどで、意外と仕事中にFXをする時間がありました。

そしてもらったお給料がFXで消えていくという生活を6ヶ月間続けました。FXで負けた金額は200万円にもなりました。

マネヒコ「FXで負けた金額は200万円か。絶対に取り返す!」

これ以上、被害額が多くならないようにするための最高の選択はFXをやめることなのに、マネヒコはに負けを取り返すことだけしか見えていませんでした。

マネヒコ「200万円を取り返すには、給料の30万円を6倍にすればいいんだな。簡単簡単!」

給料は全てFXに注ぎ込みました。

運転中に大事故

マネヒコは今日も運転中にFXをしていました。運転に集中できていなくて、ひやっとする場面も何度かあり、一歩間違えれば大事故という瞬間がたくさんありました。運転中にFXで興奮しているのですから当然ですよね。

マネヒコ「上がれ!上がれ!今日は一気に30万円全てを投資だ!勝負!」

マネヒコは大勝負を仕掛けました。運転には集中できず、FXに夢中です。マネヒコの興奮は最高潮に達しました。片手にはスマホを持ちながらの運転、そして次の瞬間、マネヒコはトラックを電柱にぶつけてしまい、その弾みでハンドル操作を誤り、コンビニに突っ込んでしまったのです。

ドッカーン!どーん!

マネヒコには怪我はありませんでした。コンビニの店員さんが事故に驚いて、転んでしまい擦り傷を負ってしまいましたが、その程度で済みました。トラックはぺしゃんこです。事故対応をしている瞬間にFXに投資した30万円は0円になっていました。

社長「なにやってんだ、マネヒコ。寝不足だったのか?」

マネヒコ「運転に集中できていませんでした。FXに夢中で。」

社長「お前なぁ、仕事中にFXをやっていたのかよ。まああれだ。運転時間は1日5時間にもなるし、それだけの時間があるのだから、何をするなとは言わない。基本は商品をお客様にお届けさえできればいいのよ。でも、今回の大事故のせいで、お客様に商品をお届けできなかっただろ、そこは反省をしてもらわなきゃ困るわけよ。運送業でもなんでもお客様あっての商売だからな。被害については保険でなんとかなるが、これからはFXはもうできないだろ。どうだ?」

マネヒコ「反省します。FXはやめます。」

マネヒコは反省をしました。社長の言葉を聞いたら、FXの負けを取り戻そうという行為がアホくさくなったのです。200万円の負けは大きいですが、負けを取り戻すとかどうでもよくなり、この社長の元で一生懸命働きたくなりました。

FXに夢中になっていたマネヒコでしたが、社長からの恩を返すため、今度は毎日仕事に夢中になっているマネヒコがそこにはいました。人間とは単純で、何かのきっかけさえあれば、こんなにも変われるものなんですね。

今日のあとがき

私の初心者小説の第9弾はいかがでしたでしょうか?今回の内容はお仕事とギャンブルについてでしたね。一生懸命書かせていただきました。まだまだ力不足ですが、頑張っていきます。

以上、【初心者小説】009.FXでギャンブル依存パニック、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

初心者小説
スポンサーリンク
edogonをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
edogon

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました