精神病院などに入院中に持ち込んでも良かった電子機器について深掘り

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

この記事では、精神病院体験談の深掘りをしていきます。

※この写真はイメージです。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • 精神病院に持ち込んでも良かった電子機器を知りたい方
  • 入院中のスマホでの暇の潰し方を知りたい方
  • 「HCap」に興味のある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

入院中はスマホが1台だけですが持ち込めたので最低限の暇つぶしができて助かりました。スマホがあれば結構暇をつぶせます。

本日は、前半では精神病院に持ち込んでも良かった電子機器について、後半では入院中のスマホでの暇の潰し方をお送りします。

以前、以下のようなツイートをしました。

「私の入院していた精神病院ではスマホを1台のみ持ち込むことができました。パソコンやタブレットはNGでした。音楽のプレーヤーは持ち込みできましたが、私はスマホで音楽を聴いていました。」

このツイートについて深掘りをしていきます。

スポンサーリンク

精神病院に持ち込んでも良かった電子機器について

さてまずは精神病院に持ち込んでも良かった電子機器についてお伝えします。

スマホは1台のみ持ち込み可能だった

スマートフォンは1台のみ入院中に持ち込みが出来ました。ただし開放病棟にいることが条件です。閉鎖病棟ではスマホは使用禁止でした。

スマホの2台以上の持ち込みも禁止されていました。

パソコンやタブレット

またルールが厳しく、パソコンやタブレットの持ち込みはできませんでした。私としては両方とも使いたかったですが残念でした。

入院中の3年間は病院ではパソコンにさわれませんでした。外出でネットカフェに行きパソコンを使っていましたね。

音楽プレイヤーはOK

今ではスマホで音楽を聴いていますが音楽プレーヤーは持ち込みが出来ました。音楽プレーヤーは開放病棟や閉鎖病棟でも使用可能でした。

私は音楽プレーヤーを持っていなかったため閉鎖病棟では何も出来ませんでしたね。

マネヒコ
マネヒコ

精神病院もルールが厳しいですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。3年の入院は長すぎました。スマホが使えたことが唯一の救いでしたね。

スポンサーリンク

入院中のスマホでの暇の潰し方

さてここからは後半戦で入院中のスマホでの暇の潰し方をお送りします。

スマホ1台でも基本的には十分

入院中はできればパソコンやタブレットも触りたかったですが、スマホがあれば最低限は十分でした。

スマホでは色々な暇の潰し方がありましたね。

音楽鑑賞ができる

音楽のストリーミングサービスに加入していました。SEKAI NO OWARIが好きなのですが、ちょうど入院中にストリーミングが解禁されたのでそのタイミングで加入しました。

ネットサーフィンやお買い物をしながら、また週に1回の外出の時に音楽は聞いていましたね。

動画視聴ができる

入院中に自分の好きな動画が見れたのはかなりの救いでした。スマホのギガを大量に消費し、携帯電話の料金が1万円を超えていました。少し使いすぎていましたね。

退院後は格安スマホに乗り換えて、1,000円程度の負担に。料金は約10分の1になりました。

ブログの執筆

ブログを入院中から始めました。ブログの更新作業が日課になり、楽しかったです。暇な入院生活にハリが出ました。

スマホでのブログの更新だったため、画面が小さくて不便でしたね。

統合失調症と入院生活

統合失調症で幻聴や被害妄想が膨らむと入院をする可能性が上がります。できるだけお薬を飲むようにして、症状を抑えておかないと大変なことになります。入院生活はもうしたくはないですし、そのためにお薬は飲み続けています。

入院生活は不便すぎますね。

本日の行動プラン

さて本日の行動プランですが「入院中はパソコンは我慢しましょう」です。仕方がないですね。退院をしたら思いっきり遊べば良いと思います。パソコンの持ち込みができる病院に入院をしたこともあったため、病院次第ではあります。

マネヒコ
マネヒコ

入院中はスマホが使えたんですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。最低限の暇つぶしができて救われました。音楽、動画、ブログには救われました。

今日のあとがき

本日は精神病院に持ち込める電子機器について見てきました。スマホが1台だけですが許可されていて嬉しかったです。

以上、精神病院などに入院中に持ち込んでも良かった電子機器について深掘り、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

深掘り
スポンサーリンク
edogonをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました