障害者手帳を発行すると様々なメリットを得られる!実際に使用してみた

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

この記事では、障害者手帳体験談の深掘りをしていきます。

※この写真はイメージです。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • 障害者手帳を発行することによるメリットについて知りたい方
  • 障害者手帳を実際に使用してみたことについて知りたい方
  • 「HCap」に興味のある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

私も実際に障害者手帳を利用しています。旅行でお城に行ったときには障害者手帳を提示すれば無料で入場できましたね。

本日は、前半では障害者手帳を発行することによるメリットについて、後半では障害者手帳を実際に使用してみたことについてお送りします。

以前、以下のようなツイートをしました。

「障害者手帳を発行するメリットは?
・美術館やスカイツリーなどの入館料割引
・都営バスや都営地下鉄が無料
・映画館が1,000円
・障害者雇用で就職できる
・障害者控除で税金対策
・生活保護費のアップなどなど、色々なメリットがありますね。」

このツイートについて深掘りをしていきます。

スポンサーリンク

障害者手帳を発行することによるメリットについて

さてまずは障害者手帳を発行することによるメリットについてみていきましょう。

用途は色々

先ほども書きましたが障害者手帳を発行すると様々なメリットがあります。美術館、都営バス、都営電車などが無料で利用できるようになるんですね。金銭的にはかなり助かるでしょう。

ぜひ積極的に利用して、無料で利用できるものはどんどん利用していきましょう。

生活保護費のアップ

メリットの中でも特に重要なのが生活保護費のアップです。生活保護で受け取れる金額が1〜2万円もアップするんですね。障害者加算と言います。

生活費が余計に1〜2万円も受給できれば生活にゆとりが得られるでしょう。障害者の方だけが得られる権利です。

マネヒコ
マネヒコ

障害者手帳の発行はしておいた方がよさそうですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。ぜひ発行をしておきましょう。思いもしなかったところで役に立ったりします。

スポンサーリンク

障害者手帳を実際に使用してみたことについて

さてここからは後半戦で障害者手帳を実際に使用してみたことについてみていきましょう。

お城の見学

最近では旅行と観光で小田原城と大阪城に行ってきました。どちらも障害者手帳を提示して無料で入ることができました。

特に大阪城では長蛇の列ができていましたが手帳を持っていたら列に並ばずにすぐに入れました。すごい!

天守閣からの眺めも最高でしたね。

都営地下鉄が無料

都営地下鉄も利用しています。無料で乗ることができて交通費が安くなるので助かっています。駅の窓口で手帳を提示すると都営の無料パスにチェンジしていただけます。

都営の地下鉄はちょこちょこ利用をしているのでそれなりには節約になっていますね。

統合失調症と障害者手帳

統合失調症と診断されれば障害者手帳は発行することができます。発行をして色々な場面で活用できればかなりの節約になりお得です。ぜひ利用しましょう。

本日の行動プラン

さて本日の行動プランですが「障害者手帳を発行しましょう」です。行政の窓口で簡単に発行できます。顔写真が必要なので撮影をして持っていきましょう。

マネヒコ
マネヒコ

お城に無料で入れるのはお得ですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。観光でお城に行く際には障害者手帳を提示すると節約になります。ぜひ活用しましょう。

今日のあとがき

本日は障害者手帳のメリットをご紹介しました。障害者であれば発行できるのでぜひ積極的に活用しましょう。

以上、障害者手帳を発行すると様々なメリットを得られる!実際に使用してみた、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

深掘り
スポンサーリンク
edogonをフォローする
「HCap」公式YouTubeチャンネル
プロフィール
この記事を書いた人

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました