【eスポーツ大会への挑戦】第1章 Nintendo Switchとソフトの購入

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

この記事では、【eスポーツ大会への挑戦】の第1章をお送りします。

※この写真はイメージです。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • Nintendo Switchとソフトの購入について知りたい方
  • eスポーツ大会について知りたい方
  • 「HCap」に興味のある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

ついに私もNintendo Switchデビュー。腕を上げてeスポーツ大会への参加を目標に頑張りたいと思います。

本日は、前半ではNintendo Switchとソフトの購入について、後半ではeスポーツ大会についてお届けします。

スポンサーリンク

Nintendo Switchとソフトの購入について

さてまずはNintendo Switchとソフトの購入についてみていきましょう。

Nintendo Switchの購入

今回めでたくNintendo Switchを購入することができました。2回目の給付金10万円を有効活用させてもらいました。

Switchは有機ELタイプの最新モデルです。任天堂のオンラインショップで37,980円で購入しました。購入してから1週間ほどで自宅に届きました。

コントローラーやHDMIケーブルも付属されていました。ソフトさえあればすぐに遊ぶことができるのは良いですね。

ソフトの購入について

ソフトは大人買いをしました。有料ソフト5本と無料ソフトを1本購入。ソフトは全部で25,000円くらいしました。少し高いですね。大人買いは子供の頃にはできなかった社会人になってからの特権ですね。

  • 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
  • ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

などなどたくさん買ったので遊んでいきたいと思います。全てダウンロード購入にしました。ダウンロードにはかなり時間がかかりましたが、無事にダウンロードも完了しました。

miniSDカードも購入

実際にゲームをプレイしてみてminiSDがないと不便な場面に出くわしたのでminiSDカードも後から購入しました。

具体的にはプレイ動画を保存して公開したかったからです。

マネヒコ
マネヒコ

Nintendo Switchを購入されたんですね。

エドゴン
エドゴン

はい、届いたのでソフトも購入して楽しんでいます。さすが任天堂ですね。ゲームも面白いです。

スポンサーリンク

eスポーツ大会について

さてここからは後半戦でeスポーツ大会についてお話しします。

ゲームの醍醐味である大会への参加

ゲームの腕試しとして大会への参加をしても良いですね。せっかくSwitchを購入したので大会に参加してみたいです。

格闘、パズル、カードゲームなどなど、色々なジャンルのゲームで大会は開催されています。

現在のところの参加種目(ゲーム)

大会への参加種目ですが以下の通りです。

機種ゲーム名
アプリ将棋ウォーズ
PCMTGアリーナ
PCボンバーマンR オンライン
Switch大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
Switchぷよぷよeスポーツ
Switchポケモンユナイト

今のところこれくらいですね。全部で6種目です。腕を磨いていきたいです。光回線を契約したらオンライン対戦にもチャレンジしていきます。

将棋が一番長い経験あり

この中では将棋が一番経験が長いですね。他のゲームは最近始めたばかり。まだまだ初心者の中の初心者です。2022年4月から特訓を開始してどれくらいかかるのか楽しみですね。

将棋は小学生の時におじいちゃんに教えてもらったのがきっかけでした。

統合失調症とeスポーツ大会

統合失調症でもeスポーツ大会への参加は可能でしょう。病気が原因で上達スピードなどは遅くなるかもしれませんが、でも諦めなければ大丈夫だと思います。

本日の行動プラン

さて本日の行動プランですが「eスポーツ大会に参加してみましょう」です。eスポーツ大会を目標にすればモチベーションも上がりよりゲームを楽しめると思います。

マネヒコ
マネヒコ

eスポーツ大会への参加は楽しそうです。

エドゴン
エドゴン

私も楽しみにしています。上位に入賞できなくても参加するだけでも良いと思いますね。

今日のあとがき

本日はeスポーツ大会への挑戦をお送りしました。まだまだ始まったばかりです。特訓頑張りたいと思います。

以上、【eスポーツ大会への挑戦】第1章 Nintendo Switchとソフトの購入、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

レビュー
スポンサーリンク
edogonをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
edogon

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました