障害者手帳で相続税や贈与税が有利になる!税金対策をしっかりと

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

この記事では、障害者手帳体験談の深掘りをしていきます。

※この写真はイメージです。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • 障害者手帳で相続税や贈与税が有利になることについて知りたい方
  • 1級、2級などの障害の等級によって有利になる金額も変わってくることについて知りたい方
  • 「HCap」に興味のある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

障害者手帳を発行することで相続税や贈与税を安くすることができます。ぜひ利用をしましょう。

本日は、前半では障害者手帳で相続税や贈与税が有利になることについて、後半では1級、2級などの障害の等級によって有利になる金額も変わってくることについてお送りします。

以前、以下のようなツイートをしました。

「障害者手帳を持つことで相続税や贈与税が有利になります。1級、2級などの障害の等級によって有利になる金額も変わってきますので、相続や贈与を受けられる方はあらかじめ調べておくことをおすすめします。」

このツイートについて深掘りをしていきます。

スポンサーリンク

障害者手帳で相続税や贈与税が有利になることについて

さてまずは障害者手帳で相続税や贈与税が有利になることについてみていきましょう。

障害者控除

相続税や贈与税の障害者控除を利用することで税金を安くすることが可能です。障害者の方で相続や贈与を受ける場合はぜひ利用したいですね。

障害者の方は障害者手帳を発行しておくと良いでしょう。

なかなか税金がかかるほどの財産はない

私にも実家がありますが相続税がかかるほどの資産価値はありません。相続をしても相続税は0円で済みますね。

実家にはおじさんが住んでいるので亡くなった後に相続をする予定です。

マネヒコ
マネヒコ

障害者控除はお得ですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。相続税が高額になる場合は利用してみましょう。いくらかは税金が安くなるはずです。

スポンサーリンク

1級、2級などの障害の等級によって有利になる金額も変わってくることについて

さてここからは後半戦で障害の等級についてみていきましょう。

1級、2級

障害者手帳の等級によってどれだけ控除されるのかが変わってきます。1級の方が有利な控除になるようですね。

私も実際に相続税を控除したことがないので雰囲気だけで説明をしています。

これから相続を受ける方は

これから相続の予定がある方は障害者の控除を受けるようにすると良いでしょう。いくらかではありますが税金が安くなると思います。

統合失調症と相続税

精神疾患を抱えていらっしゃる方は相続で有利になるでしょう。ぜひ障害者手帳を発行しておきましょう。

本日の行動プラン

さて本日の行動プランですが「障害者手帳を発行しましょう」です。障害者の方は障害者手帳を発行しておきましょう。思わぬところで役に立ったりします。

マネヒコ
マネヒコ

相続税を障害者控除できるんですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。お得ですよね。ぜひ利用したいですね。

今日のあとがき

本日は相続税や贈与税の税金を安くする方法をご紹介しました。ぜひ障害者手帳を発行をしておきましょう。

以上、障害者手帳で相続税や贈与税が有利になる!税金対策をしっかりと、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

深掘り
スポンサーリンク
edogonをフォローする
「HCap」公式YouTubeチャンネル
プロフィール
この記事を書いた人

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました