【初心者小説】007.精神病院からの脱走

この記事は約4分で読めます。

この記事では、初心者小説の第7弾といたしまして、「精神病院からの脱走」をお送りします。

どうもです、「HCap」を執筆しているエドゴンです。
この記事は下記のような方に向けて書いてます。

  • 小説が好きな方
  • 初心者小説を読んでみたい方
  • 精神病院関連の小説に興味がある方
  • 手軽に読める小説を読んでみたい方
  • 「HCap」に興味がある方
スポンサーリンク

序章

東豪(とうごう)くんは統合失調症を患い、精神病院の開放病棟に入院をしています。一人暮らしをしていましたが、幻聴や幻覚を自覚し、周りにすすめられ入院となりました。入院をしてから3ヶ月が経ち、入院生活に嫌気が指していました。

東豪くん「ああ、暇だ。精神病院ってなんでこんなに暇なんだろう?」

外出をしたときにそのまま逃げようかな?そんな考えが頭をよぎります。

外出は主治医の判断で週に1回、許可されるようになりました。

東豪くんは漠然とではありますが、次の外出の機会に逃げようと思っています。

スポンサーリンク

外出の日

◯月×日(水)外出の日がやってきました。外の空気を存分に吸い込みます。

東豪くん「やっぱり外はいいな。もう戻りたくない…」

外食はステーキ

東豪くん「お腹が空いたな。ラーメンか回転寿司か、ステーキもいいな。自分の好きなものが食べられるって最高!好きな場所にだって行ける。

迷った末にステーキに決定!

東豪くん「ステーキ200g、サラダバー付きでお願いします。久しぶりのステーキはいい!うますぎるよ!」

サラダバーで野菜も補充。

東豪くん「ああ、美味しかった。」

自由ってこんなに楽しいものだったのか。実感が込み上げてきます。

カラオケフリータイム

SEKAI NO OWARI(セカオワ)が大好きな東豪くん。

東豪くん「今日はセカオワを歌いまくるぞ!」

1曲、2曲と歌っていきます。あっという間に3時間が経過しました。

そろそろ病院に帰る時間になりました。もう時間か…楽しい時間はすぐに過ぎていきます。

東豪くん「今、カラオケを止めるのは言語道断!へっへー、このまま歌い続けてやるぜ!フリータイムだし」

時間になっても帰ってこないので、看護師さんが東豪くんに電話をします。

東豪くん「無視無視」

そしてカラオケのフリータイムが終わりました。楽しかったな。次はゲームセンターだ!

ゲームセンターの麻雀ゲーム

全国ネット対戦が熱い麻雀ゲーム。今は午後6時か。3時間くらい遊ぼう。この間に看護師さんから何回も電話がありましたが、東豪くんは無視を続けていました。

ついに看護師さんは警察に連絡。警察が東豪くんを探し出します。東豪くんは精神状態が安定はしてはいたものの、不安定になるときがあるので、もしかしたら他人に危害を加える可能性があり、無理矢理にでも連れ帰るように警察に言いました。

麻雀ゲームは激アツでした。3時間みっちり遊び、楽しいひと時が過ぎました。さて夕飯でも買って家に帰るか。

自宅で警察に捕獲

自宅は落ち着くな。自宅の快適さを身に沁みました。東豪くんは病院の入院生活にうんざりしています。

ピンポーン!誰だこんな時間に?東豪くんが出ると警察官が2名いました。

警察官「警察です。病院から連絡があり、あなたを探していました。」

ドキッとした東豪くん。

東豪くん「帰ってもらえませんか?」

警察官「それはできません。このまま病院に戻りましょう。」

東豪くんは拒否をしましたが、警察官が部屋に入ってきて、無理矢理に捕獲されました。

東豪くん「出て行け、病院には戻りたくない。お前たち後で覚えていろよ!」

東豪くんは最後に捨て台詞を吐きました。

閉鎖病棟の隔離室に入ることに

パトカーで病院に到着。警察官が東豪くんは今、不安定になっていると医師に伝えました。医師の判断で東豪くんは閉鎖病棟送りになりました。

東豪くん「嫌だ離せ、俺に触るな。やめろー、お前ら全員皆殺しだー!まじで殺すぞ、何をやっている、消えろー!」

警察官2名に閉鎖病棟の隔離室まで連れて行かれました。暴れている東豪くんは手足を縛られ拘束されました。顔が赤くなり興奮状態。鎮静剤を投与されました。しばらくすると東豪くんは眠りにつきました。

これから安定するまで、隔離室で過ごすことになった東豪くん。東豪くんの闘病生活は始まったばかりです。

「初心者小説」記事一覧(登場人物紹介)
カテゴリー「初心者小説」に属する記事を画像と共に一覧形式で表示します。他の初心者小説関連記事にはどのようなものがあるのか、一目で確認できます。初心者小説の登場人物紹介や、お金、障害に関する小説などを書いています。

今日のあとがき

本日は、初心者小説の第7弾をお送りしました。楽しんでいただけましたでしょうか?

東豪くんにとってはバッドエンドでしたね。入院生活は熾烈です。できることなら精神病院には入院をしないのが一番ですね。

これからも初心者小説を不定期ではありますが、書いていきたいと思います。

以上、【初心者小説】007.精神病院からの脱走、という話題でした。

他の記事も読んでみませんか?

コメントいただけると嬉しいです。

初心者小説
スポンサーリンク
edogonをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
edogon

HCap(エイチキャップ、ハンディキャップ)を運営しているedogonと申します。
統合失調症を患い3年間入院をしていました。現在は退院し、グループホームに入居。この壮絶な経験を有益な情報として発信できないかと思いブログの執筆活動をしています。生活費4万、借金返済2万で節約生活を実践!挑戦→就労訓練、筋トレ、自炊、海外旅行、英会話、婚活。ハマり中→WOFF、鬼滅の刃、乃木坂46、将棋。

edogonをフォローする
HCap

コメント

タイトルとURLをコピーしました