障害年金を受給し自由時間を長時間確保して幸せになる

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

この記事では、障害年金について考えていきます。

※この写真はイメージです。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • 障害年金で自由時間が確保できるのか知りたい方
  • 自由時間で何をするのかを知りたい方
  • 「HCap」に興味のある方

この記事の結論から先にお伝えすると、結論は以下の通りです。

障害年金を受給し自由時間を確保したら起業にチャレンジしてみることをおすすめします。何もしないのは精神的に良くないためです。また起業にはメリットもあります。

本日は、前半では障害年金で自由時間を確保できるのか、後半では自由時間で何をするのかをお届けします。

スポンサーリンク

障害年金で自由時間を確保できるのか

まずは障害年金で自由時間を確保できるのかについて見ていきましょう。

障害年金の受給額

私は障害基礎年金と障害厚生年金を受給できています。合わせて2ヶ月間に1回20万円を受給できます。1ヶ月間ではおよそ10万円の受給です。

1ヶ月間に10万円あればギリギリ一人暮らしも可能です。東京で家賃3万円以内の物件に住めば良いでしょう。現在は家賃が0円のグループホームに住んでいます。

働かなくても良い

毎月10万円を受給できて生活ができるので無理をして働く必要はありません。働かなくても良いので全てが自由時間になります。

通勤時間もなければ、8時間のお仕事もないです。自由気ままな生活が可能ですね。

障害者になったことは不運でしたが、その代わり自由時間を手に入れたと考えれば、それも悪くはないなと最近は感じています。

働こうとする人が多い

周りにいる障害者の方を見ていると、「働きたい」と言っている方が多い印象です。何もしないで自宅にいるのが苦痛だと言っている方もいます。

私は全然自宅にいるのが苦痛だとも思わないため、焦って「働かなくては」という考えがないですね。

無理をして働いて、統合失調症の症状が強く現れても困るため、自宅でのんびりしています。

マネヒコ
マネヒコ

働かなくても生活ができるのはすごいですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。実家でニート生活をしているようなものです。実家か一人暮らしかの違いだけですね。自由で快適です。

スポンサーリンク

自由時間で何をするのか?

さてここからは後半戦で自由時間で何をするのかを見ていきましょう。

起業活動

障害年金を受給できればサラリーマンとして働かなくても生活ができるようになり生活の満足度は向上します。通勤もなくて快適です。

自由時間に何をするのかについてですが、まずは起業をすることをおすすめします。ブログ、YouTubeなどに挑戦をしてみるのもありなんじゃないかなと思うわけですね。

さすがに家にいて何もしていないのは精神的にも良くはないため、何かをするという意味でも起業をしてみることは良いのではないでしょうか。

趣味の時間、交際など

自由時間が確保できたら趣味に時間を割り振ることができます。思う存分自分の好きなことを楽しみましょう。また交際などや家族サービスの時間も確保しやすくなるため、周りの人間関係も良好に保てます。

インターネットで起業するメリット

インターネットで起業をすることのメリットは通勤時間がなく自宅で作業ができるということです。毎日の通勤は苦痛でしかないため、自宅で作業ができるのは快適で良いですね。

また収入がもらえる可能性があります。ブログやYouTubeがうまくいけば、月に1万円とか5万円とかを狙うことができます。障害年金にプラスできれば生活が安定するでしょう。

統合失調症と起業

統合失調症を患っていて幻聴や体感幻覚、被害妄想を感じていますが、それでも個人事業主になることはできました。作業もほぼ毎日しています。

病気だからできないということはなく、やる気の問題が大きいでしょう。

本日の行動プラン

さて本日の行動プランですが「インターネットで起業にチャレンジして見ましょう」です。障害年金で生活ができるようになったらインターネットでの起業をおすすめします。努力次第では収入につながる可能性があります。

マネヒコ
マネヒコ

インターネット起業もいいですね。

エドゴン
エドゴン

そうですね。チャレンジするのにお金はかからないため、誰にでもチャンスはあります。

今日のあとがき

本日は障害年金を受給して自由時間を確保しましょうというお話をしてきました。自由時間が増えればチャンスもたくさん転がっていることに気づくことができるでしょう。

以上、障害年金を受給し自由時間を長時間確保して幸せになる、という話題でした。

体にはお気をつけ、お過ごし下さい。
病気を患っておられる方は、無理をせず自分のペースで進んでいきましょう。

障害
スポンサーリンク
edogonをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、精神障害者向けグループホームに入居しました。障害年金2級を受給しています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!統合失調症やグループホームについての体験談をブログやYouTube、ツイッターで情報発信しています。就職せずに起業をします!!

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました